数字はそんなにでもお勧めの春ドラマ3選 土屋太鳳「やんごとなき一族」で思い出すドラマは?

数字はそんなにでもお勧めの春ドラマ3選 土屋太鳳「やんごとなき一族」で思い出すドラマは?

土屋太鳳

 視聴率はテレビ局の生命線。動画配信が身近な時代になろうが、それは変わらない。民放の売上高は視聴率と正比例する。NHKも視聴率を大いに気にする。半面、面白いドラマでありながら、放送枠の弱さや宣伝不足などから視聴率が2ケタに届かない作品もある。その中でお薦めの3本をご紹介したい。


■NHK「正直不動産」(火曜午後10時)


 不動産業界の内幕をコミカルタッチで描いたお仕事ドラマだが、「人は何のために働くのか?」という骨太のテーマが底流にある。

 まだ働いたことのない10代、既に仕事を離れた60代以上も含め、観る側を惹き付けること請け合い。4月期ドラマで屈指の出来映えだ。

 主人公は山下智久(37)が演じる永瀬財地。登坂不動産に勤務する営業マンだ。売上高1位のスゴ腕だった。

 だが、社内外での評判は最悪。「ライアー永瀬」と呼ばれていた。客を騙し、成績を上げていたからだ。永瀬が働く目的は歩合給や報奨金。カネだった。

 第1話では和菓子店店主・石田努(山崎努)を騙す。ろくにリスクを説明せず、アパート経営をさせる契約を結んだ。石田の将来など知ったこっちゃなかった。

 そんな永瀬に大異変が起こる。石田宅の敷地内にあった古いホコラを整地のためにブッ壊したところ、その祟りにより、バカが付くほど正直者になってしまう。

 石田に2棟目のアパートを建てさせようと目論んでいたのに「リスクなんて当然あるに決まってる」と口走ってしまう。契約はパーになる。

 賃貸ワンルームを契約しようとしていた父娘には「こんなクソみたいな大家の物件、俺だったらカネもらっても住まない」と言い放つ。大家の松崎誠也(宮川一朗太)がワルで、新規の敷金・礼金を得るために入居者を次々と追い出していたからだ。

 ウソをつけないのは社内でも同じ。鬼上司・大河真澄(長谷川忍)から飲みに誘われると、「あんたのしょうもない自慢話を聞くのはもうウンザリなんだ」と断る。

 胸がすく。現実には誰だってウソをつきながら暮らしているからである。無能な上司のトホホな指示にも神妙な顔をして従わなくてはならないし、苦手な同僚から飲みに誘われても「おまえとなんて行きたくない」とは言えない。嫌なことは嫌と言えたら、どんなに痛快だろう。それを永瀬が代わりにやってくれている。

 もっとも、このドラマの一番の見どころはそこではない。カネのことしか頭になかった永瀬が、嫌々ながら正直に働き始めたところ、そこに喜びを見出していく。これが面白い。

 最終的に永瀬はどんな営業マンになるのか。その答えは第1話の段階で示されていた。アパート経営の契約を結ばせた石田は和菓子店を50年以上やっていたが、ちっとも儲からなかった。

 それでも石田が店を続けていたことが永瀬は不思議でならなかった。石田はその疑問にこう答えた。

「オレの菓子食うと、みんな幸せそうな顔するんだ。だから続けられた」

 永瀬が「それは1円にもなりませんね」と率直な感想を漏らすと、石田は「でも仕事っていうのはそういうものだ」と笑う。永瀬も客の喜ぶ顔を生きがいとする営業マンになるのだろう。

 山下の連ドラ主演は3年ぶり。37歳。相変わらず二枚目だが、生活感が漂う役柄も似合う存在になった。厚みが増した。

 永瀬は正直者になった後、社内で爪弾きに遭うものの、唯一共鳴してくれるのが無垢な新入社員・月下咲良だ。福原遥(23)が扮している。

 月下は「カスタマーファースト」を信条とし、客のために誠意を尽くす。だが、そのために成績はサッパリで、解雇されそうになっている。

 永瀬と月下は不動産業界で通用しないのか。それとも2人が会社の体質を変えるのか。悪辣なライバル会社・ミネルヴァ不動産とのバトルも見ものの1つだ。

 福原は次のNHK連続テレビ小説「舞いあがれ!」のヒロイン・岩倉舞役に決まっている。2545人が参加したオーディションで選ばれた。このドラマを観ていると、この朝ドラの人選が腑に落ちる。

 月下は理想論ばかり説き、青臭いのだが、不思議と肩入れしたくなる。福原のキャラクターがそうさせる。ヒロインの成長記である朝ドラは応援したくなるキャラの女優が向く。福原は良いヒロインになるに違いない。

 永瀬の同僚でクールな営業マン・桐山貴久には市原隼人(35)が扮している。似合っている。NHKのドラマはキャスティングがうまい。このドラマもほかに永瀬の会社の社長役で草刈正雄(69)、不動産オーナー役で大地真央(66)が出演。隙がない。

