間宮祥太朗「ナンバMG5」にも三原則…なぜヤンキードラマや映画が人気なのか

間宮祥太朗「ナンバMG5」にも三原則…なぜヤンキードラマや映画が人気なのか

間宮祥太朗

 ヤンキー作品の静かなブームが続いている。フジテレビは間宮祥太朗(28)主演の連続ドラマ「ナンバMG5」を放送中。日本テレビは7月から人気ヤンキーマンガ「新・信長公記〜ノブナガくんと私〜」を永瀬廉(23)主演で連ドラ化する予定だ。なぜヤンキー作品は求められているのか?

 街でヤンキーを見掛けることがほとんどなくなった。絶滅寸前と言っても良いだろう。
 半面、ヤンキー作品の人気は根強い。昨年7月には映画「東京リベンジャーズ」が公開され、大ヒットしたのは記憶に新しい。

 現在も連ドラ「ナンバMG5」が放送されている。7月からは「新・信長公記〜ノブナガくんと私〜」が連ドラ化される予定だ。

「新・信長公記」の舞台は日本一の不良高校。そこに織田信長ら戦国武将のクローンが集まり、壮絶な総長争いを繰り広げるという物語である。ブッ飛んだ作品になるはずだ。

 なぜ本物のヤンキーはほぼ消えたのに、ヤンキードラマと映画は絶え間なくつくられるのか。
 それはヤンキー作品が日本固有の「文化」として定着し、確固たるニーズがあるからだ。

 武士が消えてから150年以上過ぎたものの、今も時代劇ファンが大勢いるのとほぼ同じ構図だ。
 ただし気を付けなくてはならないことがある。「本物のヤンキー」と「ドラマや映画の中の主人公としてのヤンキー」は違う。似て非なるものである。


■若い男性を魅了する3原則


 本物のヤンキーをリアルに描いたら、ドラマや映画にならない。暗くなってしまうだろう。歴史上の武士をそのまま時代劇で描いたら面白くもなんともないのと一緒だ。

 1980年前後のヤンキー全盛期を知る人なら、よくご存じのはず。本物のヤンキーの一部はケンカやカツアゲ、トルエン遊び、バイクと車での暴走行為など数々の悪さをしていた。

 結構コワイ存在だった。街で目が合っただけで物陰に連れ込まれブン殴られてしまうこともあった。

 一方、ドラマや映画の主人公としてのヤンキーがする悪さは「ケンカ」と「対立グループとの抗争」「暴走行為」程度である。本物とは随分と異なる。

 また、主人公としてのヤンキーは「大義」がないとケンカも抗争もしない。その大義の大半は「身内や仲間を助けるため」である。暴走行為をする時も「一般車両を巻き込まないよう注意する」のだ。

 主人公としてのヤンキーは昭和期のヤクザ映画のヒーローたちと同じく、カタギの衆(ヤンキーあるいはヤクザ以外の人)には迷惑を掛けないようにしている。

「東京リベンジャーズ」に登場した「東京卍會」のマイキー(吉沢亮)とドラケン(山田裕貴)もそうだった。対立組織の構成員や規律を守れないメンバーはボッコボコにしたが、それ以外の人にはやさしかった。

 また、マイキーとドラケンは首都高をノーヘルのバイクで疾走したものの、煽り運転などはしていない。騒音も立てなかった。主人公やそれに準ずる立場のヤンキーはことごとく良い奴なのだ。

 そのうえ主人公としてのヤンキーはほぼ例外なくケンカが滅法強く、度胸も満点。「ドラゴンボール」の孫悟空のような存在だ。視聴者と観客から支持されるはずである。本物のヤンキーがそのまま主人公になったら、こうはいかない。

 ヤンキー作品は若い男性を魅了する「友情」「努力」「勝利」という3原則も盛り込みやすい。これは「週刊少年ジャンプ」の作品群の編集方針と一緒である。

 この3原則を盛り込むことにより、ヤンキー作品はラブコメやミステリーに関心のない層も引き付けられる。


■ナンバMG5を参照すると


「ナンバMG5」に照らし合わせて考えてみたい。「友情」は白百合高校に通う主人公・難破剛(間宮祥太朗)と市松高校・伍代直樹(神尾楓珠)の間に芽生えた。第1話だった。

 剛は実際にはゴリゴリのヤンキーなのだが、それを隠している。直樹はそれに協力してくれている。2人はワルたちとのケンカでも連携するようになる。

 次に「努力」。ヤンキー一家に生まれ育った剛は普通の青春を過ごしたいという気持ちを家族に伝えることができず、時と状況に合わせて特攻服と学ランとを着替える。涙ぐましい努力を重ねる。バカバカしい話だが、努力は観る側を惹き付けるのだ。

「勝利」は分かりやすく描かれている。剛はケンカで連戦連勝。第2話では市松高2年の番格(番長クラス、念のため)をパンチ2発で倒した。無敵だ。

「ナンバMG5」の視聴率は悪くない。世帯視聴率しか記さないとミスリードを招くが、各局が重視するコア視聴率(13〜49歳の個人視聴率)を見ると、5月4日放送分の第3話は2.7%。同時間帯でぶつかる「悪女(わる)〜働くのがカッコ悪いなんて誰が言った?〜」(日本テレビ)は2.1%だから、上回っている。

