綾瀬はるか、上野樹里、柴咲コウ……豪華キャスティングの春ドラマが揃って大苦戦のワケ

綾瀬はるか、上野樹里、柴咲コウ……豪華キャスティングの春ドラマが揃って大苦戦のワケ

春ドラマのキャスティングは豪華絢爛

 綾瀬はるかに大泉洋、木村拓哉に満島ひかり、上野樹里に田中圭、今田美桜に向井理、高橋一生に柴咲コウ、二宮和也に多部未華子……春ドラマのキャスティングは豪華絢爛である。ところが、フタを開けてみれば総崩れの様相で、2桁の視聴率をキープできているのは、二宮和也が主演の「マイファミリー」(TBS)のみである。一体、何が起きているのか。

 ***

「これだけ豪華な布陣となったのにはワケがある」と話すのは民放プロデューサーだ。

「春ドラマは新年度最初のクールとあって、各局が力を入れます。看板ドラマ枠には視聴率の取れる俳優を予算度外視で据え、数字を狙いにいきます」

 まずは、最近調子がいいフジテレビの“月9”だ。冬ドラマでは、大河「鎌倉殿の13人」(NHK)で活躍中の“義経”菅田将暉(29)が主演した「ミステリと言う勿れ」が好評だった。今期の「元彼の遺言状」には、“視聴率の女王”綾瀬はるか(37)を主演に、相棒には“頼朝”大泉洋(49)を起用した。

 初回視聴率こそ12・1%(ビデオリサーチ調べ、関東地区、世帯:以下同)と面目を保ったが、2話が10・3%、3話が10・3%、そして4話が9・0%、5話が8・6%と2桁を割った。

「綾瀬と大泉で、この数字はショックでしょうね。『元彼の遺言状』は“このミステリーがすごい!”大賞を受賞した新川帆立の同名小説を基にしたドラマですが、その原作は2話で終了。3話からは同じ主人公の『剣持麗子のワンナイト推理』を基に、1話完結のドラマとなりました」


■キムタク史上初の1桁


 1話を見て「このストーリーが1クールも続くのか?」と思った視聴者も少なくないだろう。2話で「元彼の遺言状」が終わってしまっては、なぜ連ドラのタイトルにしたのかも疑問だという。

「1話完結となってテンポが良くなったという声は少数で、4話から1桁になってしまいました。“視聴率の女王”をもってしてもこの調子ですから、“視聴率ナンバーワン俳優”も同様です」

 木村拓哉(49)主演の「未来への10カウント」(テレビ朝日)はどうか。キムタクにとって初の学園スポーツドラマだが、脚本は大ヒットドラマ「HERO」(フジ)の福田靖、ヒロインには失敗作が極めて少ない満島ひかり(36)と、こちらも絶対に数字を取りたい意気込みが伝わってくるようだった。ところが、初回の11・8%から、10・5%、9・9%、9・6%と下がり続け1桁に。

「キムタク主演の1桁転落は、史上初ではないでしょうか。2013年に『安堂ロイド〜A.I. knows LOVE?〜』(TBS)が10・3%を出した際はニュースになったほどでした。もっともこの時は、日本シリーズとぶつかったためと言われましたから、今回とは状況が違います。初の学園スポーツモノとは言いながら、話の筋は『ドラゴン桜』(TBS)の東大がボクシングに置き換わっただけのよう。『HERO』で見せた福田氏の腕力はどこへ行った?と思わせたほどです」


■同時配信が首を絞めた


“逃げ恥”、“ギボムス”、“恋つづ”……とヒット作を連発しているTBSの火曜ドラマに初主演したのは上野樹里(35)だ。“じぞ恋”こと「持続可能な恋ですか?〜父と娘の結婚行進曲〜」は松重豊(59)との父娘同時婚活というストーリーだが、こちらは初回から1桁が続いている。

「戸田恵梨香(33)の体調不良によって上野が急遽代役に立てられたと報じられていますが、ちょっと気の毒ですね。彼女は『監察医 朝顔』(フジ)、松重は『孤独のグルメ』(テレビ東京)で高い評価を受けました。2人とも恋愛ドラマ向きとは思えません」

 それにしても、揃いも揃って、こんなに数字が取れないのは珍しい。

「実は、4月の月間PUT(総個人視聴率:ビデオリサーチ調べ)が、調査開始以来、最低を記録したんです。PUTとは、調査対象となる世帯の4歳以上の個人全体の中で、どのくらいの人がテレビをリアルタイムで視聴していたのかという割合で、新型コロナの緊急事態宣言下では在宅が増えたために上がっていました」

