「過度な自粛こそがリスクだ」 音楽フェス主催者が語る「こんなご時世に佐賀・唐津でフェスをやる理由」

「過度な自粛こそがリスクだ」 音楽フェス主催者が語る「こんなご時世に佐賀・唐津でフェスをやる理由」

風光明媚な現地(「Karatsu Seaside Camp 2022 in 玄界灘」の公式HPより)

■愛知から「出禁」に


 5月28日と29日、佐賀県唐津市鎮西町の波戸岬で、キャンプと音楽フェスが融合した「Karatsu Seaside Camp 2022 in 玄界灘」(以下「KSC」)が開催される。音楽ステージは“岬のステージ”と“砂浜のステージ”に分かれており、いずれも玄界灘の絶景を見ながら音楽とキャンプを楽しめる。出演するアーティストはかなり豪華で、奥田民生、氣志團、トータス松本、真心ブラザーズ(スペシャルゲストに元チャットモンチー・橋本絵莉子)、SHISHAMOら15組。(チケットは現在発売中)。コロナ禍を経て、音楽フェスはどうなっていくのか。KSCについて、佐賀在住のネットニュース編集者・中川淳一郎氏が取材した特別レポートをお届けする。

 ***

 音楽フェスといえば、新型コロナウイルス発生以降、常に「悪者」扱いされてきた。元を辿れば2020年2月、大阪のライブハウスで開催された音楽ライブでクラスターが発生したことから「音楽イベントは“密”」「音楽イベントに行くような人間はハメを外し大声で騒ぐ」といった印象が生まれた。

 そうしたことから音楽フェスもクラスターの発生源になるといった偏見を持たれるようになっていく。特に話題となったのは、愛知県常滑市で2021年8月29日に行われた8000人規模のフェス「NAMIMONOGATARI 2021」だ。マスクをしない客がいたり、ソーシャルディスタンスが徹底されていなかったりで、酒も販売されたことから県のガイドライン違反をしたことが明らかになり、大村秀章知事が激怒。愛知から同イベントは「出禁」になった。


■真木蔵人のMC


 同イベントについては、出演したミュージシャンがその後の公演を延期するなどの余波があった。ガイドラインを重視していない非常識かつ人命を尊重しないイベントに参加したという批判を浴びたことから、大事を取ったわけだ。そして同フェスでは、MCの真木蔵人がマスクをしない観客に注意を与えた件については絶賛された。以下は、J-CASTニュースのタイトルだ。

〈ルール無視の密フェス観客に、真木蔵人ブチギレ説教 「マスクぐらいしてやってくれよ!」動画拡散〉

 もう一つ話題となったフェスが、2021年8月に茨城県で開催される予定だった国内最大級の野外音楽イベント「ロック・イン・ジャパン・フェスティバル」(以下、ロック・イン・ジャパン)だ。2019年は5日間で33万7421人が参加した。主催者はステージ数を減らすほか、観客数を減らす措置を取った。しかし開催直前の7月、新型コロナウイルス感染拡大を懸念する茨城県医師会が主催者の一つである地元FM局に中止要請書を手渡し。医師会のHPにもその時の写真を公開した。結果、同フェスの主催者・ロッキング・オン・ジャパン代表取締役の渋谷陽一氏は開催を断念し、2022年以降は千葉県で実施することを発表した。


■「いつかまた茨城で」発言の波紋


 ロック・イン・ジャパンの中止に影響を与え、茨城から千葉へ大規模な経済効果を移転させるきっかけとなった茨城県医師会の鈴木邦彦会長は「いつかまた茨城で」と発言して、ネットでは批判が殺到した。

 そんな中、開催されるのが唐津のフェス「KSC」だが、「唐津で1万人ロックフェスをやりたい」という野望を持ち、峰達郎・唐津市長を含めた関係者に熱心に訴え、消防士から観光課へと異例の異動をした市職員の山口剛氏の構想がベースにある。

「僕はあくまでも『唐津で1万人ロックフェスをやりたい!』と考え、映画の『フィルムコミッション』的に自治体が制作者を支援する『ミュージックコミッション』を思いつきました。何しろ市にはフェスを運営するノウハウはないですが、各種手続き等が本業ですからね。ミュージックコミッションの“先輩”である京都府の舞鶴市を訪れ、その取り組みを聞き、報告書を出してしばらくした時に橋村社長が市役所に現れたのです」

 ここで登場する「橋村社長」とは、KSCの発起人で主催メンバーでもあるVILLAGE INC.社長の橋村和徳氏。キャンプイベントのプロであり、唐津出身で地元の発展に取り組む。同氏は、今回のフェスにおいては「基本的な感染対策はする」と述べたうえで、よく言われる「こんなご時世」に多くの人が集まり熱狂するフェスをする理由を語る。


■「こんなご時世だからこそ」


「こんなご時世だからこそが大きかったと思っています。音楽業界といったエンターテインメント業界がこのコロナ禍において最も疲弊した業界の一つとされていますが、実は地方経済も同様ないしそれ以上に大きく疲弊していました」

 東京や大阪といった大都市は商業施設や飲食店は盛況だが、地方はそうではない。コロナ禍の中、橋村氏の出身地である唐津市も同様だ。元々は賑わっていた街の中心街もシャッターが下ろされている。だからこそ、橋村氏はこの状態に危惧を抱き、こう述べる。

