「クレイジージャーニー」に続くか 復活が望まれる“やらせ”で消えたバラエティ番組は?

「クレイジージャーニー」に続くか 復活が望まれる“やらせ”で消えたバラエティ番組は?

松本人志、小池栄子、設楽統

 日刊スポーツ(電子版)は6月23日、「松本人志『あ。やらせていただきます』演出問題をネタにクレイジージャーニーの復活認める」の記事を配信した。

 ***

「クレイジージャーニー」(TBS系列・2015〜19年)が視聴者の人気を獲得したのは、世界各地の秘境や危険地帯など、滅多にカメラが入らない場所から迫真のリポートを送ったからだ。

 MCは松本人志(58)、設楽統(49)、小池栄子(41)の3人。番組はテレビ業界での評価も高かった。

 バラエティ番組ではあるが、「良質のドキュメンタリー」と受け止められていた。2016年にはギャラクシー賞の月間賞、18年には放送文化基金賞番組部門・テレビエンターテインメント番組の最優秀賞に輝いた。

 だが19年9月、不祥事が発覚する。同年8月に放送された“爬虫類ハンター”の回で、捕獲した生物6種のうち4種が事前に用意されていたことが判明したのだ。担当記者が言う。

「8月に番組が放送されると、TBSに『自然に見つけた生物とは違うのではないか』という指摘が寄せられたそうです。内部調査を行うと、8月の放送分だけでなく、他に7回の放送で11種の生物が事前に用意されていたことが発覚しました」

 9月11日、TBSは「お詫び」を発表し、“やらせ”の事実を明らかにした。「クレイジージャーニー」は放送休止となり、そのまま10月に番組終了が発表された。


■粘ったTBS


 更に11月、放送倫理・番組向上機構(BPO)が審議入りを決定。番組スタッフなどに聞き取り調査などを行い、20年8月に「放送倫理違反があった」と認定した。

「BPOが発表した『委員会決定』は、今読んでも非常に興味深いものがあります。ベテランの番組スタッフは『捕獲できなくても、この番組は面白く作れる』とBPOの調査に口を揃えたそうです。しかし、担当ディレクターが、たった1人で取材も撮影も行うという制作システムから、現地で孤立化。『捕獲できなければ日本に帰れない』というプレッシャーに押しつぶされ、“やらせ”に手を染めた可能性を指摘したのです」(同・記者)

 いわば“番組の問題”より“職場環境の問題”という、より深刻な問題が提起されたと言える。

「ところが、BPOが“やらせ”を認定しても、TBSは諦めませんでした。21年5月に2時間スペシャルの特別番組として復活させたのです。更に、ビデオ・オンデマンド・サービスのParaviでも、過去の放送分から一部の配信を再開しました」(同・記者)

 そして6月23日、日刊スポーツなどが「クレイジージャーニーが10月から、毎週月曜午後9時放送のレギュラー番組として復活する」と報じたのだ。


■BPOより松本人志!?


 冒頭で紹介した電子版の記事は、復活報道にMCの松本人志が反応したことを伝えたものだ。

《松本は「【クレイジージャーニー】が復活することになりました!」と報告し、「10月から新たな気持ちでやらせでいきます。あ。やらせていただきます」。放送終了の原因となった演出問題をネタにしながら、番組への意欲をつづった》

 民放キー局で、バラエティ番組の制作に携わるスタッフは、「率直に言って、驚きました」と言う。

「打ち切りとなり、BPO審議で“やらせ”が認められたにもかかわらず復活したという番組は、これまでにないと思います。異例の展開に、テレビ業界では誰もが拍手喝采しています。『BPOより松本さんの影響力のほうが強い』ことを再認識しました」

 そもそもTBSは、21年5月に特番を放送する際、番組の公式サイトに「お知らせ」という文書を掲載し、視聴者に理解を求めていた。一部をご紹介しよう。

《レギュラー放送終了後、視聴者の皆様から番組再開を希望する声や番組および出演者へのエールを多数いただきました。番組としては、制作体制や情報共有の在り方など番組に内在した問題点を洗い出し、抜本的な見直しと議論を重ねました》


■視聴率も期待


 再開を求める視聴者の声は強く、もう二度と“やらせ”は行いませんから、どうか放送再開を許してください──平たく言えば、TBSはこんなことを伝えたいのだろう。

「松本さんが復活を熱望していたという事実も無視できません。レギュラーの中で好きな番組に挙げたこともあります。TBS側も『松本さん、設楽さん、小池さんに申し訳ない』という気持ちが強かったのだと思います。何とかして復活させなければ、と再開を模索していたのでしょう」(同・スタッフ)

 ビデオリサーチの関東地区、世帯、リアルタイムの視聴率調査で、21年5月の特番は7・8%だったという。

「放送されたのは水曜の午後9時からでした。テレビ局にとって重要な時間帯で、『7・8%は物足りない』という声もありました。ただ、やらせ問題で批判が殺到し、打ち切られた番組の数字としては、合格点でしょう。おまけに、コア視聴率が高かったと聞いています」(同・スタッフ)

 根強いファンが依然として多く、コア視聴率が取れる。ならば広告費も稼げる、というポイントでも、「クレイジージャーニー」は再評価されたようだ。


■フジテレビも関心!?


 もし10月の復活で「クレイジージャーニー」が好調な視聴率を叩き出すと、他の民放キー局も「ウチでも復活させられないか」と考え始めるかもしれないという。

「テレビ業界では、冗談半分ではありますが、『ほこ×たて』(フジテレビ系列・2011〜13年)の復活が取り沙汰されています。ご存知の通り、『スナイパー軍団 vs ラジコン軍団』の回で“やらせ”が発覚し、番組は終了しました。放送当時は質の高い番組として評価されていたのも、『クレイジージャーニー』と似ています」(同・スタッフ)

 前出の担当記者は「単なる冗談話ではなく、意外に現実味があるのではないでしょうか」と言う。

「フジテレビの今年4月期は『7年ぶりの大改編』が話題となりましたが、今のところ視聴率など目に見える成果は上がっていません。再開した『クレイジージャーニー』が視聴者に支持され、“やらせ”の過去が不問に付されたとしたら、フジも『「ほこ×たて」の番組名を変えてでも復活させたい』というのが本音かもしれません」

デイリー新潮編集部

関連記事(外部サイト)