 通常の生活に戻りつつある今、その反動が来ているということだろうか。

「それだけではありません。一因と考えられるのが、4月11日から始まった、民放キー局によるTVer同時配信です。日テレは昨年10月より始めていましたが、民放全局が出揃ったのはこの4月でした。皮肉にもPUTの数字を見ると、『もう番組はテレビで見なくていい』とテレビ局が自ら宣伝した影響のようにも思われます」

 さらに若者のライフスタイルの変化が追い打ちをかけているという。


■録画は3倍速で見る


「彼らにとっては、リアルタイムでテレビを見るために、わざわざ帰宅するのはバカらしいというわけです。TVerがあるわけですし、たとえ録画しても、CMを飛ばして1・5〜2倍速で見るのがトレンドです。中にはネタバレ記事を読んでから3倍速で見て、面白そうなところだけ1・5倍速という猛者もいるそうです」

 これでは視聴率は上がりようもない。だから他の連ドラも推して知るべしという。

「今田美桜(25)の『悪女(わる)〜働くのがカッコ悪いなんて誰が言った?〜』(日テレ)は、1992年に石田ひかり(49)が主演した『悪女(わる)』(前同)を超えられていません。間宮祥太朗(28)の『ナンバMG5』(フジ)は、『今日から俺は!!』(日テレ)の二番煎じ。高橋一生(41)と柴咲コウ(40)の『インビジブル』(TBS)は、原田泰造(52)と久本雅美(63)の芸人2人が足を引っ張り見る気を失わせる。『パンドラの果実〜科学犯罪捜査ファイル〜』(日テレ)で科学者を演じる岸井ゆきの(30)は知名度不足。かつて堂本剛(43)、松本潤(38)らが主演した『金田一少年の事件簿』(日テレ)の道枝駿佑(19)も、先輩たちに比べればまだ力不足と思わざるを得ません」

 いずれも初回から1桁連発のドラマである。

「次回が楽しみというドラマがありません。多少は荒唐無稽でも構わないので、エンターテインメントが欲しい。『半沢直樹』(TBS)の顔芸や『天国と地獄〜サイコな2人〜』(前同)のセクシーネタ、『ミステリと言う勿れ』のモジャモジャ頭でもいいんです。来週が楽しみという作品が欲しいですね」


■数少ない高評価ドラマ


 唯一2桁をキープしているのが、二宮和也(38)主演の日曜劇場『マイファミリー』(TBS)だ。

「日曜劇場ですからキャスティングにも力を入れています。ヒロインには多部未華子(33)、脇を固めるのは玉木宏(42)、賀来賢人(32)、松本幸四郎(49)、子役にも山崎莉里那(10)、野澤しおり(11)、凛美(15)と実績のある芸達者を揃えています。そして脚本には『絶対零度〜特殊犯罪潜入捜査〜』(フジ)や『ストロベリーナイト』(同前)の黒岩勉。誘拐が解決と見せかけての謎の連鎖は、やはり見応えがあります」

 数字を取るドラマには、それなりの理由があるようだ。

「民放ではありませんが、山下智久(37)主演の『正直不動産』(NHK総合)が健闘しています。『野ブタ。をプロデュース』(日テレ)、『コード・ブルー〜ドクターヘリ緊急救命〜』(フジ)、『ブザー・ビート〜崖っぷちのヒーロー〜』(同前)など、派手さはなくとも確実に数字を取ってくる山Pに、次期朝ドラヒロイン・福原遥(23)、市原隼人(35)、草刈正雄(69)、倉科カナ(34)、大地真央(66)と一流のクセ者を揃え、日曜劇場に勝るとも劣らぬキャスティングは今期ナンバーワンと言っていいでしょう。さらに脚本の根本ノンジは『監察医 朝顔』、『サ道』(テレビ東京)で赤丸急上昇中です。奇しくも『朝顔』の上野が、今期『じぞ恋』で真裏に来てしまったのも因縁を感じます。祠を壊した祟り(?)で嘘がつけなくなってしまった不動産業の山Pというのも、荒唐無稽なエンターテインメントで心地よく、不動産会社の裏情報も楽しめる。ネット上でも今期ナンバーワンの声が高い」

 そしてもう1本。

「『家政夫のミタゾノ』(テレ朝)は、抜群の安定感とエンターテインメントで『正直不動産』に続くドラマですかね。山本舞香(24)のヤンキーそのものの目つき、臆せず演じているところに好感が持てます」

デイリー新潮編集部

関連記事(外部サイト)