 観る側を唸らせたのは第1話のゲストとして約4年ぶりにドラマ出演した山崎努。セリフも登場場面も少なかったが、演じた石田という男の過去まで観る側に想像させた。

 石田は高齢となった今は枯れているものの、若き日にはうまい和菓子をつくるため、寝る間も惜しんで働いていたのだろう。そう思わせた。

 目に見えないことまで伝えてしまうのだから、やはり山崎は並大抵の俳優ではない。


■フジテレビ「やんごとなき一族」(木曜午後10時)


 原作は同名人気漫画。ドラマもマンガチックである。

 主人公は土屋太鳳(27)が演じる大衆食堂の1人娘・篠原佐都。ウルトラ大金持ちの名家に嫁いだところ、あの手この手でいじめられる。だが、やられっぱなしにならず、対決するという物語だ。

 荒唐無稽な話であるものの、土屋の演技が相変わらずうまく、松下洸平(35)や石橋凌(65)ら共演陣も豪華だから見応えがある。

 脚本のテンポもいいし、演出も美術も凝っている。優れた出演陣とスタッフによってつくられたドラマは作風がバカバカしくたって面白い。

 土屋の演技はここ数年で磨きがかかった。昨年までの9年で15本もの映画に主演したのはダテじゃない。コミカルもシリアスもOK。気の強い役も弱い役も自由自在だ。そんな土屋の幅の広さがこのドラマでは存分に生かされている。

 第1話の前半までは食堂「まんぷく屋」の看板娘に成り切った。チャキチャキしていた。それが、松下が扮する恋人の深山健太からプロポーズされると、変貌する。はにかむなど、かわいらしい一面も見せる。

 ところが深山家がとんでもない存在だったので、再び変わる。戦う女性になる。深山家はうなるほどカネがある上に400年の歴史があり、驕り高ぶった一族だった。

 石橋が演じる当主・深山圭一は家に挨拶に来た佐都に対し、スピーカー越しに「帰れ」と言い放ち、門戸を閉ざす。この件に限らず、一族の振る舞いは失礼の範囲を軽く超えている。その点もマンガチックなのだ。

 なんとか結婚を許された後も松本若菜(38)が演じる兄嫁・美保子、倍賞美津子(75)扮する義祖母の八寿子らに意地悪を繰り返される。それに立ち向かう。歪みきった深山家を常識人の佐都が改革できるかどうかが見どころだ。

 2016年に幕を閉じた東海テレビ制作の昼ドラの遺伝子を感じさせる。ヒロインがろくでなしの親族に苦しめられるという構図は昼ドラの王道の1つだった。松本、倍賞の濃いキャラも昼ドラを彷彿させる。分かりやすくていい。


■日本テレビ「パンドラの果実〜科学犯罪捜査ファイル〜」(土曜午後10時)


 工学科出身の警視正・小比類巻祐一(ディーン・フジオカ)と変わり者の天才科学者・最上友紀子(岸井ゆきの)が、これまでの常識では解決できない科学犯罪を解決する。

 このバディのみだと堅苦しい物語になる恐れもあるが、科学の知識がまるでない刑事・長谷部勉(ユースケ・サンタマリア)もチームに加わり、コメディリリーフ役を果たしている。

 第1話ではロボット開発会社のCEOが殺された。理想主義者の前CEOが開発したロボットがお払い箱になりそうだったため、その部下だった郷原美鈴(内田理央)が殺したのだ。

 脚本が面白かった。美鈴は犯行隠蔽のため、小比類巻と友紀子の殺害も謀るが、ロボットが「こんなことをしてはいけません」「これ以上、罪を重ねるわけにはいけません」と強く戒める。最後はロボットが美鈴に従うよう組み込まれたプログラムに抵抗し、犯行を阻止する。

 ボストン大教授でSF小説の大家だったアイザック・アシモフはロボットが従うべき行動として「人間への安全性」「命令への服従」「自己防衛」という3原則を残した。

 けれど、この3原則をロボットが破り、人間の過ちを戒めたり、人間のために自己犠牲に走ったりしたほうが観る側は胸を突かれる。

 50代以上が涙したテレビ朝日の特撮ドラマ「ジャイアントロボ」(1967年)の最終回もそう。ジャイアントロボは命令を無視し、放射能を帯びた危険極まりない怪獣を抱えて宇宙の彼方まで飛んで行き、自爆した。そして人々を救った。この筋書きによって伝説のドラマとなった。

「パンドラの果実」も科学と人間ドラマのブレンドの具合がいい。プロeスポーツ選手の怪死事件を追った第2話もそう。米国ドラマにありがちな科学一辺倒の作品とは異なる。

 ディーン・フジオカのクールな小比類巻役も合っているが、岸井ゆきのの友紀子役がハマっている。16歳でMIT(マサチューセッツ工科大)に入学し、19歳で博士号を取得したノーベル賞級の天才役なので、それっぽく見せるだけでも一苦労のはずだが、成り切っている。何を演じてもうまい人だ。

高堀冬彦(たかほり・ふゆひこ)
放送コラムニスト、ジャーナリスト。大学時代は放送局の学生AD。1990年のスポーツニッポン新聞社入社後は放送記者クラブに所属し、文化社会部記者と同専門委員として放送界のニュース全般やドラマレビュー、各局関係者や出演者のインタビューを書く。2010年の退社後は毎日新聞出版社「サンデー毎日」の編集次長などを務め、2019年に独立。

デイリー新潮編集部

関連記事(外部サイト)