山下智久「正直不動産」はドラマ界のトレンドを変えられるか

山下智久「正直不動産」はドラマ界のトレンドを変えられるか

山下智久

 山下智久(37)が主演しているNHKの連続ドラマ「正直不動産」(火曜午後10時)が評判高い。おそらく話題性も観る側の満足度も4月期ドラマの中でナンバーワンだろう。ドラマ界の潮流を変える可能性すらある。

「正直不動産」はコミカル味がコーティングしてあるが、本質は硬派作品。観る側に「働くこと」と「生きること」の意味を考えさせる。

 目頭が熱くなるシーンも多い。感動を与えてくれる。観終えた後は爽快な気分になる。これが評判高い理由にほかならない。

 観る側はドラマにさまざまな内容を求めている。考察やラブロマンス、笑い、スリル、メッセージ、感動などだが、うちメッセージと感動は近年、おきざりにされてきた。また観る側に自分に関わりのあることを考えさせる作品は絶滅状態に近い。

 こういったドラマから失われつつあるものが、「正直不動産」にはある。だから新鮮であるうえ、出演陣の演技や映像処理、小田和正(74)によるエンディングテーマソング「so far so good」が出色なので、満足度が高い。

 不動産会社の騙しの手口も分かる。不動産業界が大口スポンサーである民放では描けない深部にまで踏み込んでいる。民放が大量にCMを流しているアパートなとのサブリースのリスクが代表例である。第1話で分かりやすく説明された。

 第7話で扱われたリバースモーゲージのデメリットも民放では盛りこむのが難しいに違いない。やはり大口スポンサーである銀行業界が力を入れている商品だからである。

 とはいえ、このドラマの最大の売りはメッセージと感動、さらに考えさせることである。テレビ局の連続ドラマ枠は現在、プライムタイム(午後7時〜同11時)に17もあるが、ほかにメッセージと感動があり、自分に関わりのあることを考えさせる作品はあるだろうか。


■なぜ「考えさせない」ドラマが主流になったのか


 さまざまな作風のドラマがあるのが観る側にとって理想であるものの、各局が談合しているわけではないので、そうはいかない。どうしても偏る。

 TBS「逃げるは恥だが役に立つ」(2016年)や同「恋はつづくよどこまでも」(2020年)が高視聴率を記録すると、他局もラブコメに力を入れる。日本テレビ「あなたの番です」(2019年)が当たると、今度は考察モノが増える。

 民放は視聴率獲得が第一目的なので、やむを得ない面もある。NHKも半ば強制的に徴収する受信料で運営しているのだから、誰も観ないドラマをつくるわけにはいかない。

 半面、観る側にとって視聴率は目安の1つに過ぎない。全く関心のない人も多いはず。観る側にとって重要なのはドラマの質。ここにテレビ局側と視聴者側の埋めがたい深い溝がある。

 近年は高視聴率を記録しても、記憶に残らないドラマが増えた。メッセージがすっぽりと抜け落ちている上、感動もなく、考えさせないドラマが大半になったからである。その傾向は2010年を過ぎたころから始まった。

 なぜ、メッセージも感動もなく、考えさせないドラマが主流になったのか。答えは単純明快。そういったドラマは評価は高くても視聴率が獲りにくいからだ。

 例えば昨年1月期に放送された長瀬智也(43)主演の「俺の家の話」(TBS)はギャラクシー賞優秀賞を得て、磯山晶プロデューサー(54)は芸術選奨文部科学大臣賞を受賞した。やはりコミカルな味付けがしてあったが、親子や家族、生き方を考えさせる骨太のドラマだった。「刺さる」と評判になった。

 けれど全10話の視聴率は世帯が9.2%で個人は5.3%。平凡だった。これでは視聴率を第一目的とするテレビ局としては同様の作品づくりに積極的にならない。

 昨年4月期に放送され、松たか子(44)が主演した「大豆田とわ子と三人の元夫」(関西テレビ制作、フジ系)もギャラクシー賞優秀賞を獲り、文化庁芸術祭優秀賞を得たものの、全10話の平均視聴率は世帯5.7%、個人3.2%だった。

