水卜麻美アナは大ショック 日テレ幹部人事が加速化させるフリーへの道

水卜麻美アナは大ショック 日テレ幹部人事が加速化させるフリーへの道

水卜アナ 日テレ人事に衝撃?

水卜麻美アナは大ショック 日テレ幹部人事が加速化させるフリーへの道

水卜麻美アナ

 日本テレビホールディングス(HD)は5月12日、役員人事を発表した。同社の関係者は、「社内は超が3つ付くほどの大激震に襲われています」と明かす。加えて、その影響で水卜麻美アナ(35)の去就にも注目が集まっているという。一体、何が起きたのか。

 ***

 まずは現在の日テレHDの役員を確認しておこう。

◆会長:大久保好男氏(71)
◆副会長:小杉善信氏(68)
◆社長:杉山美邦氏(67)
◆取締役[非常勤]:渡邉恒雄氏(95)
◆同:山口寿一氏(65)

 多くのメディアが報じた新人事の注目点は、

【1】杉山社長が会長に就任
【2】山口取締役が代表権を持つ取締役会議長に就任
【3】石澤顕上席執行役員(65)が社長に就任

 という3点だった。担当記者が言う。

「大久保会長と小杉副会長が、揃って“退任”となったのです。2人とも不祥事があったわけではありません。日テレ社内では“青天の霹靂”と驚きの声が上がっています」

 注意すべきは、上記6人のうち4人は読売新聞が“本籍”ということだ。主筆の渡邉氏は言うまでもなく、会長を退任する大久保氏、新たに会長に就任する杉山氏、取締役会議長に就任する山口氏は、いずれも読売の記者としてキャリアをスタートした。ちなみに山口氏は、読売新聞グループ本社の社長でもある。

 一方、副会長を退任する小杉氏と、新たに社長に就任する石澤氏は、大学卒業後、新卒で日本テレビに入社した、いわゆる“日テレ・プロパー”組だ。


■「常に即断即決」


 日テレの関係者は「大久保さんは読売新聞の人ですし、民放連の会長も務めました。そのため社内で衝撃が走ったのは、小杉さんのほうです」と言う。

「小杉さんの敏腕ぶりは、テレビ業界の内外で有名でした。HDの会長に就任するのは既定路線だったはずです。小杉さんがどれだけ優秀かは、関わった代表作を挙げれば誰でも納得でしょう。バラエティーなら『クイズ世界はSHOW by ショーバイ!!』(88〜96年)、『マジカル頭脳パワー!!』(90〜99年)、ドラマなら『家なき子』(94・95年)といった具合です。テレビ業界を代表するヒットメーカーでした」

 一時期は営業局長を務めたり、映像制作を担当する子会社に出向したりもした。だが、これも将来、“日テレのトップ”を担うための人事と見なされてきた。

「現場では高視聴率の番組を担当し、役員になっても視聴率三冠王の座を維持してきました。文句なしの結果を出していますから、社員の信頼も厚い。逆らう者など皆無と言っていいでしょう」(同・関係者)

 そのスタイルは、「優秀な人物を重用し、常に即断即決」だったという。

「小杉さんが編集局長だった時は、番組の企画を考える際、優秀な部下を自席に呼び、フジテレビのドラマ『HERO』(01年)や『SMAP×SMAP』(96〜16年)の裏番組を考えろ、とその場でアイディアを出させました。企画書なんて書きません。広告代理店に出す番組表には、企画を立てた社員の名前と『新番組』と書くだけです」(同・関係者)


■「ヒルナンデス!」の降板


“敏腕”であり“剛腕”でもあったのだろう。そんな小杉氏が高く評価していた社員の一人が、水卜麻美アナだったという。

「2011年にスタートした『ヒルナンデス!』(平日・11:55)で、水卜アナはアシスタントを務めました。この時、小杉さんは、番組サイドの要望に従って、水卜アナを就任させただけだったでしょう。しかし、食べっぷりの良さなどで人気アナとして注目されると、小杉さんの“モード”が変わりました」(同・関係者)

 水卜アナは2014年、初めて「24時間テレビ」の総合司会を務めた。名実ともに日テレの“看板アナ”となった瞬間だった。

「2017年、水卜アナは『ヒルナンデス!』を降板し、『スッキリ』(平日・8:00)のサブMCに就任しました。『ヒルナン』のスタッフからすれば、自分たちが水卜アナを育てたという想いは強かったでしょう。小杉さんによる“鶴の一声”がなければ、実現しない“社内異動”でした」(同・関係者)

 日テレ上層部には、明確な理由があったという。

 どれだけ水卜アナが「ヒルナンデス!」で活躍しても、結局は「メインMCの南原清隆(57)のアシスタント」で終わってしまう。日テレの看板アナにふさわしい“舞台”が必要だ──。


■痛恨のミス?


「こういう時、小杉さんは、決定に不満のある社員ひとりひとりと膝を突き合わせ、相手が納得するまで丁寧な説明を繰り返します。だからこそ部下が付いてくるのです。水卜アナが常に“日テレ愛”を語り、フリー説を全否定するのも、小杉さんと強固な信頼関係を構築していたからでしょう」(同・関係者)

 小杉氏が「優秀な人物を重用」する姿勢は、役員になってからも変わらなかったという。

「水卜アナは2021年、『ZIP!』(平日・5:50)の総合MCに就任しました。更に『午前0時の森』(月〜火・23:59)の火曜版で、若林正恭さん(43)のアシスタントも務めることになりました。帯の情報番組とバラエティ番組の掛け持ちは極めて異例です」(同・関係者)

 ところが、今年年1月、水卜アナの就任で『ZIP!』を降板することになった桝太一アナ(40)が、日本テレビの退職を発表した。

「小杉さんは徹底したスター主義で常に成功してきました。しかし、水卜アナと桝アナの一件だけは、失敗だったという指摘があります。桝アナの『ZIP!』、水卜アナの『スッキリ』の安定感は抜群でした。ところが、小杉さんの“改革”で両番組の視聴率が落ちただけでなく、人気の桝アナも失ってしまいました」(同・関係者)


■水卜アナの今後は?


 諺に「上手(じょうず)の手から水が漏る」というが、関係者は「『過ぎたるは及ばざるが如し』のほうがぴったりでしょう」と言う。

「昨年は『スッキリ』でアイヌ民族への、今年は『午前0時の森』でアフリカ系民族への侮蔑発言がありました。にもかかわらず、小杉さんの対応が手ぬるく、親会社の読売新聞が問題視。今回の人事につながったという見立てもあるようです。真偽の程は分かりませんが、私は桝アナの退職も、小杉さんの退任に影響を与えた気がします」(同・関係者)

 桝アナが辞め、小杉副会長も辞めた。こうなると、どうしても水卜アナの今後に関心が集まってしまうという。

「小杉さんは水卜アナのため、常にハシゴを掛け、ハシゴを支え続けてきました。最大の理解者であり、後ろ盾だったと言っていいでしょう。水卜アナは技術を持ち、結果を出し、人柄も愛されています。悪く言う関係者はいません。『ZIP!』が低迷していて、最近、水卜アナのフリー転身が社内でも語られています。小杉さんが辞めることで、水卜アナがフリーを決断してしまわないか心配です」(同・関係者)

デイリー新潮編集部

関連記事(外部サイト)