水卜アナ「ZIP!」の救世主となるか ドラマ「泳げ!ニシキゴイ」制作のウラ側

水卜アナ「ZIP!」の救世主となるか ドラマ「泳げ!ニシキゴイ」制作のウラ側

水卜麻美アナ

 日本テレビの朝の情報番組「ZIP!」内で、再び“朝ドラ”が始まった。「泳げ!ニシキゴイ」のタイトルで、昨年のM-1グランプリで優勝したお笑いコンビ「錦鯉」のサクセスストーリーだ。スキンヘッドの長谷川雅紀(50)を演じるのはSixTONESの森本慎太郎(24)、漫才界の坂田藤十郎(命名:黒柳徹子)こと渡辺隆(44)には渡辺大知(31)という異色のキャスティングである。日テレは「今度こそ!」と意気込んでいるという。

 ***

 開口一番、「こ〜んに〜ちは〜!!」と大声でバカキャラを炸裂させる長谷川に対し、冷静に「こんばんはだよ!」「うるせぇな!」とツッコむ渡辺……21年12月にM-1グランプリのチャンピオンとなった錦鯉だ。

 7月19日、彼らを主人公にしたドラマ「泳げ!ニシキゴイ」がスタートした。「ZIP!」(平日5:50〜8:00)内で、7時50分頃からの放送されている。この時間帯のドラマ放送は、今回が2度目となる。今年3月には「サヨウナラのその前に」が放送された。日テレ関係者が言う。

「昨年4月から『ZIP!』のMCに水卜麻美アナが就任していますが、なかなか視聴率が上向きません。そこで、話題作りのために放送したのが『サヨウナラのその前に』でした。1話8分程度で約1カ月放送されたのですが、結果は良くなかった」

 地球へ接近する巨大隕石が見つかり、“地球滅亡”の恐怖の中、最後の日を意識しつつもの日常を送る5人の主人公を、曜日ごとに描くというドラマだった。


■不評だった第1弾


「ネット上には辛口のコメントが相次ぎました。《朝から暗すぎる》《出社前に見たくない》《地球滅亡までのカウントダウンとか冷める》《地球滅亡より、ウクライナとロシアの紛争がリアル》などなど、歯に衣着せぬ書き込みが氾濫しました。一部のドラマ好きは視聴したようですが、朝には全く合わない内容だったため、『ZIP!』の視聴率はドラマが始まる7時49分以降、かえって下がるという結果に終わってしまいました」

「ZIP!」と水卜アナを苦しめてしまったのだ。

「このままでは『ZIP!』のブランドイメージを傷つけてしまうと考えた日テレ上層部は、7月から第2弾をスタートさせることを、4月初旬には決定していました」

「サヨウナラのその前に」の放送が終わった直後である。なぜ、再びドラマなのか。

「狙いはあくまでも『ZIP!』の数字を上げること。しかし情報番組には、特効薬となるような企画はなかなか出てきません。固定視聴者を掴むには朝ドラの成功しかないと考えているようです。しかし、前回の失敗は繰り返せない。日テレは社外秘で朝ドラ企画を募集し、“万人向け”で“NHKっぽい”企画を選んだのです」

“NHKっぽい”企画とは?


■ドラマ制作部が足りない


「幼少期から大人になるまでの半生を描くことです」

 それが錦鯉のサクセスストリーというわけか。彼らがM-1グランプリで優勝したのは昨年末だから、確かに最近決定した企画なのだろう。

「正式決定したのは5月中旬です。実は、当初は7月1日スタート、放送期間は1クール(3カ月)の予定で進めていました。しかし、ドラマ制作部の人数が少ないこと、さらに主演のキャスティングに難航したことで、19日スタートとなったのです」

 王者・日テレのドラマ制作部の人数が少ない?

「日テレ制作のドラマは、長らく水曜と土曜の週2枠しかありませんでした。そこへ日曜ドラマ枠が加わり、週3枠となりました。さらにHuluがグループ会社となったため、配信用のスピンオフドラマの制作するようになっている。その上、今年4月期の水ドラ『悪女(わる)』は、TVerで配信用の8・5話、9・5話、10・5話といったコンテンツまで制作しているので、ドラマ制作部は恒常的な人手不足が続いているのです。ですから今回は急遽、映画事業部のプロデューサーをレンタル人事異動して投入するということまで行われました」

 日テレは本気のようだ。それだけに、自分たちがドラマ化されることに錦鯉の2人も驚いているようだ。渡辺はこうコメントしている。


■ジャニーズが真面目にハゲヅラ?


《まさか自分達がドラマになるなんて夢にも思いませんでした。/五十歳の禿げた歯のないおじさんと普通のおじさんがドラマになる。三年前アルバイトをしていた自分に教えたらおそらく信じてはくれないと思います。(後略)》

 前述の通り、錦鯉の2人のキャスティングだけは発表されている。《五十歳の禿げた歯のないおじさん》こと長谷川を演じるのが、SixTONESの森本である。

「森本は『ナンバMG5』(フジテレビ)で、主人公の難破剛(間宮祥太朗)の親友でケンカは強いが頭は悪い大丸大助を好演し、ジャニーズらしからぬ役を演じられます。また錦鯉・渡辺を演じる渡辺大知は、元々はロックバンド黒猫チェルシーのボーカルでしたが、その後、俳優に。NHKの朝ドラ『ちむどんどん』では、良子(川口春奈)に結婚を迫り、もう一歩のところで振られてしまう御曹司(喜納金吾)を熱演しました。2人ともコメディもシリアスな演技も任せられる俳優です」

 話題になりそうだが、出身も異なり(長谷川は北海道札幌市、渡辺は東京都江戸川区)、年齢は7つも違うコンビをどう描いていくのかも興味深い。もっとじっくり作ったほうが良さそうな気もするが、日テレは朝ドラの放送をなぜ、そんなに急いだのだろう。

「『ZIP!』は裏番組『めざましテレビ』(フジ)に負けている状態ですが、学校が夏休みに入るとフジテレビは10代の視聴者が増加し、さらに苦しくなるんです。だから、どんなに遅くとも夏休みに入る前に放送をスタートさせなければならないという思惑があったのです」

デイリー新潮編集部

関連記事(外部サイト)