【鎌倉殿の13人】史書で読み解く「源頼家の時代」 相次ぐ内輪揉めで比企の乱 北条時政に好機到来

【鎌倉殿の13人】史書で読み解く「源頼家の時代」 相次ぐ内輪揉めで比企の乱 北条時政に好機到来

頼家を演じる金子大地

 NHK大河ドラマ「鎌倉殿の13人」が17日放送の第27話から新局面に入る。大泉洋(49)が扮していた源頼朝が死去し、金子大地(25)が演じる長男・源頼家の時代になる。鎌倉はどうなるのか。史書に基づき読み解きたい。


■御家人の妾に手を出した頼家


 冷酷で猜疑心の強い頼朝がこの世を去った後の鎌倉には平和が訪れるのかというと、そうではないのは知られている通り。血で血を洗う内輪揉めが相次ぐ。やれやれである。

 頼家が2代目の鎌倉殿になったのは頼朝死去から間もない1199年1月。まだ18歳だった。この時点では征夷大将軍ではない。朝廷から将軍に任じられたのは3年以上が過ぎた1202年7月だった。

 頼家は鎌倉殿になった時点から、やる気満々だった。とはいえ、経験が乏しく、思慮も浅かったので、周囲は心配する。

 このため、1199年4月に有力御家人13人による合議制を敷いた。領地問題などの訴訟を頼家へ取り次ぐのはこの13人に限定した。

 大半が既に「鎌倉殿――」でおなじみの顔ぶれである。将軍家に近い武士が9人。頼家の外祖父の北条時政(坂東彌十郎)、同じく外叔父の北条義時(小栗旬)、頼家の乳母・道(堀内敬子)の夫である比企能員(佐藤二朗)、梶原景時(中村獅童)、安達盛長(野添義弘)、八田知家(市原隼人)たちだ。一方、文官は大江広元(栗原英雄)ら4人。36歳の義時を除き、武士も文官も全員が50歳以上だった。

 13人はあくまで頼家のサポーター陣。ぬるい組織であり、『吾妻鏡』を見ても13人が集まったことは一度としてない。それでも頼家は自分が望んだ訳ではない仕組みが出来たので、面白くなかった。

 そこで頼家は比企時員、比企宗員、小笠原長経、中野能成、細野四郎、和田朝盛を近習(側近)とし、この面々しか自分と許可なく会えないと定めた。乱暴な話である。

 時員と宗員は比企能員の子。朝盛は和田義盛(横田栄司)の子だった。みんな頼家と年齢の近い遊び仲間である。

 危なっかしい頼家を周囲は不安視した。そんな悪い予感は的中してしまう。頼朝の死から僅か7カ月後の1199年8月、安達盛長の長男・景盛の妾が美しいと知り、無理矢理に自分の妾にした。さらに景盛がこれを恨んでいると決め付け、近習の長経に討伐を命じた。メチャクチャだ。

 鎌倉は大騒ぎに。合戦前夜のようなムードになったが、景盛討伐は頼家の母・政子(小池栄子)が許さなかった。体を張って阻止した。景盛の父・安達盛長は頼朝の最側近だったのだから。景盛を討つなら、その矢は自分が防ぐと政子は頼家に伝えた。
「我まずその箭に中る」(『吾妻鏡』)


■景時の追放


 さすがに頼家も折れたものの、事件は続く。2カ月後の1199年10月、御家人たちが梶原景時を糾弾し、鎌倉から追い出す。

 景時は頼朝に源義経(菅田将暉)の行状について告げ口し、兄弟が対立する理由の1つをつくり、御家人たちの不評を買った。また似たようなことをやらかしたのだ。

『玉葉』によると、頼朝の側近だった結城朝光(高橋侃)が、頼朝を思うあまり、「忠臣は二君に仕えず」と口にしたところ、景時がこれを頼家に告げ口。「朝光に謀反の意思あり」と付け加えた。言い掛かりだった。

 だが、今度は御家人たちが黙ってなかった。朝光からこの件の相談を受けた三浦義村(山本耕史)が、朝光支援の声を上げると、同調者が相次いだ。その数、計66人。もう景時の居場所は鎌倉にはなかった。

 景時はもとからの領地である相模国一宮(神奈川県寒河町)に追いやられた。鎌倉の景時邸は御家人たちによってブッ壊されたというから、よほど嫌われていたのだろう。

 それでも景時は活路を求めて京を目指す。しかし、駿河国(静岡県中部)に差し掛かったところで地元武士に襲われ、殺される。この謀殺は時政と大江広元らが話し合い、決まったと『吾妻鏡』には書かれている。

 景時は姑息な男であったものの、頼朝と頼家を支えようとしていたのは確か。『愚管抄』は後に頼家が滅んだのは景時を失ったからだと記している。『保暦間記』には、頼朝は景時からの情報を精査したが、頼家は鵜呑みにしたと書かれている。


■阿野全成の謀殺


 内輪揉めは終わらない。1203年5月、阿野全成(新納慎也)が謀反を企てたとして甲斐源氏の武田信光に捕らえられる。信光は武田信義(八嶋智人)の子だ。捕らえるよう命じたのは頼家。全成は言うまでもなく自分の叔父である。

