〈ちむどんどん〉東京編もパッとせず…賢秀は愛されないただのダメ男ではないか

〈ちむどんどん〉東京編もパッとせず…賢秀は愛されないただのダメ男ではないか

賢秀を演じる竜星涼

 NHK連続テレビ小説「ちむどんどん」は5月16日放送の第26話から東京編に入ったが、いまだ評判は高まらず、視聴率も上昇しない。期待の中で始まりながら、どうして隘路に迷い込んでしまったのだろう。

「ちむどんどん」は放送開始前、沖縄本土復帰50年に合わせた朝ドラで、4兄妹の50年の歩みを描くと説明されていた。期待した人は多いはず。

 また、「時代を超えどんな逆境の中でも、世界でいちばん美しいもの――それは家族です」と、謳われていた。どんな家族が描かれるのかも楽しみだった。

 ところが、ヒロイン・比嘉暢子(黒島結菜、25)の兄・賢秀(竜星涼、29)が並外れたダメ男で、態度が一向にあらたまらないから、一家は苦労続き。この物語を目の前に出されて、「世界でいちばん美しいのは家族です」と、言われても困ってしまう。

 観る側が愛せるダメ男もいる。例えば日本テレビ「俺の話は長い」(2019年)で生田斗真(37)が演じたニートの満である。満はやさしく、家族思いである上、目立った迷惑はかけなかった。

 一方、賢秀は愛するのが難しい。子供のころから3人の妹より自分が優先。通貨交換詐欺に遭い、一家の借金を増やそうが、反省の色なし。上京し、プロボクサーになり、60万円送金してきたものの、それも借金。ええかっこしいでもある。おまけに2試合目でリングから逃げ出し、ボクシングも辞めてしまった。

 暢子と横浜市鶴見区にあるリトル沖縄で再会すると、「暢子のためなら、なんだってやる」と豪語。もはや観る側は信用していなかったが、案の定、暢子のカネを持って逃げた。

 どこへ行くのかと思ったら、公営ギャンブル。負けてしまったものの、ガッカリせず、怒っていた。おそらく賢秀シンキングでは「オレが悪いんじゃない、勝たせないギャンブルが悪い」となるのだろう。

 もちろん、賢秀は架空の人物だから、責められない。演じている竜星涼にも非は一切ない。制作側のキャラクター設定に問題があると思わざるを得ない。

 端役なら愛せないキャラも分かるが、賢秀は主要登場人物の1人。なぜ、こんなキャラにしたのだろう。斬新な朝ドラにしようと考えるあまり、奇をてらいすぎたのではないか。


■「モネ」以降、”呪縛”から解き放たれた


「時報代わり」とも言われていた朝ドラが目に見えて変わったのは前々作の「おかえりモネ」(2021年度前期)から。内容の自由度が高まった。

「モネ」の放送開始直後の昨年5月、NHK副会長で放送総局長の正籬聡氏が会見で、「最近はタイムシフトでご覧になられる方、見逃し配信で見ていただく方も増えている」と語り、リアルタイムで視聴してもらうことに拘らないことを表明した。同時期、現場のディレクターも「リアルタイム視聴でなくても構わない」と言い始めた。

 制作者がリアルタイムで観てもらうことを意識しないで済むようになると、朝ドラは大きく変わる。それまでは長らく世帯視聴率で20%が合格ラインとされていたから、どうしても「時報代わり組」も「ながら視聴組」も取り込まなくてはならなかった。分かりやすいストーリーが求められた。

 リアルタイム視聴の呪縛から解き放たれた「おかえりモネ」はやや難解な作品にすることが可能になった。説明調のナレーションは極端に少なく、観る側に表情やセリフの意味を考えさせるシーンが多かった。

 前作「カムカムエヴリバディ」(2021年度後期)がもっと複雑だったのはご記憶の通り。いたるところに先々のストーリーにつながる布石が打たれていたから、「時報代わり」「ながら視聴」はとても無理だった。

 この2つの朝ドラは作風こそ違うが、「斬新」という共通点があった。「ちむどんどん」も朝ドラに新しい風を吹き込みたいのだろう。

 その点、賢秀という設定もある種、斬新ではある。これまでの朝ドラの主要登場人物はほぼ例外なく好人物で、賢秀ほどのダメ男はいなかったのだから。ただし、観ていて気分の良い新しさではない。

 制作者側がその時期をいつにするつもりなのかは分からないが、賢秀は立ち直るに違いない。そうしないと「お母ちゃんとみんな、頼むよ」と賢秀に言い残して逝った父・賢三(大森南朋、50)が浮かばれない。観る側も後味があまりに悪い。だが、遅すぎたかも知れない。これから観る側の共感を得るのは難しいはずだ。


