【鎌倉殿の13人】慈悲深い、日本三大悪女と言われた「北条政子」と「小池栄子」の共通点

【鎌倉殿の13人】慈悲深い、日本三大悪女と言われた「北条政子」と「小池栄子」の共通点

小池栄子

 NHK大河ドラマ「鎌倉殿の13人」は後半に入り、小池栄子(41)が演じる北条政子の存在感が回を重ねるごとに増してゆく。政子には「慈悲深い女性」との人物評がある一方、「日本の3大悪女」に数えられている。どちらが真の政子か。史書から探りたい。


■政子のキャラクターは小池栄子と重なる


 24年前に小池をスカウトした元所属事務所代表の野田義治氏(76)は政子役の演技を手放しで誉める。その上で「政子のキャラクターには彼女自身の実像と重なり合う部分があると思いますね」と語った。一例は男性との向き合い方である。

「一途なんです」(野田氏)

 政子は第1話で出会った源頼朝(大泉洋、49)に惹かれると、それ以外の男性には目もくれなかった。

 小池もそう。2002年に元格闘家の坂田亘氏(49)と知り合うと、一途に思いを寄せ、2007年に結婚。坂田氏は現在、小池の個人事務所の代表も務めており、公私ともにパートナーである。

 野田氏は小池にとって政子役はハマり役だという。

「芝居の幅が広く、仏様にも般若にもなれますから」(野田氏)

 確かに「鎌倉殿――」の政子は慈悲深い人物であるものの、怒ると怖い。第12話の「亀の前騒動」(1182年)が好例だ。さて、史書には政子という女性がどう記されているのか。

 まず基本的なことを確認しておきたい。名前だ。実は頼朝も父親の北条時政(坂東彌十郎、66)も「政子」という名前を知らない。政子と名付けられたのは2人が他界した後の1218年だからである。

 政子が朝廷から従3位の位階を授与された際、公文書に名前を記す必要があったため、命名された。時政から1字取った。

 ただし、日常生活で政子と呼ぶ人はいなかった。あの時代、女性のことはその人の立場で呼ぶのが一般的だったからだ。

 このため「御台所(将軍の妻)」と呼ばれた。1199年に頼朝が他界すると出家したので「尼御台所」になった(『吾妻鏡』)。


■木曽義仲の妹を救っていた


 次に政子の人間性に目を向けると、情けに厚い女性だった。「鎌倉殿――」では描かれなかったが、1184年に頼朝軍が討った木曽義仲(青木崇高、42)の妹・宮菊もいたわった。

 京で暮らしていた宮菊が生活に困り、周囲から嘲笑の的になっていることを知ると、心を痛め、1185年に鎌倉に呼び寄せた。そして自分の養女にした。さらに美濃国(現・岐阜県南部)の一部を領地として与え、一生暮らしに困らないようにした。

 北条家と対立したことから、1204年に殺害された自分の長男で2代将軍の頼家(金子大地、25)の遺児にも心を配った。頼家と正室・辻殿(北香那、24)の子である公暁(寛一郎、25)は、自分の次男で3代将軍・実朝(柿澤勇人、34)の猶子(親族の子を自分の子として迎え入れること)にした。

 公暁には仕事と立場も与えた。鶴岡八幡宮の別当に就けた。同神社のトップである。当時、鶴岡八幡宮は鎌倉文化の中心だったので、厚遇と言えた。それでも公暁の胸の内には復讐心が渦巻いていたのだが…。

 女子も同じ。頼家と側室・若狭局(山谷花純、25)の娘とされる竹御所も実朝の正室・西八条禅尼の猶子にした。

 そんな心配りも虚しく、1219年2月に公暁が実朝を暗殺すると、政子は幕府の屋台骨を支える。政治判断を下す一方、御家人たちをまとめた。政子にはそれが出来た。


■実朝暗殺で揺れる幕府を支える


 実朝暗殺は幕府の土台にヒビが入っても不思議ではない重大事件だった。頼朝の子である将軍が孫に殺されてしまったのだから。

『愚管抄』によると、公暁は実朝を斬る際、「親の敵はこう討つのだ」と怨嗟の言葉を口にしたというから、強い意志を抱いた犯行だった。御家人たちに衝撃が走った。

 だが、政子は気丈だった。『吾妻鏡』によると、政子は暗殺当日、御家人たちに公暁一派の糾弾を命じた。御家人たちの多くは実朝の死を悲しみ、暗殺翌日には100人余も出家したが、政子は冷静に対処した。

 暗殺から約半月後、政子は政所執事(幕府政務機関の上級職員)の二階堂行光を京へ派遣する。4代将軍は皇族に就いてもらおうと考えたためだ。そうなれば幕府は安泰だと踏んだ。政子には頼朝に負けない知恵と行動力があった。


■甥の殺害を指示


 非情な面があったところも頼朝と重なる。行光の上洛と同時期、駿河国(現・静岡県中部、北東部)で謀反の動きがあった。それを知ると、ただちに鎮圧するよう命じた。首謀者は殺害するよう指示した。

