“令和の石立鉄男”という声も… 33歳「濱田岳」、最大の強みとは何?

“令和の石立鉄男”という声も… 33歳「濱田岳」、最大の強みとは何?

濱田岳

 ドラマで主演を張る俳優が二枚目ばかりになってしまった。昭和期は違った。その代表格は日本テレビ「水もれ甲介」(1974年)などで大人気を博した故・石立鉄男さんだ。もっとも、令和の石立さんになれる可能性を秘めた俳優もいる。4月上旬に終了した「カムカムエヴリバディ」で算太役を演じた濱田岳(33)である。

 濱田岳は笑わせる芝居も泣かせる演技も出来る。20代、30代では滅多にいない存在だ。

 得がたい俳優であることは仕事量を見ても分かる。この1年間で「カムカム」やTBS「日曜劇場 マイファミリー」(現在放送中)など6本のドラマに出演。そのうちテレビ東京「じゃない方の彼女」(2021年10月)は主演だった。

 映画も「大怪獣のあとしまつ」(今年2月公開)など4本に登場した。引っ張りダコである。この状態が10年以上続いている。

 濱田は9歳だった時に遊園地でスカウトされて芸能界入り。ほどなくしてダウンタウンの浜田雅功(58)が主演したTBSの連ドラ「ひとりぼっちの君に」でデビュー。すぐに注目を集め、「天才子役」と呼ばれる。

 もっとも、いつの時代も天才子役の呼び名は乱発される。俳優としての真価が定まるのはミドルティーンから。濱田も16歳の時に出演したTBS「3年B組金八先生/第7シリーズ」(2004年)によって、「演技がうまい」という評価が固まった。

「金八先生」は第8シリーズまであるので、念のために付け加えると、中学生の覚せい剤乱用などがテーマになったシリーズである。

 濱田の役柄は狩野伸太郎。お調子者の劣等生だが、友人思いで人望が厚かった。生徒側の中心人物で、卒業式では答辞を読んだ。壇上で友人を覚せい剤から守れなかった無念と後悔を切々と語り、茶の間を泣かせた。

 伸太郎役の時点で濱田の演技はほぼ完成されていた。セリフも動きもごく自然。拙さや硬さを一切感じさせなかった。「金八先生」シリーズには200人近くのミドルティーンが出演したが、その中で屈指の演技力の持ち主だったと言っていい。


■武器は「ダメな奴」


 当時から濱田が最も得意とする役柄は変わっていない。ダメな奴なのに人柄はたまらなく魅力的という人物だ。典型例はテレ東の主演作「釣りバカ日誌〜新入社員 浜崎伝助〜」(2015年)で演じた若き日のハマちゃんである。

「ダメ」と「魅力的」は相反する。だから演じるのは難しい。目下のところ、このジャンルは濱田の独壇場である。だから出演依頼が絶えない。

 妹の安子(上白石萌音)と一緒に貯めたカネを持ち逃げした「カムカム」の算太もダメ男だったが、憎めなかった。濱田のほかに算太が演じられた俳優がいるかというと、ちょっと思い浮かばない。

 テレビ東京の主演作「フルーツ宅配便」(2019年)の風俗店の店長役もハマり役だった。吹けば飛ぶような男なのだが、懸命に生きる風俗嬢たちのために粉骨砕身した。このドラマの演技は評判高く、放送文化基金賞の演技賞を受賞した。

 現在放送中の「マイファミリー」で演じている元刑事の警備員・東堂樹生も順調な人生を歩んできた優等生ではない。5年前に愛娘の心春を誘拐されたままで、今も犯人を追っている。

 濱田はどうして余人を持って代えがたい存在になれたのか。まず才能に恵まれたのは間違いない。俳優はスポーツ選手などと同じく、努力だけで成功できる世界ではない。

 最大の強みは俳優の世界をよく知るところだろう。早くにデビューしたため、周囲の大人たちからさまざまな教えを受けられた。オン・ザ・ジョブ・トレーニングである。

 人気に溺れないのも先輩のお陰。10歳でチヤホヤされた時、先輩俳優からこう諫められたという。「100人が好きだと言ってくれたら、200人はおまえのことが大嫌いなんだからな」(1)。