■ヒロインの描き方も…


 残念ながら、暢子も共感しにくい。ヒロインだから、これは痛い。ドラマは主人公に感情移入できたら、ある程度のストーリーの矛盾やほころびは気にならなくなる。そもそもドラマはみんなウソであり、矛盾とほころびだらけなのだ。

 例えば「カムカムエヴリバディ」の2番目のヒロイン・るい(深津絵里、49)は住むところも働き先も決まらぬまま、岡山から大阪に出て、ホテルの採用試験を途中で辞退し、ばったり出会った竹村平助(村田雄浩、62)が営む「竹村クリーニング店」で働き始める。住み込みだ。

 るいの無計画は問題にされなかった。また住み込みの場合は防犯面の問題もあるから、実家の雉真家に照会の連絡をするはずなのだが、平助はしていない。これも観る側は問わなかった。

 初対面で保証人もいない人間を住み込みで雇うというという行為は考えられない。商家の人なら分かるはず。ところが、るいや平助ら登場人物に共感できるから、そんなことは気にならなかったのである。

 暢子はるいと同じ立場。勤め先も住むところも決まらぬまま上京した。ところがキャラ設定のチューニングがうまくいっていないから共感しにくく、「無謀な上京」に見えてしまう。

 比嘉家の次女である暢子のイメージはお調子者で強情、自己主張が強い。長女の良子(川口春奈、27)は努力家でしっかり者、献身的。3女の歌子(上白石萌歌、22)は繊細で内向的だが、芯は強い。チューニングが不調ということもあり、暢子のキャラ設定が最も損をしている気がする。

 第26話。暢子は憧れの東京に出てきた。本人が強く望み、母・優子(仲間由紀恵、42)が後押しした。それなのに上京当日、東京・銀座で「山が見えない、海も畑も。こんなとこ住めない。やんばる(山原村)帰る〜」と叫んだ。情報収集不足だし、ちょっと早過ぎないだろうか。そう思えてしまうのもキャラ設定のしくじりからだ。

 大学生になった幼なじみ・前田早苗(高田夏帆、25)の好意で入ったイタリアン・レストラン「アッラ・フォンターナ」での一幕も暢子の共感度を下げただけではないか。二ツ橋光二(高嶋政伸、55)に向かって「これ何?」と聞いたのにはクビを傾げざるを得なかった。微笑ましさを狙ったのかも知れないが、そうなっていない。こんなシーンが必要だったのだろうか。

 第27話。賢秀を探しに行った鶴見区で雨宿りをしていると、三線の音が聴こえてきたので、沖縄県人会会長・平良三郎(片岡鶴太郎、67)の家の戸をガラガラと開けた。共感できるヒロインなら「物怖じしない」で済むのだが、そうでないので、申し訳ないが、「不作法」に映ってしまう。

 賢三は暢子に対し、「そのままでいい」と言っていた。暢子はずっとこのままなのだろうか。言うまでもなく黒島結菜のせいではない。ドラマは「1に脚本、2に役者、3に演出」なのだから。

 もちろん、この先の楽しみもある。第一に賢三の過去。三郎は暢子から賢三の名前を聞いた途端、目の色が変わった。ひとかどならぬ縁があるはずだ。

 暢子が勤めることになった「アッラ・フォンターナ」のオーナー・大城房子(原田美枝子、63)も、三郎からの紹介状でそれを知ると、「まさか」と絶句した。

 鶴見区には京浜工業地帯があるため、大正末期から沖縄県人が住み始めたが、本土復帰前には決して許されない差別があった。このため、沖縄県出身者同士で支え合わなくてはならず、強固な結びつきを持つ県人会が1953年に生まれた。「リトル沖縄(沖縄タウン)」も出来た。そこで若き日の賢三は何をしたのか。どうして沖縄に帰ったのか。興味がかき立てられる

 このテーマなら面白くなるはずなのだ。沖縄本土復帰50年自体がドラマなのだから。県紙の「琉球新報」と「沖縄タイムス」も連日のように関連記事を載せ、応援している。今後に注目したい。

高堀冬彦(たかほり・ふゆひこ)
放送コラムニスト、ジャーナリスト。大学時代は放送局の学生AD。1990年のスポーツニッポン新聞社入社後は放送記者クラブに所属し、文化社会部記者と同専門委員として放送界のニュース全般やドラマレビュー、各局関係者や出演者のインタビューを書く。2010年の退社後は毎日新聞出版社「サンデー毎日」の編集次長などを務め、2019年に独立。

デイリー新潮編集部

関連記事(外部サイト)