好調「金曜ロードショー」の裏で……人知れず「崖の上のポニョ」の不運

好調「金曜ロードショー」の裏で……人知れず「崖の上のポニョ」の不運

日本テレビ

 日本テレビの「金曜ロードショー」といえば、各局が映画の放送枠を撤廃する中、地上波のゴールデン・プライム帯で唯一、レギュラー放送し続ける映画枠だ。1972年にスタートした前番組「水曜ロードショー」から数えると、今年は放送50周年を迎える。確実に視聴率を取っているが、今月初め“ある難題”が持ち上がっていた。

 ***

 5月20日の「金曜ロードショー」では、「ショーシャンクの空に」が放送された。番組が視聴者のリクエストに応えたものだ。スティーヴン・キング原作のヒューマンドラマで、日本では1995年に公開された。今でもファンが多いことは言うまでもない。視聴率は8・8%(ビデオリサーチ調べ、関東地区・世帯:以下同)だった。30年近く前の作品で、これだけ視聴率が取れれば十分かもしれない。だが、その前週は、さらに古い映画だった。

 5月13日は「ローマの休日」。日本で公開されたのは1954年だから、68年前の映画である。各局で放送され続けてきた「ローマの休日」は、今回が実に14回目(日テレでは3回目)。それにもかかわらず、視聴率は9・8%と2桁に迫ったのだから大したものだ。日テレ関係者は言う。

「『ローマの休日』は日本では著作権も切れています。それで2桁近い数字を取ることができたのですから、ありがたい限りです。もちろん、ただ放送するだけでなく、今回は吹き替えの声優陣を刷新しました。オードリー・ヘプバーンのアン王女には、『鬼滅の刃』の“胡蝶しのぶ”を演じた早見沙織さん、グレゴリー・ペックの新聞記者には、現在の『ルパン三世』で“石川五ェ門”役の浪川大輔さんと言った具合です」

 新作の映画が作られ続けているのだから、旧作を放送していては間に合わないのではないか。


■キラーソフトが1桁に


「新作だからと言って、すぐに放送できるわけではありませんし、放映権にはお金も掛かる。洋画には吹き替えも必要ですし、新作なら数字が取れるというわけでもありません」

 そんな中、「金曜ロードショー」の強みと言えば、宮崎駿監督に代表されるジブリ作品の放送である。

「スタジオジブリの最新作が公開されたり、夏休みの時期になると、過去のジブリ作品を放送するのが恒例となっています。DVDが発売されているにもかかわらず、地上波の再放送で人気のコンテンツです。特に宮崎監督の作品は、公開から何年経っても確実に2桁視聴率が見込めるキラーソフト。日テレで『金曜ロードショー』という映画枠が生き残っている要因のひとつと言っていいでしょう」

 宮崎駿監督作品がこれまで日テレで放送された回数がスゴイ。最も多いのが「風の谷のナウシカ」(84年)で19回も放送されている。第2位は17回で、「ルパン三世 カリオストロの城」(79年)、「天空の城ラピュタ」(86年)、「となりのトトロ」(88年)の3作。これらの作品はいずれも、最近の放送でも視聴率2桁をキープしている。

 ところが、そんな宮崎アニメに異変が起きた。5月6日に放送された「崖の上のポニョ」が8・6%に終わったのだ。


■高橋側に断られた


「放送の約2週間前、4月23日に、北海道の知床半島で観光船の沈没事故が起こりました。『ポニョ』には津波シーンや船が沈む描写があるため、ネット上でも“不謹慎”という声が上がり、局にも“知床の水難事故を想起させる”“海が荒れて船が沈むなど子供が怖がるので、いま放送すべき映画ではない”といったクレームが寄せられました。知床の事故の影響もあって、チャンネルを変えた視聴者も多かった結果でしょう」

 日テレは観光船沈没事故を受け、5月1日に放送予定だったドラマ「金田一少年の事件簿」の第2話「聖恋島殺人事件 前編」を放送延期にしていた。では、なぜ「ポニョ」を延期しなかったのか?

「すでにネットニュースでも報じられていますが、5月6日はジブリ作品の『耳をすませば』(95年・近藤喜文監督)を放送する予定でした。この前週の『魔女の宅急便』(89年)と併せて、2週連続でジブリ作品を放送することは、事前に発表もしていました。ところが、4月6日に『ポニョ』に変更することを発表したんです」

 ネットでは「耳をすませば」で声優を務めた高橋一生(41)が、同時間帯のドラマ「インビジブル」(TBS)に出演しているので、裏被りだったためだと報じられている。

「結果としてはその通りなのですが、日テレは高橋の事務所に許可を求めたそうです。作品は20年以上前のもので、声優を務めたときはまだ声変わりもしていない頃ですからね。『インビジブル』で主演している現在の高橋と声だけの出演のアニメ映画とは、視聴者層も異なるので問題はないと考えたようです。しかし、事務所はOKを出さなかった。そこで急遽、作品を差し替えなければならなくなったのです」

 なぜ「ポニョ」だったのか。


■ジブリ放送の“裏ルール”


「日テレはスタジオジブリに対して、2週連続での放送を約束していたので、ジブリ以外の作品にすることはできなかったんです。そのため、ジブリの過去の作品で何が放送できるのかを検討に入ったのです」

「ナウシカ」でも「トトロ」でも良かったのではないか。

「実は、日テレにはジブリ作品を放送する際の“裏ルール”があるのです。それは、各作品ごとに少なくとも2年の再放送期間を空けるというものです」

 なぜそんな裏ルールができたのだろう。

「ジブリ作品が視聴者から飽きられないためです。かつては毎年放送した作品もありましたが、そのせいもありジブリ作品といえども視聴率は20%に届くことは少なくなりました。そこで近年では、基本的に2年空けるようにしているんです」

 それでも、定期的に放送し続けているジブリ作品に、2年以上空いている作品は少なかった。

「人気の宮崎監督の作品となると、『ポニョ』と『天空の城ラピュタ』しかありませんでした。そこで、もうひとつの“裏ルール”が持ち上がりました。宮崎作品はエンドロールも含め、基本的にノーカットでなければいけないのです」

「ポニョ」の上映時間は1時間41分、「ラピュタ」は2時間4分だ。

「CMを含めれば、どちらも『金曜ロードショー』の枠では収まりません。放送はゴールデンウィーク中の5月6日ですから、子供向けの『ポニョ』を選んだようです。ジブリ担当者は編成部を巻き込み、“ノーカット15分拡大”という特別編成のタイムテーブルに変更してもらったのです。前代未聞とも言える緊急差し替えの後に、知床の事故が起きた。さすがに、再度の差し替えはできなかったということです」

デイリー新潮編集部

関連記事(外部サイト)