木梨憲武「FNS歌謡祭 夏」出演でテレビ業界がザワついている

木梨憲武「FNS歌謡祭 夏」出演でテレビ業界がザワついている

木梨憲武

 7月13日、3時間半にわたって放送される「2022FNS歌謡祭 夏」(フジテレビ)。第2弾出演アーティストの中に、とんねるずの木梨憲武(60)が入ったことから、誰とコラボするのかが話題となっている。

 ***

 そもそも、とんねるずにとって「FNS歌謡祭」は浅からぬ縁がある。まだ賞があったコンテスト時代には、85年に「雨の西麻布」で特別賞を受賞。現在のコンサート形式になってからは、91年と92年、さらに94年に大トリとして登場した。さらに、野猿、矢島美容室としても出演している。

 ご承知のように、「とんねるずのみなさんのおかげでした」(フジ)が18年3月に終了してからは、地上波でコンビの姿を見られるのは、正月特番の「夢対決!とんねるずのスポーツ王は俺だ!スペシャル」(テレビ朝日)だけとなってしまった。

 もっとも、「FNS歌謡祭」には、その後もピンで出演している。19年の第2夜に木梨はB'zの松本孝弘とのコラボで出演し、瞬間最高視聴率(13・6%)を記録した。

 20年には木梨憲武×宇崎竜童×佐藤浩市として第1夜に登場。第2夜には石橋が工藤静香と組んだLittle Kissを23年ぶりに復活させて登場し、2人の“ニアミス”もあった。

 昨年は第1夜に木梨が中井貴一と組んだ中井さんと木梨くん、ピンドン・ノリコ×マツコ・デラックス×ミッツ・マングローブとしても出演し、第2夜には木梨憲武×所ジョージ、木梨憲武×所ジョージ×宇崎竜童でも登場する大活躍だった。

 だからこそ、今回は誰とコラボするのか注目されているのだ。フジの関係者に聞いた。


■コラボ情報がない


「木梨さんは『FNS歌謡祭』の話題をさらってきました。もっとも、これまでは年末に放送される『FNS』でのこと。7月に開催されるのは『FNS夏』なんです。11年にスタートした『FNS夏』に木梨さんが初登場したのは昨年で、この時は『ももクロちゃんと木梨とココリコ遠藤と結婚した狩野とホリケン』で、ももいろクローバーZ、ココリコ遠藤章造、狩野英孝、ネプチューン・堀内健と組んだユニットで出演しました」

 サービス精神は「FNS夏」でも変わっていないようだ。

「先日、その木梨さんの出演が発表されたのですが、なぜかコラボに関する情報が出ていないのです」

 木梨の公式ホームページにも、《7月13日(水)フジテレビ『FNS歌謡祭』出演します!》とあるだけだ。

「最近は、事前に木梨さんのコラボ情報は解禁されていました。番組のウリですし、『FNS』ならではのパフォーマンスもありますから、誰とコラボするかは必須情報だったんです。今回も6組のコラボが発表済みですが、そこに木梨さんの情報はありません。“これは何かサプライズがあるのでは?”と憶測を呼んでいるのです」

 ひょっとして、とんねるず復活も?


■断り切れない恩人


「あり得ます。木梨さんは音楽活動に熱心ですし、『名曲があるので、これを2人並んで歌いたいなというのは石橋キャプテンにも言っています。タイミングが来たときに、ライブ活動もしていくのではないか』と語ったこともありました。さらに、頼まれたら断り切れない人もいますからね」

 それが、“小港さん”ことフジの港浩一新社長だという。

「6月28日付でフジテレビジョン代表取締役社長に就任しました。港社長ととんねるずは80年代の『オールナイトフジ』や『夕やけニャンニャン』からの古い付き合いです。さらに、これらの番組や『みなさんのおかげです』などは“ダーイシ”こと石田弘プロデューサーの下、制作された番組であり、『FNS歌謡祭 夏』にも彼がエグゼクティブプロデューサーとして名を連ねています」

 とんねるずの2人が、さんざんネタにしてきた2人である。

「とんねるずとの付き合いは40年以上になり、彼らにとっては恩人、育ての親と言ってもいいでしょう。彼らに出演依頼されたら断れないでしょうし、港新社長の就任祝いということであれば出演もしやすくなります」

 2人を引っ張り出す口実はできたわけだ。

「港社長には内緒で、裏でスタッフがオファーしているかもしれません。その時には、とんねるずのほうから『港社長とコラボしたい!』という逆オファーだって考えられます」

 とんねるずと港新社長、さらに石田プロデューサーまで並んで歌ったら、ファンは狂喜するかもしれない。

「とんねるず復活のタイミングとしても最高だと思います。視聴者にフジテレビの復活をイメージさせることも可能でしょう。大きな打ち上げ花火を期待しています」

デイリー新潮編集部

関連記事(外部サイト)