「イット!」カトパン後任の宮司愛海アナ マンガ・落語好き、スキャンダルなしの素顔

「イット!」カトパン後任の宮司愛海アナ マンガ・落語好き、スキャンダルなしの素顔

宮司愛海アナ

 フジテレビ系夕方のニュース番組「Live News イット!」の平日版メインキャスターを務めるフリーアナウンサー・加藤綾子アナが9月いっぱいで番組を卒業する。その後任として名が挙がったのが、宮司愛海アナだ。

 宮司アナといえば、この4月まで月週末夜のスポーツ番組「S-PARK」でメインキャスターを担当し、2021、22年と2度五輪中継でやはりメインを任されている。公式インスタグラムのフォロワーは30万人近い。近年では“フジテレビのエース”との呼び声も高くなっていた。その経歴や人柄、魅力を探ってみたい。

 生年月日は91年7月29日生まれの現在30歳。出身地は福岡県福岡市早良区で、地元のキリスト教系の私立高校を卒業後、10年に早稲田大学文化構想学部へ進学した。自身の取り柄である“フットワークの軽さ”を武器に、大学時代はさまざまなジャンルの活動に挑戦。サークル活動ではファッション系の出版サークルと早稲田大学放送研究会に所属した。1年時にはサークルの先輩から勧められ、「MIISS CIRCLE CONTEST 2010」にエントリーし、見事グランプリを受賞している。翌11年には早大のミスコン「Waseda Collection 2011」でグランプリに輝いた。以降、WILLCOMイメージガールなどのモデルを務めた。

 テレビにも出演し、テレビ朝日の深夜で放送されていた「学生才能発掘バラエティ 学生HEROES!」に学生秘書で出演したかと思えば、同じくテレ朝の深夜バラエティ「激論! どっちマニア」には早大生代表の1人として登場。ライバル慶應義塾大学の学生相手に、どちらの大学生がより魅力的かを議論していた。いわゆる“学生キャスター”ではないのだが、しっかりと“爪あと”を残していたのである。

 その一方、13年1〜7月にかけて休学し、シンガポールの日系の大手広告代理店やローカル企業でインターンシップを経験。また、タイのテレビ局で働いていた経歴もある。大学には5年間在籍していた。

 復学と卒業を経て、フジテレビに入社したのは15年4月のこと。初レギュラーは平日早朝の情報番組「めざましテレビアクア」で、同年9月末からお天気コーナーを担当した。翌年4月からはスポーツコーナーを半年間担当。同時に「めざましテレビ」の情報キャスターを18年3月末まで兼務していた。そして4月から半年間、金曜日のエンタメキャスターとして“めざましファミリー”を担ったのであった。


■スポーツの経験も豊富


 バラエティでは、現在「潜在能力テスト」と「タイプライターズ〜物書きの世界〜」の進行役を務めている。入社1年目の15年10月にはさまぁ〜ずと「さまぁ〜ずの神ギ問」で共演を果たしているのだ。進行役を番組が終了する18年9月末まで担当していた。初回放送ではいきなりさまぁ〜ずの2人が悪ふざけ気味の下ネタを応酬しているが、これに宮司アナは「基本は(下ネタも)ウェルカムです。立ち向かっていきたいな」と宣言。その堂々とした仕切りぶりに三村マサカズから「拒否らない感じが良かった」と信頼を得ることに成功したのであった。

 また16年2月から17年2月末まで子供向け鉄道CGアニメ「GO!GO!チャギントン」で4代目ナビゲーターを、同年4月から17年3月まで深夜のスポーツトークバラエティ「スポーツジャングル」で進行を務めた。振り返ってみると若手時代は主に情報・バラエティ系ジャンルでの活躍が目立っていたわけだ。

 大きな転機が訪れたのは18年春。土日深夜の新スポーツニュース番組「S-PARK」の女性メインキャスターに抜擢されたのだ。直前に開催された平昌冬季五輪の現場を「めざましテレビ」の取材班として訪れているため、まったくの未経験というわけではなかったが、本格的なスポーツ番組のMCは初挑戦だった。とにかく現場に足を運び、試合を観て、選手の言葉を拾い、取材ノートを作り、見聞きした知識は全部持って帰っていった。放送を続けていくなかでスポーツキャスターとしても成長していったのである。

 また、主に五輪を目指すトップアスリートに密着する不定期放送のスポーツドキュメンタリー「村上信五∞情熱の鼓動」では選手の人柄にも触れ、加えてフィギュアスケートや柔道などのスポーツ中継も担当し、着実に“スポーツ中継の顔”としてのキャリアを重ねていった。その先に待っていたのが、21年の東京2020五輪と22年の北京冬季五輪のメインだった。

 そのままスポーツキャスターの道を極めるかと思われたが、この春に突然、報道へ転向。月・火お昼の「FNN Live News days」につづき、「Live News イット!」の平日メイン就任ということになる。スポーツから報道というのは他局でもよくみられる“王道の流れ”といえ、宮司アナはフジの看板に登りつめたといえよう。


■“スキャンダル皆無”


 意外な素顔ひとつが漫画・アニメ好きという一面だろう。特に小学校入学から高校卒業まで、毎週欠かさず『週刊少年ジャンプ』(集英社)を読んでいたといい、彼女の公式インスタグラムには「念願のジャンプ展に行ってきました」との投稿が確認もある。

 また大学時代にフジテレビ内定者の同期に誘われたことがきっかけで落語にもハマった。古今亭菊丸の「時そば」に感動し、以来、菊丸が出演する舞台を調べては予定を合わせて足を運ぶ追っかけに。単なる寄席鑑賞に終わらせずに、言葉の選び方や話の緩急のテンポを学び、仕事に取り入れた点だろう。「S-PARK」時代にはその日のハイライトを落語で語っていたのが懐かしい。

 本人いわく「負けず嫌い」で、大先輩の三宅正治アナによれば「向上心があり、勝ち気な性格」。誰からも好かれる清潔感に明るさ、知的な美貌が印象的で、アイドル顔負けの愛らしさが同居しているのである。顔が小さくスレンダーで美脚でスタイルも抜群だ。

 何より宮司アナの凄い点は“スキャンダル皆無”だということ。人気アナになればなるほど各メディアから注目され、浮いた話の一つや二つが出てくるものだが、彼女に関してはせいぜい噂レベル。本格的な熱愛報道はなく、社会人になってからはノースキャンダルなのである(21年のフジの女子アナたちの美容サロンステマ騒動とも無縁だった)。この点も宮司アナの人気を支えている一因で、報道番組を担当する上で大きな“強み”になると確信している。

上杉純也

デイリー新潮編集部

関連記事(外部サイト)