 当たり前の命令のようだが、首謀者は自分の甥・阿野時元だった。頼朝の弟・阿野全成(新納慎也、47)と自分の妹・阿波局(宮澤エマ、33)の息子である。

 時元は源氏と北条氏の血をどちらも受け継いでいるため、自分こそ正統な後継者と考えていた。だが、政子にその気はなく、次の将軍はあくまで皇族に任せたかった。

 幕府のこととなると、情に流されなかった。

 政子は後鳥羽上皇(尾上松也、37)に対し、上皇の皇子・雅成親王か、同じく頼仁親王に4代将軍になって欲しいと頼んだ。だが、上皇は断る。

 結局、摂家(公家の家格の頂点に立つ5家)の藤原頼経を将軍として迎え入れた。頼経は頼朝の妹・坊門姫の曾孫なので、頼朝の遠縁でもあった。

 ひとまず後継者問題は片が付いたが、当時の頼経は2歳。判断力が付くまでは誰かが代わりに政権を運営しなくてはならない。その役目を果たせるのは政子しかいなかった。こうして「尼将軍」は誕生した。

 朝廷から征夷大将軍を任ぜられた訳ではないが、将軍と同等の実力者だった。1225年に政子が他界した後に書かれた歴史書『鎌倉年代記』(1331年ごろ)などには政子も歴代将軍の1人として名が記載されている。陰に隠れた存在ではなく、表立って政治を動かした。


■3大悪女と呼ばれる理由


 心配りがあり、政治力と人心掌握力を持ち、非情にもなれる――。

 政子は優れたリーダーと思えるが、日野富子(室町幕府第8代将軍・足利義政の正室)、淀殿(豊臣秀吉の側室で同秀頼の母)と並び、「日本3大悪女」と呼ばれる。どうしてか。

 まず、1203年に頼家が比企能員(佐藤二朗、53)に時政の討伐を許した際、この密議を障子越しに盗み聞きして、そのまま時政に伝えたからだろう(『吾妻鏡』)。相手の動きを知ることが出来た時政は先手を打って能員を殺害。比企一族を滅亡させた。

 この直後、頼家は伊豆国修善寺(静岡県伊豆市)に幽閉される。翌1204年には北条家が放った刺客によって惨殺された。

 当時、頼家と北条家の間には埋められない溝があった。頼家は時政の討伐を許したのだから、そうなるのも仕方がない。とはいえ、結果的に政子が我が子を見殺しにする形になった。これも悪女評につながっている。

 また政子は弟の北条義時(小栗旬、39)と一緒になって時政と継母・牧の方(宮沢りえ、49)を鎌倉から追放した。理由はともあれ、これも悪女評の理由になっている。1205年のことだった。

 なぜ時政と牧の方は鎌倉を追われたのか。執権だった時政は同年6月、自分の娘婿である畠山重忠(中川大志、24)を滅亡させた。謀反の罪をデッチあげてのことだった。『吾妻鏡』によると、重忠討伐を命じられたのは義時と時房(瀬戸康史、34)の息子2人。義時は反対したものの、命じられたら従うしかなかった。

 時政が重忠を討たせた本当の理由は、重忠とその息子の重保が気に食わなかったからだった。1204年、やはり自分の娘婿で、頼朝の猶子だった平賀朝雅(山中崇、44)と重保が口論をしたことが面白くなかった。当時、時政と牧の方の子供・政範が16歳で病死したばかりで、2人の精神状態が良くなかったとされている。

 さらに時政は広大な武蔵国(現・東京都、埼玉県、神奈川県北東部)の支配権を握りたかったのだと見られている。当時の重忠は武蔵国の留守所惣検校職(国の在庁官人の長官)だった。

 重忠を討った後、義時は時政に謀反の事実はなかったと報告した。御家人たちの間でも謀反はデッチあげだったという認識が広まる。時政への不満が高まった。

 自分への風向きが悪くなっていると感じた時政は牧の方と一緒に奇策を考え出す。朝雅を4代目の将軍にしようと目論んだのだ。

 朝雅が将軍になったら、幕府全体をコントロールできると考えた。このため、実朝の暗殺を計画する。同年7月の「牧の方事件」である。

 だが、無茶にも程があった。頼家から権力を奪い、その弟で12歳だった実朝を3代将軍に据えたのはほかならぬ時政なのだから。それから2年しかたっていなかった。

 時政らの陰謀を知った政子は御家人たちに実朝をただちに保護するよう命じた。一方、時政は全ての役職を剥奪されて失脚する。そうでなくても御家人たちの心は時政から離れていた。時政は牧の方と出家した。

「鎌倉殿――」から大泉洋による頼朝が消えたことを淋しく思っている人もいるだろうが、政子の活躍の場面が増え、頼朝ロスを埋めてくれるはずだ。

高堀冬彦(たかほり・ふゆひこ)
放送コラムニスト、ジャーナリスト。大学時代は放送局の学生AD。1990年のスポーツニッポン新聞社入社後は放送記者クラブに所属し、文化社会部記者と同専門委員として放送界のニュース全般やドラマレビュー、各局関係者や出演者のインタビューを書く。2010年の退社後は毎日新聞出版社「サンデー毎日」の編集次長などを務め、2019年に独立。

デイリー新潮編集部

関連記事(外部サイト)