上田晋也が“ポストさんま”にジワリ……2つの番組から見えてくる実力と評価

上田晋也が“ポストさんま”にジワリ……2つの番組から見えてくる実力と評価

「上田晋也の芸人トーク検定」HPより

 上田晋也(51)といえば、多くの番組でMCを務め、パネラーにツッコミを入れつつもトークも活かす、硬軟織り交ぜた仕切りで評価されている。今や明石家さんま(66)の後継者とも噂されるほどだが、それを裏付ける2つの番組がある。

 ***

 まずは4月よりレギュラー化された「上田と女が吠える夜」(日本テレビ)だ。大久保佳代子、MEGUMI、若槻千夏、いとうあさこ、ファーストサマーウイカら、“元気が有り余って吠えたい女性たち”が文字通り吠えまくる番組である。

 デイリー新潮は「いとうあさこ、ウイカ、若槻……日テレとフジの新番組が酷似、出演者が3人も被るってどういうこと?」(4月22日配信)で、同番組が「トークィーンズ」(フジテレビ)と酷似していることを報じた。民放プロデューサーは言う。

「『上田と女』については、もうひとつ注目すべき点があります。この番組のパネラーは女性のみですが、男性ゲストを加える演出、さらにモニターにトークのキャプションを出して、『これ誰?』とトークを展開していく演出は、かつて日テレで放送されていた、さんまさんの『恋のから騒ぎ』方式と言っていいと思います。一昔前なら、さんまさんがMCを務めていたであろう番組が、上田さんにオファーされたと見ることができます」

 上記のデイリー新潮の記事では、「上田と女」は女性版「踊る!さんま御殿!!」と評していた。

「むしろ『さんま御殿』によく似ているのは、4月21日放送の『上田晋也の芸人トーク検定』(フジ)だと思います。単発ですが、今回、第4弾が放送されました。多数の芸人を相手に上田さんが1人で回していく構成は『さんま御殿』方式と言えます」

 芸人のトークを上田が判定する、芸人として上田が格上となった形である。


■ポストさんまに名乗り


「これまで上田さんは、クイズ番組やスポーツバラエティ、1対1など、少人数の番組でトーク力を遺憾なく発揮してきました。島田紳助さんが現役時代、上田さんのMC力を評価していたのは有名な話で、“いずれは日本中を仕切っている”とまで言い切ったこともありました。今回の『トーク検定』では、1人で多数の芸人を相手に仕切るようになりました」

 こちらのほうがテクニックも必要なのだろうか。

「1対1であれば、事前アンケートと台本に則って進行すればいい。相手が多勢となると、事前アンケート以外のトークも多くなってきます。ましてや相手は芸人ですから、飛び道具だって出してくることもあるでしょう。いろいろなタレントがいるので、それぞれのキャラも活かさなくてはなりません。アドリブでどう対応するか、どう料理するかは、MC力にかかってきます。いわばオーケストラの指揮者のようなポジションと言っていいと思います」

 その指揮者が、さんまだった

「業界では、1人対多数のトーク番組を仕切れるのは、さんまさんくらいというのが常識でした。頭の回転の速さ、アドリブ力とツッコミの引き出しの多さでは断トツでしたから。そこへこの春、上田さんが名乗りを上げ、ついにさんまさんのMC領域に入ってきたと見ています」


■後継者となり得るか


 実はさんま自身も、ポストさんまに上田の名を挙げたことがあるという。

「10年以上前ですが、『しゃべくり007』(日テレ)にゲストとしてさんまさんが出演したとき、“ポスト明石家さんま”を尋ねられて、MCとしてなら中山秀征さんと上田さんの名を挙げていましたね。もちろん、“悔しいから、譲りたくはない”とも言っていましたが」

 実際、上田はポストさんまになり得るのだろうか。

「さんまさんに最も近いポジションにいることは間違いないでしょう。さんまさんの後継者と言われたら、お互いにいい気持ちはしないと思いますが、仮にさんまさんの番組で代役が必要になった際、それができる数少ないMCは上田さんだと思います。だからこそ、同時期に1人対多数の番組を、日テレとフジでやることになったのだと思います」

 もちろん、“お笑い怪獣”さんまの高みにまで、すぐに上れるわけではないという。

「『上田と女』については、パネラー陣の顔ぶれも既視感があり、番組内容に目新しさが少ないので、なかなか視聴率は上がらないかもしれません。さんまさんの番組を思い起こさせますしね。『トーク検定』は時期を見てレギュラー番組に昇格すると思います。2つの番組が成功すれば、いよいよという感じはしますね」

 上田は近著「激変 めまぐるしく動いた30代のこと」(ポプラ社)で「陽気〜すべてが別次元、さんまさんワールド」として、さんまについて触れている。


■超越していたさんま


《皆さんは『さんまさんはずっと喋っている』というイメージをお持ちではないだろうか? そう、イメージ通り、ずっと喋っている。イメージ以上かもしれない。》

 とした上で、新幹線で一般人に話しかけられ、2時間も喋り続け、一般人を辟易させたエピソードを挙げた。さらに車を運転中の上田が、やはり運転中のさんまと遭遇。交差点で横に並び挨拶しようと運転席のさんまを覗くと、両手を叩きながら「ヒャーーーーッ」と引き笑いを展開中だった。

《さんまさんが常に喋っていたり、何かしらの音を出していることは重々承知のはずであったが、まさかここまでとは思っていなかった。私が医者なら、さんまさんには思い診断を下すと思う。》

 上田が30代の頃を振り返ったエッセイだ。彼が“お笑い怪獣”を超える日は来るのだろうか。

デイリー新潮編集部

関連記事(外部サイト)