今や俳優が本業の「板尾創路」 “孤高の天才”と呼ばれた男の意外な撮影風景

今や俳優が本業の「板尾創路」 “孤高の天才”と呼ばれた男の意外な撮影風景

板尾創路

 4月から放送されたドラマで、板尾創路(58)が出演した作品は何と3本を数えた。こうなると、肩書は「お笑い芸人」より「俳優」が似合う。実際、板尾自身も「お笑いには未練がない」と公言しているようだ。

 ***

 3作品を放送開始日の順でご紹介しよう。1作目は、フジテレビ系列で放送された「クロステイル〜探偵教室〜」(東海テレビ制作:4月9日〜5月28日)。人気俳優の鈴鹿央士(22)が主演。板尾は推理作家で鈴鹿の父という役を演じた。

 2作目は、WOWOWが放送した「WOWOWオリジナルドラマ ヒル」のシーズン2(4月15日〜5月20日)。こちらは闇組織のボスという役どころだ。

 3作目は、日本テレビ系列の「パンドラの果実〜科学犯罪捜査ファイル〜」(日本テレビ・Hulu制作:4月23日〜)。板尾は警察庁の刑事局長を演じた。

 推理作家、闇組織のボス、警察庁のエリート……と、役柄の広さが印象的だ。実際、ドラマや映画の撮影現場では重宝されているようだ。

 ウィキペディアの「板尾創路」を見てみると、過去に出演したテレビや配信のドラマは約90作、映画は約80作が列挙されている。

 加えて、映画監督としても3作品を撮った。そのうちの1本は、話題作の「火花」(2017年・東宝)だ。

 まさに“八面六臂の大活躍”だろう。なぜ、これほど「俳優・板尾創路」が人気なのか、民放キー局で番組制作に携わる関係者が言う。


■公式サイトの謎


「板尾さんは凡人から変人まで、何でも自由自在に演じます。その上で、“クセの強い悪人”という得意技も持っています。脇役としての存在感があり、あっという間に個性派俳優として人気者になりました。所属が吉本興行ですから営業力も強い。一つだけ舞台裏を明かすと、ギャラも意外に安い。今後も板尾さんの姿をドラマで見ることは多くなると思います」

 これほど脇役俳優として高く評価されているにもかかわらず、吉本興業の公式サイトでは依然として「お笑い芸人」のカテゴリーに入っている。

 サイトでは、お笑いコンビ「130R」のメンバーとして紹介され、相方のほんこん(58)と並んだ写真が掲載されている。

「確かに意外ですよね。例えば、旧芸名が『ほっしゃん。』の星田英利さん(50)も今は俳優がメインですし、吉本興業のサイトでも俳優として紹介されています。相方のほんこんさんも、ワイドショーのコメンテーターとして人気です。お互いにピンでやっていけるので、130Rとしての活動は少なくなっていく一方だと思うのですが……」(同・番組関係者)


■淫行容疑で逮捕


 週刊女性PRIMEは2018年11月、「板尾創路、お笑いに執着はなし『僕はもう未練はありません』」の記事を配信した。

 インタビュー記事の中で板尾は、お笑いとの“決別”を淡々と語っている。

《「もう僕らの時代ではないですよ。お笑いで昔できたことが今はできなくなっているので、若手は大変だなとは思います。僕はもう未練はありませんけどね」》

 ご記憶の方も多いだろうが、板尾は過去に複数回、“スキャンダル”が報じられた。担当記者が言う。

「1994年、当時14歳の少女と淫行をしたとして青少年保護条例違反容疑で逮捕され、罰金30万円の刑が科せられました。少女が18歳以上とウソをついていたことから同情論も出て、結局は長期の謹慎で決着しました。しかし、もし今の時代に同じことが起きたら、引退に追い込まれても不思議はないと思います」

 更に2017年11月にはFLASHがグラビアアイドルとの不倫疑惑を、20年2月には文春オンラインが一般女性の「体を触った」との告発を、それぞれ報じた。

「FLASHが記事を報じた際、板尾さんは監督作の『火花』が公開間近というタイミングでした。出演者には『暴行、窃盗、不倫』などの不祥事を起こさないよう諫めていたそうですが、監督自らが不倫報道を報じられるという“言動不一致”も話題を集めました」(同・記者)


■エビフライ伝説


 FLASHは、板尾とグラドルがラブホテルに3時間以上、滞在したことを確認していた。しかしグラドルは「部屋で映画を観ていただけです」と不倫を否定、板尾は「ご想像にお任せします」とはぐらかした。

 文春オンラインの報道も、板尾がTwitterのダイレクトメッセージを使ってナンパしていることが一部で注目を集めたが、世論が批判するようなことはなかった。

「スキャンダルが報じられても、いずれも致命傷にはならなかった。渡部建さん(49)や東出昌大さん(34)と比較すると、かなり珍しいことが分かります」(同・記者)

 かつて板尾は“孤高の天才”と呼ばれていた。要するに天然ボケなのだが、そのスケールが常人とは異なる。

「最も有名なのが、『エビフライ定食を頼んだのに、肝心のエビフライを残した』というエピソードです。ご本人も事実だと認めていますが、理由については『覚えていない』そうです。他にも9時間の生放送番組に出演していたにもかかわらず、途中で帰ってしまったことも知られています。こちらは相方のほんこんさんが、事実だと証言しました」(前出の番組関係者)


■世間話に興じる姿


 こういうキャラクターだと、たとえスキャンダルが報じられても世論は許してしまうのかもしれない。

「FLASHの記事が報じられた際、松本人志さん(58)が『ワイドナショー』(フジテレビ系列・日・10:00)で、『われわれとはちょっと次元が違うところにお住まいの方』と苦笑交じりにコメントして話題になりました。いずれにしても、板尾さんを“不思議にイメージダウンしない芸能人”と指摘することはできると思います」(同・番組関係者)

 そんな“孤高の天才”も、今は昔。ドラマの撮影現場ではチームワークを重んじ、スタッフからの評価も高いという。

「共演者とLINEを交換したり、家族とのエピソードを語ったり、『最近、忘れ物が多くなったなあ』などと、ざっくばらんに世間話に興じています。特に偉ぶる気配が全くないので、スタッフから信頼されています。ただ、俳優業が忙しくなりすぎて、セリフを覚えるのに苦労しているようです。演技を終えると、必ず監督に『今ので大丈夫でしたか?』と確認を求めています」(同・番組関係者)

 板尾は撮影現場で、俳優として普通に溶け込んでいる。そうしたことから「もしバラエティ番組に出るとしたら、ダウンタウンの特番ぐらいでしょう」(同・番組関係者)と言われているそうだ。

デイリー新潮編集部

関連記事(外部サイト)