ポスト「鬼滅」の大本命 「SPY×FAMILY」大ヒットに導いた“ワクワク”させる大仕掛け

ポスト「鬼滅」の大本命 「SPY×FAMILY」大ヒットに導いた“ワクワク”させる大仕掛け

原作は累計1800万部を突破

 この4月から放送が始まったTVアニメシリーズ『SPY×FAMILY』が大人気だ。放送開始後、配信ランキング(GEM Partners)でたちまち総合1位を獲得。Twitterの公式アカウントのフォロワーも急増中で、すでに67万人(5月中旬時点)を超える。原作コミックの累計発行部数は最新9巻までで1800万部を突破した。大ヒットの裏側に隠された“心躍る”仕掛けとは――。【数土直志/ジャーナリスト】

 ***

 まずは架空の国、時代を舞台にしたアクションコメディとキャッチーな設定がウケている。東国と西国が長い冷戦を続ける時代、敏腕スパイ<黄昏>は精神科医ロイド・フォージャーとなり、西国で偽装の家族を演じることに。かりそめの妻・ヨルの“本職”は殺し屋で、「ワクワク!」が決めゼリフの娘のアーニャは超能力者だ。3人は互いの正体を隠しつつ、ともに暮らすことになるのだが、ポップな絵柄に笑いを交えたテンポの良さが際立っている。

 現在、アニメ業界を舞台にした『ハケンアニメ!』という映画が公開されている。タイトルの由来は、シーズンで一番人気のアニメを「ハケン(覇権)」と呼ぶことに由来するが、2022年4月期の「ハケンアニメ」を選ぶとすれば、『SPY×FAMILY』が相応しい。人気に加え、映像クオリティの高さ、関連企画の多さもまさに今シーズンの「代表作」の趣である。

 本作の人気の秘密はどこにあるのだろうか。ひとつは原作の強さだ。著者・遠藤達哉が連載するマンガアプリ「少年ジャンプ+」は、集英社の少年ジャンプ編集部が運営。月間アクティブユーザー数が500万人を超え、国内マンガ業界で大旋風を巻き起こしている。その「少年ジャンプ+」の人気ランキング1位に輝き、同アプリで最もヒットした作品こそ『SPY×FAMILY』なのだ。


■老若男女が楽しめる


 近年のマンガのヒット作には、重いテーマのものも少なくない。例えば『鬼滅の刃』では主人公は鬼に殺され家族を奪われた竈門炭治郎だ。また『呪術廻戦』や『進撃の巨人』、『キングダム』では時に仲間が容赦なく死んでいく。そうしたハードな描写が現代の日本マンガの持ち味のひとつだが、同時にもう少し気軽にマンガを楽しみたい、読みたいといったニーズもある。

『SPY×FAMILY』はそんな読者の気持ちを捉えた作品だ。主人公たちの“スパイ”“殺し屋”“超能力者”といった設定なら、もっとハードなストーリーに寄せることもできるはずだ。しかし『SPY×FAMILY』にはアクションはあっても、残酷描写は見られない。

 反対にショッピングや食事といった3人の些細な日常やアーニャの学園生活などが多く描かれる。どこか天然な3人のキャラクターの性格とポップでお洒落なビジュアルは、どんな世代・層にも馴染みやすく、作品へ足を踏み入れる敷居を低くしている。

 ただ楽しいだけでないのも、『SPY×FAMILY』の魅力だ。作中のロイドやヨル、アーニャたちのプロフィールから、彼らが過酷な人生を背負っていることも窺い知れるが、それを前面に出さず、背景として感じさせることで作品に深みを与えている。

 もうひとつの成功の理由は、ファンの期待に応えた映像にある。


■高い映像クオリティ


 今回、アニメーション制作はWIT STUDIOとCloverWorksという2つのスタジオが共同で手がけている。それぞれが『進撃の巨人』と『王様ランキング』(ともにWIT STUDIO)、『約束のネバーランド』(CloverWorks)といったヒット作を生みだした業界屈指のヒットメーカーである。

 人気原作のアニメ化はスタート当初より原作ファンが大勢いることから、ある程度のヒットが見込め、製作サイドからは好まれる企画だ。しかし人気原作をアニメ化するだけでヒットが約束されるわけではない。むしろ人気作だからこそ注目は大きくなり、期待値も高くなる。それだけに出来上がった映像で期待が裏切られると失望に変わり、ファンの支持が離れ、人気が急失速することもある。

 ファンを納得させる映像は、アニメ化の最重要課題である。『SPY×FAMILY』は、そこで期待以上を実現した。原作の持ち味を丁寧に引き出すだけでなく、アニメならではの間の取り方やストーリーラインなどが絶妙だ。『機動戦士ガンダムユニコーン』や『るろうに剣心 -明治剣客浪漫譚-』のヒット作で知られる古橋一浩監督のドラマづくりの技が活かされた。

