斎藤工が”妊娠する”Netflixドラマがアメリカで「解約運動」の”餌食”に トランプJr.まで批判ツイートしたワケ

斎藤工、上野樹里らのNetflixドラマ、アメリカで"反ネトフリ運動"の餌食になり炎上

記事まとめ

  • Netflix「ヒヤマケンタロウの妊娠」は斎藤工、上野樹里、リリー・フランキーらが出演
  • 日本で好発進も米国ではドナルド・トランプJr.まで登場する"反ネトフリ運動"の餌食に
  • Netflix加入者減のニュースも影響し、トランプ主義者たちの格好の餌食になったという

斎藤工が”妊娠する”Netflixドラマがアメリカで「解約運動」の”餌食”に トランプJr.まで批判ツイートしたワケ

斎藤工が”妊娠する”Netflixドラマがアメリカで「解約運動」の”餌食”に トランプJr.まで批判ツイートしたワケ

製作発表イベントに登壇した斎藤工

 Netflixが大変なことになっている。10年ぶりの加入者減を受け、株価は大幅下落。そんな大逆風のなか、世界同時配信されたのが斎藤工(40)主演の「ヒヤマケンタロウの妊娠」である。日本では好発進となったが、本国アメリカでは、トランプJr.まで登場する「反ネトフリ運動」の”餌食”になっているのだ。

 ***


■大逆風の中で……


 4月19日に発表されたNetflixの2022年第1四半期決算は、世界的なニュースとなった。10年ぶりに有料会員が20万人減少。第2四半期も約200万人減少する見込みと、巣篭もり特需から一転、急ブレーキがかかった。ウクライナ侵攻で、ロシアでサービス停止になったことも理由とされる。リード・ヘイスティングスCEOは、広告付きの低価格プランについても言及。翌日、米国株式市場では、株価が35%急落するなど波乱の展開となった。

 まさに嵐が吹き荒れるタイミングで、世界同時配信日を迎えたのが、Netflixとテレビ東京との共同制作ドラマ「ヒヤマケンタロウの妊娠」だ。原作は、2013年に講談社から出版された、坂井恵理氏による同名のマンガである。

「男性も妊娠・出産するようになった世界が舞台で、エリートサラリーマンが、自身の妊娠をきっかけに、世間の偏見と戦いながら出産するまでの日々を描いた作品です。発売当時も斬新な視点でジェンダー問題に切り込んだ“社会派マンガ”として注目を浴び、女性読者から長く支持されてきました」(出版業界関係者)


■#CancelNetflix


 ドラマ版で主人公・桧山を演じたのは、斎藤工。ヒロインは上野樹里で、他にもリリー・フランキー、筒井真理子などの実力派俳優が揃った。

「テレ東関係者も『Netflixが入るとこんなに予算が潤沢なのか』と驚いていました。非現実的な設定であるにもかかわらず、斎藤は“母”になる体や心の変化をリアルに演じ切ったと、試写でも高評価だった」(制作会社スタッフ)

 日本では、24日現在2位にランクイン。「社内お見合い」「愛の不時着」など韓国ドラマ勢と好勝負を繰り広げている。だが、海の向こうのアメリカでは、逆の意味で注目を集めているという。Netflixバッシングの象徴的作品として槍玉に挙げられ、炎上しているのだ。

「#CancelNetflixとTwitterで検索すると、斎藤と上野が抱き合うサムネイルがたくさん出てきます。『配信予告の案内メールを見て、解約を決意しました』『この作品の告知を見て、Netflixが落ちぶれた理由がよくわかった』など、配信前からボロクソに叩かれていました」(アメリカ在住ライター)


■5万件のいいね


 著名人では、22日に、トランプ前大統領の息子で実業家のドナルド・トランプJr.が、

〈Netflixは「なぜ登録者数がどんどん減っているのか理由がわからない」と言いながら、またこんなドラマを…〉

 と、画像付きでコメント。日本時間の24日午前0時時点で約8500件リツイートされ、約5万件の「いいね」がついた。

 そもそも、この#CancelNetflix運動は、2年前にフランス映画「キューティーズ!」が配信された時に盛り上がったものだという。

「同作はダンスに魅了された少女たちを描いた作品ですが、『肌の露出が多い』『少女たちを性的に描いている』などと批判が殺到しました」(前出・ライター)

 では、今回の「ヒヤマ」ではどのような点が問題視されたのか。

「Wokeという単語が批判ツイートによく出てきます。Wokeとは、保守層の間で『反差別に目覚めた意識高い系の左翼たち』という意味でよく使われる言葉です。男女が入れ替わる設定がトランスジェンダーを取り上げた左寄りの作品として受け止められ、トランプ支持者たちからスケープゴートにされてしまったわけです」(同)


■シュワちゃんの映画も批判しろ!


 一方で、「予告編を5秒も見ずに批判するな」などと擁護する声も少なくないという。

「94年に公開されたアーノルド・シュワルツェネッガーが妊娠した男性を演じたコメディ映画『ジュニア』を引き合いに出し、『このドラマを批判するなら、「ジュニア」も批判しろ』という声も。批判の根底には、有色人種への差別もあると思われます」(同)

 加入者減のニュースも影響して、トランプ主義者たちの格好の餌食になってしまったのだ。プラットフォームの衰退と作品自体の評価はまったく関係ない。まずは、観てから批判すべきだろう。

デイリー新潮編集部

関連記事(外部サイト)