4月期ドラマ「ベスト3」 それでも「マイファミリー」に感じた“2つの疑問”とは

4月期ドラマ「ベスト3」 それでも「マイファミリー」に感じた“2つの疑問”とは

山下智久

 プライム帯(午後7時〜同11時)に15本あった4月期ドラマがほぼ終わった。全体の特徴はミステリーの多さ。5作もあった。観る側が推理に参加できるミステリーは動画配信と相性が良い。動画配信事業に本腰を入れている各局の姿勢が表れた。15本の中からベスト3を選んでみたい。


■「正直不動産」(NHK)


 ドラマの良し悪しを決めるのは「1に脚本、2に役者、3に演出」。国内外を問わず、これを否定する制作者はいない。このドラマも脚本がしっかりしていた。

 書いたのは日本テレビ「ハコヅメ〜たたかう!交番女子〜」(2021年)と同じ根本ノンジ氏(53)。「ハコヅメ」も「正直不動産」もコミカル部分とシリアス部分のバランスが良く、業界知識が盛りこまれていたところが一緒だった。

 主人公は山下智久(37)が演じた「登坂不動産」の営業マン・永瀬財地。息を吐くようにウソをつく困った男で、客を騙して物件の売買や賃貸の契約を結んでいた。客を泣かせた分、売り上げはナンバーワン。高額の歩合給が目当てで働いていたのだ。

 ところが、祟りによってバカ正直になってしまったことから、苦難が続く。礼金ほしさに入居者を次々と追い出していたアパート経営者の松崎(宮川一朗太)は「このクソオーナー!」と面罵。利益至上主義の不動産オーナーのマダム(大地真央)には「そんなに金を稼ぎたいのなら、あの貸店舗で風俗でもやればいいじゃないですか」と言い放ってしまう。もちろん2人とも怒り心頭。永瀬はピンチに立たされ続けるものの、観る側には愉快だった。

 けれど徐々に正直であることがプラスになり始める。客に信頼されるようになった。それが少しずつ売り上げにも結びついていく。

 私生活も変わった。取引先の銀行員・榎本美波(泉里香)から「私と結婚を前提にお付き合いしてもらえませんか」と告げられる。永瀬の正直なところが美波を惹き付けた。

 正直が災いすることは多かったが、悪いことばかりではなかった。永瀬の日々はむしろウソつき時代より充実する。客に感謝されるようになったからだ。大人向けの寓話のようで示唆に富んでいた。

 また、名称は知っているものの、中身はよく分からなかった不動産用語もなんとなく理解できた。「サブリース(不動産会社がオーナーからアパートをまるごと借り上げ、それを入居者へ貸す形態)」などである。好奇心を満たしてくれるドラマでもあった。

 最終回、永瀬の祟りは神社での祈祷によって消える。永瀬は再びウソをつき始め、売り上げを急伸させた。だが、表情は冴えなかった。

「ひとつもうれしくない。むしろお客さまに対して、後ろめたさを感じる」(永瀬)

 結局、永瀬は自分の意思で正直に生きることを決める。カネのためではなく、客の幸せを願って働くことにした。

 観る側にも「どう生きるのか」「なぜ働くのか」を問い掛けるドラマだった。


■「マイファミリー」(TBS)


 このドラマの場合、良かったのは役者。主人公で「ハルカナ・オンライン・ゲームズ」CEOの鳴沢温人に扮した二宮和也(38)、その妻・未知留役の多部未華子(33)、この2人の親友・東堂樹生役の濱田岳(33)、同じく三輪碧役の賀来賢人(32)の演技が、それぞれ見応えがあった。さすがは30代の実力派たちだった。

 一方で脚本にはキズが目立った。あるTBSスタッフによると、序盤で視聴率がやや伸び悩んだため、脚本のテコ入れが行われたという。その分、無理が生じたのではないか。

 確かに4月24日放送の第3話の視聴率は世帯11.9%(個人7.1%)。5月1日放送の第4話は世帯11.0%(個人6.7%)。やや数字が低かった。その後は上昇カーブを描いた。

 二宮ら4人が際立った演技を見せたのは第8話。東堂の告白の場面である。

 東堂が鳴沢夫妻の娘・友果(大島美優)と三輪の娘・優月(山崎莉里那)の誘拐を打ち明けると、未知留は目に涙を浮かべながら東堂の頬を思いっきり平手で打った。信頼していた学生時代からの親友に裏切られたら、悔しくて、こうしたくなるだろう。リアルだった。

 三輪は憤り「警察に突き出そう。こんな奴の言うこと聞くことねぇだろう!」と叫んだ。一方、鳴沢は「東堂がなんでこんなになっちまったのか。オレはちゃんとコイツから聞きたい」と言った。演技が良いから、どちらの言葉にも説得力を感じた。

 矢面に立った東堂は憔悴しきった表情で真相を語り始めた。濱田も迫真の演技を見せた。

 この東堂の告白により、その娘・心春(野澤しおり)が5年前に誘拐された事件の詳細が明らかになる。東堂が友果をさらった動機もはっきりした。心春の事件について捜査を動かすためだった。

 ここに脚本のキズの1つがある。東堂は「このままじゃ報道協定の名の下に、事件があったことはもちろん、心春ちゃんと再び暮らす可能性まで葬り去られる」と思い、誘拐を思い立ったそうだが、あまりに現実離れしている。1年以上継続される報道協定などあり得ない。可能性はゼロだ。

