アンガ田中 初ゴールデンMCで指摘されたパクリ疑惑 関係者は「あれでは彼の長所が生かされない」

アンガ田中 初ゴールデンMCで指摘されたパクリ疑惑 関係者は「あれでは彼の長所が生かされない」

「呼び出し先生タナカ」 のオフィシャルサイトより

 4月24日、アンガールズの田中卓志(46)がゴールデンで初MCを務める「呼び出し先生タナカ」(フジテレビ)がスタートした。初回は午後7時からの3時間スペシャルで、世帯視聴率は6・2%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)とまずまずの出足だった。ところがネット上では、《「めちゃイケ」のパクリ》と批判が巻き起こっている。

 ***

 初回は、田中が新番組の説明をすることもなく、いきなり教室に見立てたスタジオで生徒たちを前に、国語の答え合わせから始まった。“神無月”の読みを答えよという問いに対し、“じんむけい”と答えたギャルモデルのゆうちゃみ(20)、“じんなげす”と答えたボディビルダーの横川尚隆(27)ら、珍回答を担任の田中が取り上げる。

 この段階で、早くも「めちゃ×2イケてるッ!」の名物企画だった“抜き打ちテスト”と同じじゃないかと思った視聴者は多かったようだ。SNS上にもこうある。

《ただのめちゃイケのパクリ番組だった #呼び出し先生タナカ》

《アンガールズ田中の新番組「呼び出し先生タナカ」、あまりにめちゃイケすぎて視聴者も出演者も全員白目になってそう。マジで責任者呼び出して説教したい。そういう意味なの番組タイトル?》

《呼び出し先生タナカ見たけど、やってることがめちゃイケのテスト企画と運動会を混ぜた感じじゃん。田中が人生を説く的なことかと思った。》

 こうした声は、アンガールズがパーソナリティを務める「オールナイトニッポンPODCAST アンガールズのジャンピン」(ニッポン放送制作)にも届いた。


■そりゃわかるよ!


――田中がリスナーからのメールを読み上げる。

田中:《「呼び出し先生タナカ」の初回を拝見させていただき、とても面白かったのですが、同時に残念な気持ちになりました。それはフジテレビの過去の番組の企画に酷似していたからです。》

山根良顕:あー、あの「めちゃイケ」のヤツ?

田中:《おそらく田中さんも企画が来たときに全てを悟ったと思います。》

――アンガの2人は爆笑。リスナーからのメールは《長寿番組になるようお祈りします》と結ばれた。

田中:悟っていたって言うかさ、そりゃわかるよ! 「めちゃイケ」もやっていたスタッフさんが入っているし、フジテレビの番組内で企画を使うって別に悪いことでもないしさ。

山根:他局だったら変か。

田中:そりゃマズいよ。でも今、他局でやることも多いけどね。

山根:番組が終わったりして、スタッフさんがその権利というか制作物を、他のところでやりたいとなったら、移る場合もあるしね。

――田中が新番組の事情を明かした。


■強敵を相手に


田中:この番組、特番も1回も打ってないのよ。編成ではいろいろあったんだろうね。俺もよく知らないけど、最終的にはこれになった。ただ、特番打つ時間がないってことになってしまった。初回やるってなったとき、まずMCとして俺が新人じゃん。新人に全く何もやったことのない企画で初回3時間やらせるほど、フジテレビもバカじゃない。ある程度見えるものがあるから、田中が新人(MC)でも何とかなるだろうって、色んな計算してるんです。

 民放ディレクターも、田中の見立てに同調する。

「確かに『タナカ先生』の総合演出は『めちゃイケ』のスタッフでした。フジ入社以来、ずっと『めちゃイケ』に携わった人で、“抜き打ちテスト”を復活させたいという思いがあったようです。“パクり”でも“似ちゃった”でもなく、『めちゃイケ』のフォーマットを活かし“復活”させた企画なのですから、酷似するのも当然なんです」

 田中は「視聴率が結構良くてフジで感謝された」とも語っていた。

「本音では8%は取りたかったはずですが、3時間番組で6・2%は健闘したと言っていいでしょう。しかも日曜夜7時からとなれば、ウラには『ザ!鉄腕!DASH!!』、『世界の果てまでイッテQ!』(以上、日本テレビ)、『池上彰の世界情勢SP』(テレビ東京)、大河『鎌倉殿の13人』(NHK)、『ポツンと一軒家』(テレビ朝日)、さらに日曜劇場『マイファミリー』(TBS)と、人気番組がひしめく中ですから大したものです」

 もっとも、パクりの声が上がった内容には不満があるという。


■おバカ系のアンチ


「前情報で“一斉テストバラエティ”とあったので、テスト(クイズ)をベースにした教養番組、『平成教育委員会』(フジテレビ)のような番組になるのだろうと思っていました。インテリの田中が、林修か池上彰になることを期待していたので、正直言ってガッカリしています。バラエティ寄りになるにしても、生徒たちの悩みや相談に答えたり、時に感情的になる、クセの強い先生役を期待していました。彼の毒やキモいキャラが生きるMCになると思っていたんですが」

 結局、おバカ解答を楽しむ番組だったわけだ。

「『クイズ!ヘキサゴンII』(フジ)終了後は、真逆の“インテリ”クイズが流行し、おバカ系は廃れていきました。19年に『トリニクって何の肉!?』(テレ朝/朝日放送制作)が始まりましたが、すぐにリニューアルしています。番組の一企画でもなく、純粋なおバカ系クイズ番組は久しぶりですね」

 なぜ、おバカ系番組は廃れたのだろう。

「ここ3、4年は、“おバカ解答”はヤラセ、嘘、ビジネスおバカなどと見られる傾向が強まり、おバカキャラはドン引きされる傾向になっています。昔と違って、おバカ解答を純粋に楽しもうとする時代ではなくなったんです」

 ならば「タナカ先生」も安泰ではないということか。

「出演者(生徒たち)のおバカ解答、珍回答を面白がる番組である『タナカ先生』も、視聴者の反感を買う可能性がありますね」

 もっとも初回には、“KUMONに長年通った”と豪語しながらかけ算ができない元HKT48の村重杏奈(23)、解答用紙に自分の名前すら書けなかったボディビルダー横川、高校卒業に5年半かかった“清楚系なのにバカ”黒木ひかり(21)という新たなおバカスターも出現した。あまりの珍回答に思わず笑ってしまった人もいたはず。

「次回の放送は5月15日です。2時間スペシャルになるようですが、初回から3週間後です。これでは視聴習慣はつきませんし、生徒たちも初回とは違うメンバーになるようです。レギュラー番組として認知されるようになれるかがポイントでしょう」

デイリー新潮編集部

関連記事(外部サイト)