 そして、ヒットを生み出したもうひとつの大きな要素にビジネス・スキームがある点は見過ごされがちだ。『SPY×FAMILY』では今年4月のテレビ放送開始に向けて、当初から大型ヒットを狙った大掛かりな枠組みが準備されていた。


■制作サイドの尋常ならざる気合い


 アニメーション制作にWIT STUDIOとCloverWorksという有力スタジオを持ってきたのもそのひとつ。両スタジオとも、現在のアニメ業界の状況を見渡せば、制作依頼は引く手あまただろう。その中でスケジュールを合わせブッキングするだけでも、かなり大変だったことが想像される。

 コラボレーションや関連企画も当初から多彩に用意されていた。コラボカフェや「一番くじ」などの各種派生商品に加え、主題歌オープニングにOfficial髭男dism「ミックスナッツ」、エンデイングには星野源「喜劇」といった大物アーティストを起用した。

 5月に発表された舞台化決定も驚かされた。アニメと舞台化を同時に展開するのは、最新のメディアミックスとしていまや定着しつつあるが、本作は帝国劇場で東宝が上演。東宝の主力劇場での舞台化という点だけでも相当力が入っており、さらにアニメ化と連動させるとなるとかなりの調整が必要だったはずだ。そもそも放送開始のかなり前からアニメが話題になることを見越していなければノレない案件だ。東宝は製作委員会の主要メンバーだが、ここからも『SPY×FAMILY』で大きな勝負に打って出たことが分かる。

 製作サイドの力の入れようは、東宝に限らない。テレビ放送の中心となるテレビ東京も同じである。今年3月のテレビ東京の社長会見で、『SPY×FAMILY』について面白いやりとりがあった。

 同アニメ放送に先立ち、渋谷・スクランブル交差点の街頭ビジョンで展開されたジャック広告についての質疑だ。「テレビ東京はPRを大変慎ましくやっているイメージがあったが?」との質問に対し、石川一郎社長が「テレビ東京のこれまでのプロモーションからすると、コストは相当突出しています」と答えたのだ。破格の広告出稿は作品への期待とビジネスの大きさを示している。


■最初から大ヒットを狙っていた?


 テレビ東京の同アニメの放送時間枠が毎週土曜日の夜23時であることにも注目したい。週末の土曜夜は、多くの人がゆっくりと視聴できる時間帯で、期待作に相応しい。

 しかし同時間は、アニメ番組に限るとあまり一般的でない。アニメはキッズ向けとヤングアダルト向けでジャンルが大きく2つに分かれ、それに応じて放送時間枠も決まる。キッズアニメであれば夕方か週末の朝、ヤングアダルト向けであれば深夜24時やさらに遅い時間帯だ。

『SPY×FAMILY』の放送にあたり、テレビ東京は土曜夜の人気の時間帯に新しいアニメ放送枠を新設したことになる。そこからは深夜アニメでも、キッズ向けでもない、大人の一般層をターゲットにしていることが分かる。

 つまり同アニメのヒットの最大の理由は、当初からこの「一般大人層」をターゲットに狙いを定めて戦略を立てたことにあるのではないか。ここ1〜2年、『鬼滅の刃』(第1期)や『呪術廻戦』といった深夜アニメがサプライズ・ヒットを飛ばし、一般層の支持まで獲得する作品が続いた。

 先行する成功事例に学び、企画のスタート時から一般層をターゲットにした国民的人気アニメを目指す。そのための大きな枠組みと大仕掛けのビジネスを描く。そして『SPY×FAMILY』には、それを実現するのに十分なストーリーとキャラクターが用意されていた。

『SPY×FAMILY』の大ヒットの理由とは“大ヒットを最初から狙った”こと。入念なプランを描き、それを見事に結実させたこと――。アニメ『SPY×FAMILY』の凄さは、そこにあると考えられる。

数土直志(すど・ただし)
ジャーナリスト。メキシコ生まれ、横浜育ち。アニメーションを中心に国内外のエンターテインメント産業に関する取材・報道・執筆を行う。大手証券会社を経て、2002年にアニメーションの最新情報を届けるウェブサイト「アニメ!アニメ!」を設立。また2009年にはアニメーションビジネス情報の「アニメ!アニメ!ビズ」を立ち上げ、編集長を務める。2012年、運営サイトを(株)イードに譲渡。2016年7月に「アニメ!アニメ!」を離れ、独立。

デイリー新潮編集部

関連記事(外部サイト)