 頼家は全成の妻・阿波局(宮澤エマ)も捕えようとした。もっとも、政子から「彼女に疑うところはない」と一喝されたため、これは諦めた。全成が権力に関心を示していたという記録は見つかっていないから、おそらく頼家の言い掛かりだろう。

 この事件のポイントは阿波局が頼家の弟・千幡(のちの源実朝、水戸部巧芽)の乳母で近しい関係だったこと。また時政は千幡の後見人だった。『玉葉』には時政が千幡に権力を握らせようと考えているとある。頼家はこのままでは自分の立場が危うくなると考え、先手を打ったのだろう。

 全成は常陸国(現・茨城県の南西部を除いた地域)に流された後、同6月に下野国(現・栃木県)で八田知家によって討たれた。これで頼朝の男兄弟は9人全員が他界した。


■20歳の頼家が危篤に


 全成の死から1カ月後の1203年7月、鎌倉は蜂の巣をつついたよう騒ぎになる。頼家が急病となり、同8月には危篤状態になったからだ。

 タイミングが良すぎる。頼家は幼いころは病弱で、この半年前にも体調不良の兆候があったが、20歳の若者が急に危篤になるものなのか。不自然であることから、全成謀殺に対する北条家側の報復として頼家に毒が盛られたという説がある。

 頼家は死を覚悟。同8月27日には5歳の長男・一幡(佐野仁音)に鎌倉殿の座と日本国総守護職を継がせることを決めた。一幡の母は比企能員の娘で頼家の側室・若狭局(山谷花純)。『愚管抄』によると、この決定の直後に頼家は死に備えて出家した。

 一幡が跡継ぎと決められた際、関東28カ国の地頭職(荘園や公領の支配者)と守護職(軍事行政の統轄者)が一幡に譲られ、関西38カ国の地頭職は千幡に譲り渡されるという財産分与が決まった。『吾妻鏡』にはそう記されている。

 一幡という頼家の後継者がいながら、千幡との分割相続となった訳である。妙な話だ。この決定をしたのは時政だというのが通説である。

 面白くないのが一幡の外祖父・能員。『吾妻鏡』によると、若狭局を通じ、頼家に対し「時政を討ちたい」と伝えた。これを聞いた頼家は能員を御所に呼び、病床で自分の外祖父である時政の追討を命じた。骨肉の争いである。

 この密議を障子越しに聞いていた人物がいた。政子だ。スパイ小説さながらである。頼家は我が子だが、景盛討伐未遂事件や全成謀殺事件などによって関係は冷えていた。政子は密議をそっくり時政に知らせた。


■比企の乱


 同9月2日、時政は能員に対して「薬師如来(病気を治す仏様)が完成したので供養をやりたい」と伝え、自邸に招く。追討しようとしている相手の家に行ってしまったのだから、能員には油断があった。能員は時政邸に着くなり殺害されてしまう。「比企氏の乱」である。

 同時に比企邸も攻められた。実行したのは義時、北条泰時(坂口健太郎)、畠山重忠(中川大志)、三浦義村たち。政子の命令だった。これにより頼家の跡を継ぐはずだった一幡も若狭局も死んだ。比企家は滅亡した(これは『吾妻鏡』の記録。『愚管抄』には一幡は同11月3日に義時の命令で殺されたとある)。

 比企の乱からの時政の動きは速かった。殺害から1夜明けた1203年9月3日までには京へ使者を出し、「千幡を頼家の後継者として認めて欲しい」と申し出た。この時、頼家は生きていたが、死んだことにしてしまったというから、時政もムチャだった。

 後鳥羽上皇(菊井りひと)は時政の求めに応じ、千幡の鎌倉殿の継承を許す。同時に3代目の征夷大将軍に任じた。また千幡に実朝という名前を与える。この時、実朝は12歳だった。


■頼家の哀れな死


 頼家はどうなったのかというと、同9月5日になって急に病が回復する。いよいよ病気ではなかったように思える。ただし、もう鎌倉殿でも将軍でもない。同7日、頼家は伊豆国修善寺(静岡県伊豆市)に幽閉された。

 頼家は幽閉から1年近くが過ぎた1204年7月、入浴していたところを北条家が送り込んだ刺客に殺される。暴れたことを理由に首をヒモで縛られ、下半身を切り取られた。惨殺だった。

 一方、実朝の将軍襲名は時政にとっては好機到来だった。やっと自分が自由に動かせる政権が出来た。時政は幕府の政治を動かす政所の筆頭別当(政務執行者の中心人物)に就任する。つまりは初代執権である。

 時政は頼朝時代には舅(しゅうと)ということで引き立てられてはいたものの、役職には就かせてもらえなかった。その反動なのかも知れない。頼家時代以降はひたすら権力を求めて突き進む。頼朝亡き後のトラブルメーカーは時政にほかならない。

高堀冬彦(たかほり・ふゆひこ)
放送コラムニスト、ジャーナリスト。大学時代は放送局の学生AD。1990年のスポーツニッポン新聞社入社後は放送記者クラブに所属し、文化社会部記者と同専門委員として放送界のニュース全般やドラマレビュー、各局関係者や出演者のインタビューを書く。2010年の退社後は毎日新聞出版社「サンデー毎日」の編集次長などを務め、2019年に独立。

デイリー新潮編集部

関連記事(外部サイト)