 どちらの作品も高齢者はまず見ない。この2つの作品に限ると、フジも日テレもコア視聴率しか気にしていないと言って良いので、フジはしたり顔だろう。

 ちなみに5月2日放送の「恋なんて、本気でやってどうするの?」(フジ)のコア視聴率は1.3%。翌3日放送の「持続可能な恋ですか」(TBS)は同2.0%である(ビデオリサーチ調べ、関東地区)。

 フジは放送前から、「ナンバMG5」のターゲットは若い視聴者と宣言していたから、狙い通りなのである。


■ヤンキー作品の第1号は


 ヤンキー作品の第1号は何かというと、仲村トオル(56)と清水宏次朗(57)が主人公のトオルとヒロシに扮した映画「ビー・バップ・ハイスクール」(1985年)にほかならない。その後の作品に強い影響を与えた。

 2人は劣等生で女性にモテなかったが、底抜けに明るく、なによりケンカが滅法強かった。

 ただし暴力を使うのは「自分の身を守る時」と「仲間を助ける時」のみ。その後のヤンキーの主人公のお手本となった。

 また2人の髪型はリーゼント。やはり、ヤンキー作品の源流となった。

 この映画以前にも谷隼人(72)が主人公の不良高校生・氷室洋二に扮した映画「ワルシリーズ」などがあったが、ヤンキー映画とは呼べなかった。大人の男性向けで、若い男性の支持は集まりにくかったからである。

 内容が重く暗かったためだ。主人公がヤクザを叩きのめしたり、学ランで賭場に出入りしたり。最後は少年刑務所に入るので、大半の若い男性はドン引きした。

「ビーバップ」以降のヤンキー作品には青春の香りが漂うものの、それ以前の不良映画は血なまぐさかったのだ。

 近藤真彦(57)が主演した映画「ハイティーン・ブギ」(1982年)の主人公・藤丸翔も暴走族のリーダーだが、これもヤンキー作品とは言えない。武田久美子(53)扮する宮下桃子との恋愛模様が中心だったからだ。ヤンキー風味のあるラブストーリーだった。

 ちなみ翔と桃子は同棲し、子供ができるが、翔の父親が仲を引き裂く。やがて翔はバンドをつくり、コンテストで優勝し、再会した2人は海辺で抱き合う。なんだか韓流ドラマのような物語だった。

 その後、ヤンキー作品はこう進化していった。 

 映画「湘南爆走族」(1987年)。暴走族の内幕をかなりリアルに描いた。

 主演はほぼ新人だった江口洋介(54)。湘南爆走族の2代目リーダー・江口洋助に扮した。名前の読みが同じだったのは奇跡的な偶然である。

 江口のバイクはGS400(スズキ)の改造車。髪型は紫色に染めたリーゼントで、服装は白い特攻服だった。ヤンキー作品に改造車、特攻服が初めて登場した。

 洋助の相棒で親衛隊長の石川晃役にオーディションで選ばれたのは織田裕二(54)。これがデビュー作だった。ちなみに親衛隊長とはリーダーの護衛役で族のナンバー2である。

 TBS「池袋ウエストゲートパーク」(2000年)。主人公は高卒後にフリーターとなったマコト。長瀬智也(43)が演じた。

 マコト自身はワルではないものの、周囲は窪塚洋介(42)が扮したタカシらコテコテの不良ばかり。敵対するグループとの抗争に明け暮れた。

 リーゼントや特攻服は登場しない。みんなお洒落だった。タカシらのグループも暴走族ではなく、カラーギャング集団だった。

 映画「クローズZERO」(2007年)。主人公の高校生・滝谷源治を小栗旬(39)が演じた。ヤンキーばかりの高校に転校してきたヤクザの息子・源治が、校内制圧を目指す物語だった。

 源治の髪型はツーブロックで襟足を長く伸ばしていた。リーゼントはヤンキー作品からほぼ消えた。

 日本テレビ「今日から俺は!!」(2018年)。主人公の高校生・三橋貴志を演じたのは賀来賢人(32)。

 貴志は金髪のパーマヘアーだったが、設定が1980年代前半だったため、リーゼントヘアーも登場した。男女関係も描かれ、ケンカ以外のヤンキーの日常も描かれた。当時のあまり怖くないヤンキーの実像が描かれた。

 今後、街からヤンキーが完全に消えようが、ヤンキー作品は生き続ける。「友情」「努力」「勝利」に惹かれる若い男性がいる限り。

高堀冬彦(たかほり・ふゆひこ)
放送コラムニスト、ジャーナリスト。大学時代は放送局の学生AD。1990年のスポーツニッポン新聞社入社後は放送記者クラブに所属し、文化社会部記者と同専門委員として放送界のニュース全般やドラマレビュー、各局関係者や出演者のインタビューを書く。2010年の退社後は毎日新聞出版社「サンデー毎日」の編集次長などを務め、2019年に独立。

デイリー新潮編集部

関連記事(外部サイト)