選挙特番“秘史” タモリの「センキョでいいとも!」「パンチDEセンキョ」 バラエティ化を進めたのはフジテレビだった

選挙特番“秘史” タモリの「センキョでいいとも!」「パンチDEセンキョ」 バラエティ化を進めたのはフジテレビだった

タモリ

 10日夜のテレビは参院選の開票特番一色になる。TBSには太田光(57)が出演。テレビ東京には鈴木福(18)が登場し、フジテレビには井上咲楽(22)が出る。良く言えば親しみやすい顔ぶれだが、開票特番のバラエティー番組化と言える。開票特番はどう変わってきたのか?


■ブッ飛んでいたフジ「センキョでいいとも!」


 開票特番にバラエティー色を付けた草分けはフジ。1983年6月の参院選時に「タモリのセンキョでいいとも!」を放送した。

 MCは言うまでもなくタモリ(76)。この約8カ月前の1982年10月に始まった「笑っていいとも!」(2014年終了)をベースにした番組で、「センキョでいいとも!」のコールもあった。

 ゲストとしてジャンパーとジーパン姿の所ジョージ(67)も登場。呑気な歌までうたったから、今となって考えると、かなりブッ飛んだ開票特番だった。

 半面、大物2人が登場しながら、あまり笑えなかった。あくまで開票特番であり、面白さは二の次だったのだろう。演出に当たったのも故・横澤彪さんら「いいとも」制作チームではなく、報道番組の制作スタッフだった。

 タモリと言えばノンポリの人として知られる。なので「センキョでいいとも!」でのMC役の過去を意外に思う人もいるのではないか。

 タモリの開票特番への登場はこれっきり。ひょっとしたら本人にとっては黒歴史かも知れない。この番組はタモリの登場もあって、視聴率は民放の開票特番では上位だった。

 フジが「楽しくなければテレビじゃない」をスローガンに掲げ、12年連続で年間視聴率3冠王を獲ったのは1982年以降。だが、開票特番のバラエティー化はそれ以前から始まっていた。


■過去には「パンチDEセンキョ」も


 1976年12月の衆院選、1977年7月の参院選、1979年10月の衆院選でそれぞれ放送された「パンチDEセンキョ」である。1980年6月の衆参ダブル選では同じスタイルの「ダブルDEセンキョ」をつくった。

 ベースとなった番組は桂三枝=現・6代目桂文枝=(78)と西川きよし(76)が司会を務めていた「パンチDEデート」(1973〜1984年)。若い方にはピンと来ないかも知れない。当時、大人気を博したお見合い番組である。現代風に言い換えると、マッチングショーだ。

 大学生ら一般公募の男女が出演し、お見合いを行う。相手が気に入ったら、ハート型のランプを点ける。双方ともランプを点けたら晴れてカップル誕生となる。やがて結婚したカップルもいた。

 こんな番組を開票特番に仕立ててしまったのだから、黄金期前夜のフジはノリが良く、イケイケだった。もっとも、さすがにお見合いの部分は開票特番から排除されており、三枝ときよしが明るく愉快に進行させる番組だった。

 どうして当時のフジは開票特番をバラエティー化したのか。理由は単純明快。高視聴率を得たかったからだ。

 開票時間が現在のように長時間化したのは1970年代以降で、同時に視聴率争いが始まった。トップは断トツでNHK。民放は五十歩百歩だった。内容は全局ともガチガチに硬かった。

 そこでフジは民放内で上位に立つため、他局との区別化を図った。思いっきり軟らかくした訳である。

 1972年12月の衆院選でフジは開票特番の1つとして「歌でつづる戦後選挙史」を放送した。故・水原弘さんら歌手が登場し、選挙の歴史を歌で表した。なぜ、開票特番でレコード大賞歌手の水原さんが歌わなければならなかったのか…。昔のフジは今よりずっと大胆だった。

 フジ以外の開票特番は1980年代半ばまで硬いまま。「開票特番とはそういうもの」という暗黙の了解があった。民放では特にTBSが硬く、ゲストすらほとんど招かなかった。


■テレ朝「選挙ステーション」がもたらした変化


 変化がもたらされたのは1986年7月の衆参ダブル選挙時。最初の「選挙ステーション」(テレビ朝日)が放送された。1985年10月にスタートした「ニュースステーション(Nステ)」の好調を受けてつくられた。

 MCは「Nステ」と同じ久米宏氏(77)。硬さは一切なく、そのうえ分かりやすかった。テレ朝の開票特番はずっと人気薄だったが、「選挙ステーション」は民放でトップの視聴率を獲得する。

 これに民放のライバル局は大いに刺激された。バラエティー化しなくても開票特番で高視聴率を得られることが分かったからだ。

「選挙ステーション」での久米氏による各党要人への質問は時に辛辣だった。相手がムッとする一幕も。これも旧来の選挙特番と違うところで、画期的だった。

 2010年7月の参院選時に始まった池上彰氏(71)によるテレ東の選挙特番の原点は久米氏の「選挙ステーション」である。久米氏が政党要人に何でも聞いてしまうというスタイルをつくり上げたから、池上無双も生まれた。