「大都市を中心とする活動が制限され立ち止まってしまった音楽業界とリスクの低い大自然の中での活動をフィーチャーされた地方の環境と、自分らの街をどうにかしたいという地域コミュニティの熱量、コロナ禍に置いてこの三者の出会いは必然だったと思っています。まさにピンチはチャンスということで、新しい祭り=音楽フェスが音楽業界−地域経済−地域資産をつなぐ装置になると熱く語ったのが官民問わず共感を頂き、リスクを最小限に抑え開催しようという機運を醸成できたのが大きかったと思っています」


■タブーとなった「音楽フェス」


 感染対策については、「基本的なものはやる」という判断だろう。一方、昨年のNAMIMONOGATARIについては「マスクをしない客がいた」などと大ブーイングに遭ったが、これについてはどう考えているのか。今の時期の音楽フェスについては、最大の懸念である。

「推奨される対策、つまり入場時には検温、消毒、マスクの着用は義務づけ、野外とはいえ声援をあげないといった会場内でのマナーもお願いすることで万全な状況で実施できると思っておりました。何より過度に自粛することの方がリスクだと、官民問わず合意できたことが大きかったと思っています。何もしない、未来を描かないことのほうがリスクだと皆の認識が一致した次第です。結果的に野外で一定距離を確保できればマスクを外すことが推奨されるなど流れは変わってきているのが事実です」

 前述の通り、ロック・イン・ジャパンが2021年に茨城県の医師会の反対により中止に追い込まれたことからもわかるように、地方では「音楽フェス」というキーワード自体が禁忌の如き状態になっていた。元々「遠くから大勢がやってきてやかましい」といった批判は大規模イベントには付き物だが、2020年以降は、都会から地方へ人が移動することは恐怖の対象になってきたのだ。

 今回、実施に至るまで、どの範囲の関係各者の合意を得たのか。また、反対意見にはどのようなものがあったのか。


■1年前倒しの開催のワケ


「上述の通り、自治体も民間も地域住民もほぼ全員と言っていいほどの合意を得ています。これはそのために何度も説明会を開くなど丁寧に対話を積み重ねた結果だと思っています。実は当初、来年・2023年に向けてプロジェクトを開始したのですが僕らが思っていた以上に地域の皆様の熱量が強くて1年前倒しの開催となりました。それによって慌てて2月の開催発表となったために十分な準備時間が取れていないので反対意見というより、むしろ出店、支援などの準備期間がなさすぎとのお叱りを受けている次第です」

 今回運営に携わるのは162人のボランティアスタッフ。唐津の音楽事情やライブハウス事情に詳しく、自身も「叫人フェス」を運営する山崎幸治氏もボランティアのメンバーだ。KSCの構想が発表された時は大喜びした。

「唐津の音楽シーンに革命が起こると感じましたね。唐津のイベントの歴史上、これほど
 知名度の高いアーティストさんが集結した事は無いとの事ですからね。私は全国各地から参加して頂くボランティアの方々が、円滑かつ楽しく業務を実行してもらえるように準備を整えるチームに属しています」


■イベント叩きの負の連鎖


 当然ボランティアも感染対策については指導を受けているが、果たしてフェスはこれからどうなるか。KSCは唐津に何をもたらすのか。山崎氏はこう語る。

「KSCが今年のみの開催であるか、毎年開催されるようになるのかで大きく違ってくると思います。当然、地元では『毎年開催して欲しい』と思っていらっしゃる方々が多いです。将来KSCが定着したら、KSCを楽しむ1泊2日だけでなく、唐津に2泊、3泊される方も増える事は容易に想像されますから、観光地、飲食店など多くの人々に恩恵がもたらされることになりますね。

 KSCが長く続く事は、さほど困難な事ではないと思ってます。『唐津は魅力的な町』です。しかしながら魅力的な町という事を心底実感する人は唐津にずっと住んでる人以外の人です。初開催であるKSCですから初めて唐津に来る人も多いでしょう。その多くの方達は唐津そのものを好きになってもらえると思います。お客さんも、出演されるアーティストもスタッフの皆様達も、我々は歓迎とおもてなしの気持ちを持ってお迎えします。『また来年も来たい』『また来年も来て欲しい』そんな双方の想いが生まれたら『継続していくしかないんじゃないかな』って思います。楽しい事に対して積極的に行動できる方達が集結する28日29日です。そんな人達に接する事が出来る環境にある事をとても幸運に思います」

 これまで「東京五輪を開催すると人が死ぬ」「だんじりをするとクラスターが発生する」などと散々大規模イベントは批判を浴びてきた。そして実際に終了してみるとクラスターは発生せず、人々は次のイベント叩きに移っていった。そんな風潮がなくなるよう前出の山口氏・橋村氏・山崎氏は期待をしている。

中川淳一郎
1973(昭和48)年東京都生まれ。ネットニュース編集者。博報堂で企業のPR業務に携わり、2001年に退社。雑誌のライター、「TVブロス」編集者等を経て現在に至る。著書に『ウェブはバカと暇人のもの』『夢、死ね!』『バカざんまい』など。

デイリー新潮編集部

関連記事(外部サイト)