NHKが炎上する理由は「エリート意識の空回り」? なぜ時代錯誤な番組が出来上がるのか

NHKが炎上する理由は「エリート意識の空回り」? なぜ時代錯誤な番組が出来上がるのか

フワちゃん

「チコちゃんに叱られる!」でのマナー講師炎上事件に続き、今度はフワちゃんと大学教授が一触即発。NHKの教養番組、物議を醸す演出が続いている。

「鬼講師」を売りにするマナー講師が、女性スタッフを叱り飛ばして泣かせる演出で批判を浴びた「チコちゃん」。一方で講師はキャラを演じきっただけであり、素人を相手にさせたのが問題だったとの指摘もある。実際に江頭2:50さんとのYouTubeでは軽妙なかけ合いが成立しており、演出側の人選ミスとする流れのようだ。

 同じ轍は踏まないよう、今度はタレントと偉い人を戦わせる流れになったのが「太田光のつぶやき英語」。選ばれたのは、相手をキレさせて受けるのが得意なフワちゃんだった。しかし彼女はラジオで、番組に怒りをぶつけたのである。台本通りにやったにもかかわらず、立教大学名誉教授の鳥飼玖美子教授にブチ切れられたという。「フレンドリー英会話」という主旨のコーナーで、いつもの明るいノリで話しかけたら不穏な展開になってしまったそうだ。

 プロフェッサーという敬称がないと注意され、大学生という設定で学部を問われて答えるも、「そんな学部はない」と言われて会話が弾まない。お決まりの自撮りに持ち込めば、許可がないのに撮るなんてとけんもほろろ。見かねた爆笑問題・太田さんの乱入で何とか収まったとのことだった。

 自分のキャラと流れに教授が乗ってくれれば主旨に合う。フワちゃんはそう考えていたらしい。確かに「フレンドリー」と掲げた企画ならそうだろう。しかし教授側は、調子に乗っているフワちゃんをいさめる構図が面白いと思っていたふしがある。番組終了後に教授が謝ってきたというだけに、「ブチ切れ」も演出の範囲だったのではないか。だからフワちゃんは、流れを止めた教授ではなく番組スタッフに苦言を呈していた。ちゃんと説明しておいてもらえたら、みんな気を使わず済んだのにと。

 NHK側は、今回の件に関して特に釈明していない。どこまでが台本で、どこまでが自由演技だったのかも実際のところはわからない。ただ、破天荒キャラが持ち味のフワちゃんをして、「このままじゃ私が悪者になって損になる」とまで怒らせ、教授も戸惑っていたというのは、現場の仕切りが相当混乱していたのは確かだろう。


■「NHKだから」許せない? タレントにも視聴者にもある「特別な放送局」という意識から生まれる期待と反感


 地上波放送局の中で唯一受信料を徴収するNHK。それは良くも悪くも、特別な放送局という立ち位置をとる。NHKしか見ない、と絶対的な信頼を置く人がいる一方、見ない人間からも金をとる横暴な局、と批判する人もいる。NHK側だって、民放とは違う良さを見せるというプライドとプレッシャーはあるだろう。実際にホームページでは、「なぜ受信料を払わなくてはならないのか」という質問に対し、「『ためになる』『役に立つ』“NHKだからできる”放送に全力を」と記している。

 実際にNHKスペシャルなど、重厚なドキュメンタリーの評価は高い。ニュースも芸能ゴシップなどは扱わないし、女子アナだって落ち着きがある。大河や朝ドラは常に注目を集め、民放各社がマンガ原作ドラマに走る中、「17歳の帝国」や「恋せぬふたり」など、オリジナル脚本のドラマで今の空気を切り取るのも実にうまい。

 だからこそ、「チコちゃん」や「つぶやき英語」でのノリに違和感を覚えた人が多いのだろう。「NHKだからできる」どころか、「NHKなのに今どきキレ芸?」と。フワちゃんも、自分がやりこめられて大失敗という流れは民放なら構わないが、NHKの英語番組だったからダメだと思ったと明かしている。そしてどちらの番組も、常識に欠けた若い女性を、権威ある年上女性が難癖をつけて責めるという構図だった。NHKスタッフって、いじわるな演出に面白みを感じる時代錯誤な人たちなのね、という印象も与えたことだろう。しかもフワちゃんが表沙汰にしなければ、視聴者の怒りはマナー講師同様に鳥飼教授に向いた可能性は高い。後始末までタレントにさせたという点も、リスクマネジメントの手薄さがうかがえる。騒動で表面化した反感の大きさは、視聴者にもタレントにも深く根付いた「NHKだからちゃんとしているはず」という期待の大きさをも浮き彫りにしたのではないだろうか。


■「役に立つ」か「愛される」か 「みんなのNHK」という呪縛にひそむエリートゆえの空回り


 今やAmazon Prime VideoやNETFLIXといった有料コンテンツ市場は激化し、「お金を払うからにはそれなりのものが見られるはず」という見る側の目も肥えてきた。見なくても料金を取られるNHKへの風当たりが強まるのも仕方ない。

 もっとも、他の有料コンテンツは自分の好きな番組を選べるから支持されている側面はある。「あなたの放送局」であり、「みんなの放送局」を標榜するNHKとは立ち位置が違う。NHKが、より「お高く止まってる」と見えることはあるだろう。

「みんなの放送局」に含まれる意味は、「みんなの役に立つ」であり、「みんなに愛される」ことである。ただ今回は、「愛される」を狙いすぎたあまり、出演者をないがしろにしてスベッたというところだろう。それがエリートゆえの特権意識に見え、空回りに見え、嫌われる理由を自ら掘り起こしてしまった。実は出演者含めて「みんなの役に立つ」を貫いた方が、「みんなに愛される」近道だったという気がする。視聴者もタレントもNHKに対して気負いすぎなのかもしれないが、不幸にもいちばん「みんなの」の呪縛にとらわれているのはNHK自身ということなのだろう。

冨士海ネコ

デイリー新潮編集部

関連記事(外部サイト)