料理研究家「結城貢さん」を偲ぶ オールナイトフジで女子大生を叱っていた頃

料理研究家「結城貢さん」を偲ぶ オールナイトフジで女子大生を叱っていた頃

結城貢さん。丸刈り頭が印象深い(1990年撮影)

 フジテレビ黄金期の深夜バラエティー「オールナイトフジ」(1983年〜1991年)で女子大生に料理を厳しく教え、TBS「ドリーム・プレス社」でも安住紳一郎アナ(48)に料理指南をしていた料理家の結城貢さんが逝去した。81歳だった。奇しくも「オールナイト――」初代ディレクター・港浩一氏(70)の社長内定と同時期に逝った。

「そんなことも出来ないのか!」。しわがれた怒声と丸刈り頭が印象深い結城貢さんが逝った。

 結城さんは1970年代から東京・原宿で「うまくて安い」と評判の会員制テーブル割烹を経営していた。店は現在も由紀子夫人(65、元女優の泉じゅんさん)によって続けられている。

 客への愛想は決して良くなかったが、裏表が一切なく、内面は温かったため、いつも流行っていた。

 1997年までは新宿区河田町に社屋があったフジの制作部門のスタッフたちも結城さんの店に通い詰めていた。その縁から「オールナイトフジ」に出演し、料理のできない女子大生を生徒役とする「結城先生の真夜中のお料理教室」を担当することになった。


■「なんだ、イモのそのむき方は!」


 生徒役になったのはオールナイターズ1期生で当時は東海大生だった女優の山崎美貴(57)と同じく玉川学園女子短大生だった女優の片岡聖子(58)。生放送のカメラの前でビシビシと鍛えられた。

「なんだ、イモのそのむき方は!」
「何やってんだよ!」

 山崎と片岡は毎回、小言を言われた。怒鳴られた。ある種、画期的だった。バブル前夜で女子大生ブームだったあのころ、彼女たちを厳しく叱るような中年男性など見当たらなかったからだ。

 1991年から1998年はやはりフジで平日午前中の料理番組「夕食ばんざい」のMCを務めた。「3分クッキング」(日本テレビ)の対抗番組である。当時の佐藤里佳アナ(55、アナウンス室長などを経て3月に退職)がアシスタントを務めた。

 その後は店に専念。テレビ出演は控えていたものの、「ドリーム・プレス社」にはTBS側から請われて出演。安住紳一郎アナに料理を指南する「出張!お料理虎の穴」のコーナーに登場した。安住アナもやっぱり小言を言われ、叱られた。

 座右の銘は「料理は愛情」。本人も情の厚い人だった。料理を教える時は厳しく、態度の大きな人には反感を隠さなかったものの、新人タレントや若いアシスタントディレクターら下積みの人たちには優しかった。

「苦労すると根性がつくからいいいぞ」
「人生、辛いことばかりじゃないからな」

 山崎や片岡にも料理の時以外は温かかったので、慕われていた。


■芸能人も通った


 本人も苦労人。生まれは旧満州の旅順で、やっと帰国できたのは終戦から2年後の1947年。香川県善通寺市の引き揚げ者住宅に住んだ。経済的に苦しかったため、弁当代を稼ぐために中学生の時から河川敷整備のアルバイトをした。

 県立善通寺一高から日大に進み、卒業後は野村證券に入社したものの、3年で依願退職。その理由については「サラリーマンが向かなかった」くらいしか語らなかったが、しがらみだらけの組織というものが肌に合わなかったらしい。

 最初に料理を学んだ店は原宿にあったロシア料理店「レカ」。経営していたのは巨人の往年の大投手・スタルヒンの夫人・ターニャさんである。結城さんの証券マン時代の取引先だったことから、ターニャさんから声を掛けられた。結城さんは皿洗いから始めた。

 腕に自信が付いた時点で店を開いた。会員制だが、小うるさい会員資格の規定も会員カードもない。客には普通の学生もいた。酔って騒ぐような態度の良くない客を次から入れないための口実だろう。

 原宿という場所もあって、客には芸能人も多かった。故・西城秀樹さんが贔屓にしていた。和田アキ子(72)も常連の1人だった。ただし、結城さんは著名人も特別扱いしなかった。VIPルームもない。そんなところが芸能人には逆に心地良かったのではないか。

 最後のテレビ出演は「ドリーム・プレス社」。もっとも、山崎と片岡とは2017年12月に会っている。オールナイターズの歌によるベスト盤「ALL NIGHTERS LAST SELECTION」の発売が機だった。

 アルバムを山崎と片岡が持参した。結城さんは顔をくしゃくしゃにして再会を喜んでいた。

 フジの社長就任が決まっている港浩一氏は笠井一二氏(73、現オフィスクレッシェンド最高顧問)と共に「オールナイト――」をディレクターとして大成功させた立役者。

 結城さんが社長就任のニュースを知ったら、破顔一笑したのか、それともやっぱり小言を口にしたのか。

高堀冬彦(たかほり・ふゆひこ)
放送コラムニスト、ジャーナリスト。大学時代は放送局の学生AD。1990年のスポーツニッポン新聞社入社後は放送記者クラブに所属し、文化社会部記者と同専門委員として放送界のニュース全般やドラマレビュー、各局関係者や出演者のインタビューを書く。2010年の退社後は毎日新聞出版社「サンデー毎日」の編集次長などを務め、2019年に独立。

デイリー新潮編集部

関連記事(外部サイト)