■出口調査導入で当確ミス乱発


 1990年代からはNHKも民放も当確スピードの速さを開票特番の売り物にする時代になった。出口調査の導入がそれを可能にした。開票率0%でも当確が打てる(ゼロ打ち)ようになった。半面、導入初期は当確ミスが乱発された。

 1993年7月の衆院選での当確ミスは実に計19件。NHKすら2件やらかした。日テレが4件、TBSが2件、フジが3件、テレ東が2件。「選挙ステーション」が好評を博していたテレ朝は6件も間違えてしまい、顰蹙を買った。

 監督官庁の郵政省(現・総務省)としては見過ごせず、1995年7月に当確報道の正確化を要請する文書を各局に送付した。同省の介入に反発する声もテレビ界の一部にあったものの、放送法には「報道は事実をまげないですること」と明記されているので、仕方なかった。

 以降、各局は出口調査の精度のアップに努めた。それでも2012年12月の衆院選時に日テレとTBSがそれぞれ1件、2014年12月の衆院選ではNHKが1件、2016年7月の参院選時にはテレ東が1件、間違えた。今回はどうなるか。


■人材不足のTBS


 今回のTBSの開票特番「選挙の日 2022 私たちの明日」(10日午後7時57分)には爆笑問題の太田光がスペシャルキャスターとして登場する。太田は昨年10月の衆院開票特番にも登場しており、連投となる。

 TBSとしては出来ることなら太田に頼らず、自局の情報番組・ニュース番組のキャスターからMCを選びたかったのではないか。ほかの民放はみんなそうなのだから。

 日テレは午後11時台の番組で視聴率トップの「news zero」(月〜木曜午後11時、金曜同11時半)の有働由美子アナ(53)と櫻井翔(40)を起用し、「zero選挙 2022」(10日午後7時58分)を放送する。テレ朝も好調「報道ステーション」(平日午後9時54分)のMC・大越健介氏(60)に「選挙ステーション2022」(10日午後7時58分)を委ねる。

 テレ東は「ワールドビジネスサテライト」(月〜木曜午後10時、金曜同11時)のコメンテーターでもある池上彰氏を「池上彰の参院選ライブ〜知られざる政治のカラクリ大解剖!〜」(10日午後7時50分)に起用する。フジも高視聴を得ている「Mr.サンデー」(日曜午後10時)の宮根誠司アナ(59)を「Live選挙サンデー」(10日午後7時58分)に任せる。

 TBSも看板ニュース番組「news23」(月〜木曜午後11時、金曜午後11時半)のMC・小川彩佳アナ(37)を「選挙の日――」の総合司会に起用するものの、番組紹介ホームページでは太田がメイン扱い。小川アナがメインを張るのは難しいと判断したのではないか。「news23」は視聴率低迷が続いている。

 TBSには過去に開票特番も経験した大エース・安住紳一郎アナ(48)がいるものの、これ以上の仕事増は現実的ではない。現在、「THE TIME,」(月〜金曜午前5時20分)と「情報7daysニュースキャスター」(土曜午後10時)とラジオの「安住紳一郎の日曜天国」(日曜午前10時)を担当している。開票特番にまで登板するのは難しい。

 一方、太田なら知名度十分である上、TBSがジャーナリズム・バラエティーと位置付ける「サンデー・ジャポン」のMCなので自前のキャスターと言えなくもない。TBSとしては面子を保てる。

 太田は前回の開票特番で元幹事長の二階俊博氏(83)に対し「いつまで政治家をつづけるつもりですか?」と尋ね、怒らせてしまった。今回は大人しくするのか、逆にもっと過激になるのか。


■前回の開票特番の視聴率は――


 ちなみに前回の開票特番の視聴率はNHK「衆院選開票速報2021」が世帯17.7%(個人10.8%)でトップ。民放1位は日テレの「zero選挙」で世帯10.8%(個人7.0%)。次いでフジ「Live選挙サンデー」の世帯7.6%(個人4.6%)。

 テレ東「池上彰の総選挙ライブ」は世帯7.6%(個人4.5%)。テレ朝「選挙ステーション2021」は世帯7.2%(個人4.1%)。TBS「選挙の日2021 太田光と問う!私たちのミライ」は世帯6.2%(個人3.7%)だった(ビデオリサーチ調べ、関東地区)。

 開票特番をお祭りと呼ぶ向きもテレビ界内にはある。報道局内の一大イベントだからだ。さて、どの局のお祭りが最も有益で楽しませてくれるか。

高堀冬彦(たかほり・ふゆひこ)
放送コラムニスト、ジャーナリスト。大学時代は放送局の学生AD。1990年のスポーツニッポン新聞社入社後は放送記者クラブに所属し、文化社会部記者と同専門委員として放送界のニュース全般やドラマレビュー、各局関係者や出演者のインタビューを書く。2010年の退社後は毎日新聞出版社「サンデー毎日」の編集次長などを務め、2019年に独立。

デイリー新潮編集部

関連記事(外部サイト)