「天心vs.武尊」観戦タレントたちと「ガーシー人脈」の奇妙な符合 告発の信ぴょう性を増すことに

「天心vs.武尊」観戦タレントたちと「ガーシー人脈」の奇妙な符合 告発の信ぴょう性を増すことに

那須川天心

 那須川天心選手と武尊選手による対戦が注目を集めていた「THE MATCH」。直前のフジテレビの中継中止や、300万円という超高額の1列席、メイウェザー戦を控えた朝倉未来選手の登場など大きな盛り上がりを見せていた。ファンの期待も高く、視聴料5500円のPPVは50万件超え、会場チケットも即日完売。世紀の一戦は天心選手が勝利をおさめ、無敗伝説を鉄壁のものにした。両者の戦いぶりや試合後の涙も、これまでの経緯を知っている格闘技ファンにとっては、終始胸を熱くさせる内容だったのではないだろうか。

 一方で、小さな「場外乱闘」もあったようだ。それがVIP席で観戦していた芸能人たちである。わざわざ名前入り、解説席の後ろという場所もいや応なく視線を集める席だ。菅田将暉さん、KingGnu・井口理さん、ONE OK ROCK・Takaさん、山本舞香さんに横浜流星さん。芸能人のコネを利用した「お飾り」客ではないかと批判を浴びているが、必ずしもそうとは言い切れないだろう。

 菅田さんは天心選手と、Takaさんも武尊選手と前々から交友が深い。選手側の招待だろうという声もある。二人とも試合前に花束贈呈役を務めたのは、「お飾り客」ではないというアピールもあるはずだ。山本さんも武尊選手と同郷かつ母校も同じ。横浜さんも天心選手とYouTubeで共演した。それぞれ格闘技を軸に個人的な関係があったから、VIP席で観戦していたと見るのが自然かもしれない。

 芸能人を呼んで盛り上げるのも仕事のうち。人気タレントたちを呼べるパワーを見せつけ、次の集客につなげたい。そうした興行側の思惑ももちろん理解できる。格闘技と反社会的勢力とのつながりを昔からうわさされるだけに、強面の関係者よりタレントが目立った方がクリーンなイメージになるという計算もあるはずだ。実際、SNSなどでは豪華な観戦メンツに注目する人も多く、格闘技ファン以外も盛り上がることのできる空気感を作り出していた。

 それでも、見たいのはタレントではなく格闘技というファンにとっては白けた演出だったのは否めない。300万円の席にタダで座る、面の皮の厚いタレント、という見方をする人もいるだろう。天心武尊戦だけ見て帰るというタレントも多かったようで、他の対戦を軽く扱われたように感じる人もいたようだ。


■ガーシー人脈との重なりの多さ 本人のスキャンダルもグレーな印象を上塗り


 他にも市原隼人さん、RADWIMPSの野田洋次郎さん・桑原彰さん、三浦翔平さん、ローラさん、EXILEのTAKAHIROさん・武井咲さん夫妻、岩田剛典さんといった顔ぶれが報じられている。知名度も人気も超一流でありながら、彼らが今回冷ややかな目を向けられるのは、「ガーシー」人脈との重なりが多すぎるからだろう。

 ローラさんは友人も含めて一緒に旅行に行く仲だったというし、RADの野田さんや桑田さんとは飲み会でもよく同席していたという。Takaさんはガーシー氏が暴露チャンネルを始めた後も、「彼は俺の中では友達」と発言したが、その後実弟のHiroさんは女性関係で公開謝罪に追い込まれている。そのHiroさんとデート写真を撮られたのが山本さん。女性関係といえば岩田さんも複数回被弾し、三浦さんに至っては「取り巻きの感じが悪い」「三浦春馬さんの親友とアピールしていたが口だけ」と突き上げられた。事実関係はわからないが、それぞれタレントイメージを損なわれている状況だ。

 もともとお騒がせなタレントばかりというのもある。RADの野田さんはコロナ禍での泥酔飲み会が撮られ、桑原さんも不倫が明らかに。山本さんはやんちゃキャラだし、ガーシー人脈ではない市原さんも、交通事故を起こし活動自粛した過去がある。

 本人たちのキャラに加え、ガーシー氏の暴露によって「グレーな面々」というイメージが強まったVIP席。ガーシー氏の話に出てくる名前が固まって座っているばっかりに、暴露の信ぴょう性も高めてしまったのではないか。

 炎上した城田優さんは注目を浴びるのを恐れたか、一般席で観戦する姿が目撃されている。また、最も標的にされた綾野剛さんは、武尊選手と仲が良いそうだが来場していない。いずれにせよこの二人もVIP席にいたら、観戦タレントたちはもっと白い目で見られたことだろう。


■有吉さん発言やヒカキンさんが支持される理由 芸能人は「オフ」での品格が問われる時代に


 なお有吉さんはVIP席に招待されたが断ったとラジオで話し、反響を呼んだ。「招待客は絶対に映る」という条件だったので、「解説など仕事があって映るならいいが、招待客として撮られるのは恥ずかしい」「ジャッキー・チェンやアーノルド・シュワルツェネッガーならいいが、自分が堂々と座っているのは違う」という自意識があったようである。ちなみにヒカキンさんも、200万円の席を自腹で買ってSNSに投稿していた。

 あれだけ稼いでいるのに、奥ゆかしさは人一倍。有吉さんやヒカキンさんの株がまた上がっている。なおガーシー氏も以前言及していた山下智久さんの名前も招待席にあったが、最後まで現れなかった。こうして騒ぎ立てられることも考えて、観戦を見送ったのだろう。

 ただ観戦席にいた人が悪いわけでもなく、彼らには彼らの考えや思いがあるに違いない。注目されるのがわかっていて座るのだから、友人のためなら見られてナンボ、という男気あふれる人たちともいえる。

 いずれにせよ、ガーシー発言の信ぴょう性を高めるような恰好になってしまった「THE MATCH」。今やスキャンダルで一発退場になる芸能界で、前よりもタレントの素行に向けられる目は厳しくなっている。「何を言うかより何を言わないかが品格」とはよく言われるが、芸能人の品格は「オフの場で誰といるかより誰と同席しないように気を付けているか」にかかってくるのかもしれない。

冨士海ネコ

デイリー新潮編集部

関連記事(外部サイト)