 万一、警察側がそんな長期の報道協定を結ぼうとしても、記者クラブが絶対に受け入れない。協定はあくまで報道機関側の自主規制なのだ。

 報道協定は市民側の「知る権利」に関わるため、そもそも運用は慎重に行われる。誘拐事件の場合、人質の保護か死亡が確認されたら、すみやかに協定は解除される。また事件が長期化した場合、警察本部と記者クラブが随時、協定の扱いを協議する。警察が一方的に延長したり、放ったらかしにしたりするのは無理なのである。

 ちなみに過去の誘拐事件での報道協定で、最長期間は24日間。「名古屋市女子大生誘拐殺人事件」(1980年)の時だった。5年の期間は異様な設定であるのが分かる。

「ドラマだから、いいじゃないか」と言う人もいるだろう。だが、これはシリアスなミステリー。しかも報道協定は東堂の犯行動機の根幹に関わっていた。

「報道協定を打ち破るため、東堂は自ら動かざるを得なかった」。この大前提がなかったら、物語は最初から成立しない。それなのに報道協定の中身があり得ないものなのだから、いただけない。

 やはりクビを捻ったのは神奈川県警捜査一課長の吉乃栄太郎(富澤たけし)が心春を絶命させた傷害致死犯で、NEXホールディングスCEO・阿久津晃(松本幸四郎)の娘・実咲(凛美)を誘拐した犯人だったこと。

 世界的によく知られる「ノックスの十戒」というミステリーの鉄則がある。読者を欺かないためのルールだ。

 そこには「犯人は物語の当初に登場していなければならない」「事件は読者に提示していない手がかりによって解決してはならない」などと書かれている。

 さらに「探偵(捜査陣)が犯人であってはならない」ともある。探偵と捜査陣は読者や視聴者をリードし、一緒に事件の真相を解明する立場だからである。

 同じTBSの「インビジブル」も警視庁捜査1課長代理・猿渡紳一郎(桐谷健太)が事件の黒幕。TBSのミステリーは警察内部に第1容疑者がいると考えて観たほうが良いのか。

「マイファミリー」は吉乃が犯人と匂わせる場面がいくつか用意されていた。そのうちの1つは第5話にあった。吉乃が部下の刑事・葛城圭史(玉木宏)とともに阿久津家を訪れると、実咲は吉乃の顔を見て、目を見張った。のちに分かることだが、親友だった心春から、母親・亜希(珠城りょう)の不倫相手として吉乃の写真を見せられていたからだ。

 ここでも疑問が生じる。実咲は吉乃を見た直後、タブレット内に収めた心春の写真を見直した。その時、どうして父親の阿久津らに「あの人、知っている」と、吉乃のことを話さなかったのか?

 小学生だった5年前には心春から口止めされていたが、今は中学3年生。信用できぬ人物が警察内にいたら、それは親に伝えるべきだという判断力はあるはず。ドラマを盛り上げるため、不自然さに目をつむってしまった気がする。

 吉乃が犯人だと言い当てられた人は少なくないはずだが、動機まで読めた人がどれだけいただろう。犯人判明後、通常のミステリーなら「そうだったのか!」と納得したり、「やられた」と思ったりするが、このドラマにはそれがなかった。

 一方で観る側の「犯人と動機に近づきたい」という欲求を掻き立てるという点においてはすぐれたドラマだった。次回につなげるため、終盤に衝撃的な場面を配置する構成はうまかった。


■「パンドラの果実〜科学犯罪捜査ファイル〜」(日本テレビ)


 科学犯罪対策室の活躍を描く物語。毎回、SF的な事件が起こり、ディーン・フジオカ(41)扮する室長の小比類巻祐一や岸井ゆきの(30)演じる天才・最上友紀子博士、ユースケ・サンタマリア(51)演じる平凡な刑事・長谷部勉の3人が解決にあたる。

 最先端ロボットや死者のよみがえり、不老不死などがテーマとして扱われる。そう聞くと小難しいドラマのようだが、噛み砕いて説明してくれるので分かりやすい。

 小林武彦・東大定量生命科学研究所教授(48)や西山伸宏・東工大化学生命科学研究所教授(48)ら権威たちが監修しているから、物語の背骨もしっかりしている。

 事件モノなので死者が登場するものの、ほどほどに軽くつくられている。暗くない。そこがいい。脳内にマイクロチップを埋め込んだeスポーツ選手が無敵になるが、チップが発火してショック死したり、あまりにリアルなVR(仮想現実)ゲームに誘導されて飛び降り自死する人が出たり。

 岸井とユースケのキャラクターもドラマを明るくしている。最上博士が満面の笑みで長谷部をからかう場面はクスリとなる。

 毎回、コンパクトによくまとまっている。ボリューム不足感はないし、逆に冗長に思える部分もない。新しいタイプの作風であるところも買える。

高堀冬彦(たかほり・ふゆひこ)
放送コラムニスト、ジャーナリスト。大学時代は放送局の学生AD。1990年のスポーツニッポン新聞社入社後は放送記者クラブに所属し、文化社会部記者と同専門委員として放送界のニュース全般やドラマレビュー、各局関係者や出演者のインタビューを書く。2010年の退社後は毎日新聞出版社「サンデー毎日」の編集次長などを務め、2019年に独立。

デイリー新潮編集部

関連記事(外部サイト)