才賀紀左衛門カップル、「モラハラ」すらネタに 世間を逆なでする炎上商法のしたたかさ

才賀紀左衛門カップル、「モラハラ」すらネタに 世間を逆なでする炎上商法のしたたかさ

才賀紀左衛門(本人のInstagramより)

 小林麻耶夫妻から炎上ブログのお株を奪った才賀紀左衛門カップル。才賀さんの奔放な物言いや女性関係は以前から注目を集めていたが、事実婚の相手である絵莉さんも妊娠を機にブログ開設を発表。互いのブログにリンクを貼り、サポートを募っていた。ただし才賀さんは「娘とベビーのために」と記しているが、絵莉さんは「赤子のもろもろに」と前妻のあびる優さんとの連れ子はスルー。すでに不穏な予感がするのは私だけだろうか。

 それにしても才賀さんへの風当たりは強い。きっかけは、絵莉さんの妊娠発覚時の「モラハラ」対応である。仕事を手伝ってもらおうと連絡したら体調が悪いと断られたが、彼女の態度にイラ立ち詰め寄ると、妊娠を告げられたという。具合の悪い相手へのいたわりもない上に、つわりに苦しむ彼女に「オーバーだと思う」と告げたことも明らかになり批判を浴びている。「絵莉と別れたいわーって思う事あったけど今の状況とか考えたら無理なんやろうなぁ〜」と意味深な投稿をしている画像も出回っており、どこまでも自分勝手で幼い言動が目立つ才賀さん。どんなに叩かれてもへこたれず、彼女との様子をあけすけに発信し続けている。

 彼の「俺通信」は今に始まったことではない。あびるさんとの離婚でも、彼女の夜遊びや酒癖がいかにひどいか暴露していた。シングルファーザーとなった境遇に、世間は同情していたものだ。しかし最近の様子を見ると、どっちもどっちだったのだろうと呆れられている。才賀さんの猛プッシュで結婚したのに浮気した上、絵莉さんとの出会いも離婚成立前だという。交際が始まったのは離婚後だと説明しているが、最初の結婚も彼の不倫で破綻したと言われているだけに、疑惑は尽きない。

 けれどもお騒がせな存在だからこそ、ネットニュースで重宝されるのも事実。ゴシップとバッシングを怖がる風潮の中で、稀有な存在である。いまは彼が記事を更新するたびメディアが取り上げ、才賀さんカップルの知名度もブログへのアクセス数も急上昇。好感度が下がるデメリットより、メリットが上回っている状態だろう。


■もはや格闘家よりもブロガー志向? キンタロー。に小林礼奈に華原朋美……アクセスを稼ぐのは「世間とズレた育児感覚の芸能人」


 才賀さんの本職は格闘家だが、2年前のK-1復帰後も戦績は芳しくなく、話題になるのは私生活ばかり。そもそもファイトマネーだけで食べていけるのはひと握りだ。王者クラスでようやく1試合100万円単位になるというが、多くは数万から数十万が相場とも聞く。一方、彼がせっせと更新するアメブロのアクセスランキング1位ともなれば、月収は100万円単位に跳ね上がる。同じくシングルファーザーの市川海老蔵さんはトップの常連だが、月収600万円近いとうわさされるほど。才賀さんも33歳になり、格闘家よりブロガーとしての安定収入を望んでいても不思議はない。炎上でも稼いだもん勝ちという気にもなるだろう。

 すでに彼らは、海老蔵さんに次ぐ位置にいる。才賀さんのモラハラ発言もそうだが、一般人とズレた感覚を出せば出すほど世間の注目が集まる。さらに育児ネタは、数々のタレントが炎上してきた「実績」がある。

 例えば娘さんがけがをして、預け先の対応にモヤモヤしたと書いたキンタロー。さん。子どもと訪れたラーメン店での「塩対応」をさらした小林礼奈さん。勘違いで高嶋ちさ子さんに「虐待された」と怒った華原朋美さん。我が子のこととなると感情をむき出しにして他者を攻撃するタレントたちの言動は、時として傲慢で世間知らずに映る。感覚のズレという点では、海老蔵さんも幼い娘に13万円もするブランドバッグを持たせて論議を呼んだ。

 才賀さんカップルも、火種になりそうな発言は多い。才賀さんは「男の子でよかった」とはしゃぎ、絵莉さんは報道での才賀さんの写真に「葬式か?(前の奥さんとの)結婚会見中にどんな顔してんの?」とか、前妻の娘が聞いたら顔を曇らせそうな投稿をアップ。フリーライターである絵莉さんはSEO(検索エンジン最適化)対策も勉強したとのことだが、確かに世間を逆なでして耳目を集める手腕はさすがといったところだ。


■アメブロは「離婚してからが本番」 カップルブログのリスクと才賀さんを待つ落とし穴


 しかし、アメブロ上位をキープしている面々には特殊な共通点がある。だいたひかるさん、あいのりの桃さん・クロさん、堀ちえみさんに松居一代さん……みなパワフルな女性であるだけでなく、離婚経験者である。

 主な読者層が30〜50代の女性だけに、夫との関係や子育ての悩み、婦人科系の病や親の介護についての記事には共感と注目が集まる。他者への攻撃は非難されるが、夫や家族への愚痴なら「わかるわかる」とコメント欄で言い合うような場面も見かける。

 つまりアメブロ上位になるには、家庭生活での不安な要素をさらけ出すことが必要なのだろう。毎日幸せです!伴侶に感謝!では、長く読者の共感をつかめない。すなわち、幸せバカップルブログ向きの媒体ではないということだ。むしろ別れてからが本番である。

 おそらく絵莉さんも、才賀さんのモラハラネタは使えると踏んでいるはず。非難を浴びた彼に対し、「わかったか紀左衛門」「世の女性みんな尊い」と、彼には同調しない姿勢を強調している。世間の声も届いているだろうし、この先こじれたら彼の不届きな振る舞いの数々をさらす可能性は大いにある。

 ただ、大人の間の不幸ネタで稼ぐのはまだいいとしても、あびるさんとの間に授かった娘さんは7歳とまだ多感な時期。彼女には最大限の配慮をしてあげてほしいと思うばかりだ。

冨士海ネコ

デイリー新潮編集部

関連記事(外部サイト)