 このドラマも結婚や恋愛、友情、生き方について考えさせた。熱狂的なファンを生んだ。だが、やはり視聴率至上主義のテレビ局としては同系統の作品の制作には二の足を踏む。

「正直不動産」の場合、5月17日放送の第7話までの平均値は世帯5.6%、個人2.9%。やはり視聴率と評価が一致していない。

 いつから評価が高くても考えさせるドラマは視聴率が獲れなくなったのだろう。


■潮流を変えた「家政婦のミタ」「半沢直樹」


 2009年度のギャラクシー賞マイベストTV賞グランプリはTBS「JIN―仁―」。全話平均世帯視聴率も19.0%と高かった(2020年3月までは世帯視聴率が一般的な指標)。視聴率と評価が一致していた。

 2010年度の同賞はフジ「フリーター、家を買う。」。全話平均世帯視聴率も17.1%とやはり高かった。2つのドラマにはともにメッセージ性があり、観る側に生き方を考えさせた。

 翌2011年と2013年、ドラマ界の潮流を激変させるモンスターのような作品が登場する。日本テレビ「家政婦のミタ」とTBS「半沢直樹」である。全話平均世帯視聴率は24.7%と29.%だった。

 視聴率を獲るという民放の第一目的を達成するには完璧なドラマだった。面白かった。

 この流れをドラマ制作者たちが追おうとするのは仕方がないことだった。大ヒット商品の出現によって業界全体が変わるのは車や家電などと同じである。

 全く違うように見える両ドラマにはいくつかの共通点があった。「ハラハラ、ドキドキの展開で、片時も飽きさせない」「仕掛けがふんだんに盛り込まれており、次回が気になって仕方がない」「メッセージ性はほとんどなく、自分自身について考えさせることもない」。

 ほかのドラマまでハラハラ、ドキドキ路線が目立つようになり、メッセージや考えさせることがおざなりになった。観る側もそれに慣れた。メッセージがあったり、考えさせたりするドラマを鬱陶しく感じる人も増えたのではないだろうか。

「家政婦のミタ」はナゾの家政婦の主人公・三田灯(松嶋菜々子)の過去と未来を観る側に読ませた。「半沢直樹」は主人公の敏腕バンカー・半沢直樹(堺雅人)にとってのラスボスを推理させた。ミステリーではないにも関わらず、考察が盛り込まれており、斬新だった。

 この2つのドラマが当たったころから考察モノや考察を盛りこむドラマが増えていった。ラブコメだってそう。わざわざヒロインの恋人候補を2人も3人も用意し、どちらと結ばれるかを考察させるようになった。ほかにドラマ界の柱になっているのは刑事モノくらいだから、メッセージは消え、考えさせることもなくなった。

 視聴者側はドラマ界が「さまざまなジャンルの本を揃えた総合書店」であることを望んでいるはずだが、実際には「限られた本しかない不便な書店」と化している。

 もっとも、「家政婦のミタ」と「半沢直樹」がドラマ界の流れを変えたのと同じく、「正直不動産」も潮流を変化させる可能性がある。視聴率はともかく、4月期のドラマの中で、SNSやネットで最も話題になったのは「正直不動産」に違いないのだから。

 ドラマ制作者も記事やSNSは大いに気にする。特に自分の番組に関わることは全員が気にすると言っていい。ある演出家から言われた「的外れな批判をされたら絶対に忘れない」という強い言葉が印象深い。当然、視聴者ニーズが変わってきていることにも気づく。

 また、動画配信のウエイトが徐々に高まっていることもドラマ界の流れを変える要因になるのは間違いない。考察モノ、ラブコメ、刑事モノだけが柱ではNetflixなどのオリジナル作品や海外ドラマ、映画にとても太刀打ちできない。

 動画配信時代となったら、感動とメッセージ性があり、考えさせるドラマも求められるはず。それを求めている人も確実にいるのだから。少なくとも現在の品揃えでは動画配信時代を乗り越えられない。「正直不動産」の好評がドラマ界を変える可能性がある。

高堀冬彦(たかほり・ふゆひこ)
放送コラムニスト、ジャーナリスト。大学時代は放送局の学生AD。1990年のスポーツニッポン新聞社入社後は放送記者クラブに所属し、文化社会部記者と同専門委員として放送界のニュース全般やドラマレビュー、各局関係者や出演者のインタビューを書く。2010年の退社後は毎日新聞出版社「サンデー毎日」の編集次長などを務め、2019年に独立。

デイリー新潮編集部

関連記事(外部サイト)