「藤原紀香」が芝居にドラマに……バラエティ番組ではNGナシの舞台裏

「藤原紀香」が芝居にドラマに……バラエティ番組ではNGナシの舞台裏

藤原紀香

 6月6日、広瀬アリスが主演の連ドラ「恋なんて、本気でやってどうするの?」(フジテレビ系列・関西テレビ制作)のラストに、藤原紀香(50)が登場。彼女が連ドラに出演するのは、一昨年の「だから私はメイクする」(テレビ東京)以来。ところで、おかみさん業はどうなった?

 ***

「恋マジ」での彼女は、黒のドレスにサングラスをかけて登場。藤木直人に向かい合うと、サングラスを外していきなり唇を奪うという、いかにもワケあり風のお出ましに、《インパクト強すぎ!》とネット上が沸いた。

 ドラマのみならず、3月から4月にかけては東京と大阪で、久本雅美とW主演のコメディ舞台「毒薬と老嬢」もこなしていた。

 一方、夫の片岡愛之助はといえば、今年は大河「鎌倉殿の13人」(NHK)に始まり、5月には「團菊祭五月大歌舞伎」(歌舞伎座)に出演し、その合間を縫ってRai BoC Hall.(さいたま市民会館おおみや)の?落とし歌舞伎公演にも登場。6月からは戸次重幸とW主演の舞台「奇人たちの晩餐」で、東京、大阪、長野、愛知、福岡と回る。8月には京都南座で「坂東玉三郎特別公演 東海道四谷怪談」の伊右衛門役も控えている。さらに関西大学の客員教授就任も発表された。

 そんな中、梨園の妻である紀香は、芝居やドラマに出ていて大丈夫なのだろうか。民放プロデューサーは言う。

「最近はバラエティ番組もほとんどNGナシだそうです」


■忘れないで


 昨年、彼女は「ダウンタウンなう」や後継番組「人志松本の酒のツマミになる話」(いずれもフジテレビ)にも出演し、今年は「ローカル路線バス乗り継ぎ旅」(テレ東)にも登場していた。

「たまにバラエティにも出演することで、『私、バリバリ働いてるわ!』とアピールできますしからね。とはいっても、グラビア上がりの人なので、さすがに連ドラの主役はなかなか難しい。役者としては、今回の『恋マジ』のようにゲスト出演とか舞台ということになるようです」

 おかみさん業だって大変だろうに。

「独身時代にはあれだけテレビに出ていた人ですからね、やはり本人は世間から忘れられるのは嫌なんでしょう。愛之助と再婚したときにも、『紀香の仕事は続ける』とも言ってましたから」

 16年3月に行われた結婚報告会見で、彼女は梨園に嫁ぐことについて質問され、こう語っていた。

紀香:生半可にはできない。今後のスタンスとして、仕事は続けますが、最優先順位は彼の健康面、歌舞伎の仕事のサポートです。藤原紀香としての芸能活動は、その中で許される範囲だと思っています。一番大事なのは夫の仕事。感謝の気持ちを今以上にやっていきたい。努力します。


■愛之助の容認


 当時、夫の仕事が一番としながらも、芸能活動の続行宣言は、「梨園の妻に徹する意志が足りない」と言われた。最近ではそうした声も聞かなくなったということは、彼女の芸能活動も認められたということだろうか。歌舞伎関係者は言う。

「とくに歌舞伎座では、20年8月の公演再開以来、新型コロナの感染拡大防止を徹底しているんです。8月公演からようやく花道横を除く全座席(4階幕見席は除く)の販売が行われるようになりましたが、今も客席やロビーでの会話は控えるようお願いしている状態です。そのため、ロビーの名物でもあった、着物姿のおかみさんたちがひいき筋を迎えるご挨拶も滅多に見られなくなりました。彼女も自分の時間ができたのかもしれませんね。久本との舞台も夫の所属する松竹の舞台ですから、文句は言えないでしょう」

 もちろん、愛之助の歌舞伎座以外の公演には、今も駆けつけているようだ。先の民放プロデューサーは言う。

「現在上演中の舞台『奇人たちの晩餐』でも、彼女がロビーで挨拶しているそうです。彼女自身は“裏だけでは終わりたくない! 私は藤原紀香が一番大事!”という意志は変わっていないようなので、愛之助が容認しているのでしょう。彼女は仕事をしつつも、全力で夫を支えているのは間違いありませんから、それでいいのでしょう。夫婦仲もとてもいいようですよ」

 特任教授の授業の際にも、関西大学のロビーで彼女が学生をお迎えしたら、さぞ話題になるはずだ。

デイリー新潮編集部

関連記事(外部サイト)