 売れているのは「運」だと考えている。9歳から始まった自分の運が、どこまで続くかという思いがある(2)。


■これからが正念場…


 一方で独自の俳優論を持っているのは間違いない。好感度の高い濱田ならバラエティの司会やレギュラーでも成功しそうだが、ドラマの番宣以外はバラエティに出ない。素の自分をさらけ出すことが俳優の仕事にプラスにならないと考えているからだろう。この流儀も先輩たちから学んだのではないか。幼いころに共演した長塚京三さん(76)たちもバラエティには出ない。

 2011年に結婚したスーパーモデルの小泉深雪(43)との夫婦生活を自ら明かすこともほとんどない。小泉はCHANEL、GUCCI、GIVENCHYなどのショーに出演したほか、フランスの「madame FIGARO japon」など国内外のファッション誌に次々と登場。まさにスーパーな存在だ。

 小泉の身長は179センチ。一方、濱田は160センチ。年齢も小泉が9歳年上。世間が拘りそうな格差を気にしなかったところも濱田らしさを感じさせる。2012年1月、2人の間には女児が誕生した。

 デビューから24年。濱田はこれまでに醜聞が報じられたり、ささやかれたりしたことが一度もない。家庭第一。それも仕事にプラスに働いているのだろう。

 欲の見られない濱田だが、これからが正念場ではないか。過去に連ドラ8本、映画7本に主演したものの、プライム帯(午後7時〜同11時)での主演連ドラは「釣りバカ日誌」のSeason1とSeason2のみ。濱田の実力と人気なら、もっと飛躍できるはずだ。

 ドラマの放送枠が増えていることもあって、視聴者は作品の多様化を望んでいる。二枚目が主演するミステリーや刑事ドラマ、ラブコメばかりでなく、二枚目半による泣き笑いの人間ドラマもあったほうがいい。そんなドラマの主演を張れる数少ない俳優が濱田に違いない。

 1970年代は視聴者が石立鉄男さんのドラマを食い入るように観ていた。石立さんは日本テレビの水曜午後8時台の連ドラ7本に相次いで主演。演じるのは二枚目半ばかり。いずれも泣き笑いの人間ドラマだった。

 死んだ姉の愛娘を懸命に育てる独身男を描いた「パパと呼ばないで」(1972年)、血のつながらない母と妹を幸せにするために家業の水道屋を継ぐ元バンドマンが主人公の「水もれ甲介」などである。いずれも後世に語り継がれている名作だ。

 石立ドラマは家族そろって楽しめた。CS放送のチャンネルNECOで今も繰り返しアンコール放送されているが、古ぼけていない。犯罪や恋愛のカタチは時代によって変わるが、人情は不変だからだろう。

 石立さんは1960年代後半、文学座の花形二枚目俳優だった。だが、自ら進んで二枚目半に。人情喜劇の奥深さに惹かれたからだ。

「令和の石立さん」に最も近い存在は誰かというと、濱田だろう。石立さんと同じく、ユーモアとペーソスを併せ持つ存在だからだ。キャリアも実力も申し分ない。

 再び二枚目半の時代が来るか。

(1)Grazia2012年7月号
(2)an・an2016年6月8日号

高堀冬彦(たかほり・ふゆひこ)
放送コラムニスト、ジャーナリスト。大学時代は放送局の学生AD。1990年のスポーツニッポン新聞社入社後は放送記者クラブに所属し、文化社会部記者と同専門委員として放送界のニュース全般やドラマレビュー、各局関係者や出演者のインタビューを書く。2010年の退社後は毎日新聞出版社「サンデー毎日」の編集次長などを務め、2019年に独立。

デイリー新潮編集部

関連記事(外部サイト)