「ちむどんどん」賢秀だけではない 朝ドラ、ヒロインの“ダメ家族”ワースト5を選出

「ちむどんどん」賢秀だけではない 朝ドラ、ヒロインの“ダメ家族”ワースト5を選出

賢秀(竜星涼)を超える“ダメ家族”は――

 NHKの朝ドラ『ちむどんどん』の評判がなかなか上がってこない。その原因のひとつとしてヒロイン・比嘉暢子(黒島結菜)の兄・賢秀(竜星涼)の存在を挙げる人は少なくない。家族思いの一面はあるものの、それ以上に素行が悪く、傍若無人な振る舞いに観る側はイライラが募るばかり。ここ最近は“寅さん風のキャラ”にイメチェンしつつあるが、今さら、これまでの悪行の数々が許されるわけもない。

 だが、過去の朝ドラにはこの賢秀に負けるとも劣らない“ヒロインのダメ家族”が登場している。2010年度以降の作品に絞って選んだワースト5をご紹介しよう。

 第5位は『半分、青い。』(2018年上半期作)のヒロイン・楡野鈴愛(永野芽郁)の元夫・森山涼次(間宮祥太朗)。“夫として、父親として無責任極まりない行動”は完全にアウトだった。それもこれも人懐っこいものの、不都合なことを打ち明けられずに隠したり、事後報告するなど八方美人的な性格が原因である。映画会社の助監督だが、師事する映画監督・元住吉祥平(斎藤工)が撮影する新作映画のスポンサーが降板した際、独断で結婚資金をつぎ込むなどの問題児っぷり。それでも鈴愛は夢に向かう涼次を応援するなど、献身的に支えていた。

 結婚から2年後、鈴愛の妊娠を機にようやく家族のために映画界から身を引くことを決意し働き始めたが、夢をどうしても諦めきれず、鈴愛の目を盗んで密かに祥平と連絡を取り合う。結局、結婚から7年目にして自身の映画監督デビューが具体化し、安定した生活を捨てて夢に賭けることを決めてしまうのだ。鈴愛と娘に突然別れを切り出すと、再び祥平の元へ身を寄せてしまった。

 この翌年に公開された監督作は大ヒットを記録。そこから3年を経て鈴愛と再会し、離婚時のことをようやく謝罪した。

 さらに、やり直さないかと鈴愛に再プロポーズしているが、当然のようにすぐに断られている。

 第4位は『スカーレット』(19年下半期作)のヒロイン・川原喜美子(戸田恵梨香)の父・常治(北村一輝)だ。人は良いが、意地っ張りで酒好き。さらに調子に乗りやすい性格が災いして幾度となく家族を窮地に追いやってしまった。そもそも物語自体、戦後すぐに常治が事業に失敗し、一家が大阪から滋賀県の信楽に転居する場面から始まっている。常治は新天地で運送業を立ち上げ、喜美子も中学卒業後に大阪で働き始め、美術学校進学を夢見るように。だが喜美子不在の間に借金や飲み屋のツケなどで家計は困窮してしまう。すると母親が倒れたと嘘をつき、喜美子を信楽へ呼び戻してしまうのだ。当然、喜美子は反発したが、荒んだ家庭事情を知り、泣く泣く従うことに。

 さらに婿を取って喜美子を早く結婚させようと画策したり、絵付け師修行に反対したりと身勝手な振る舞いが目立っていた。喜美子の結婚の際には相手を気に入らず、猛反対し、結局、条件つきでようやく折れた。

 最期は末期がんで死去した。家族に散々迷惑をかけてきたが、最後は喜美子と和解した(孫の武志が生まれ、すっかり好々爺になっていた)ことだけが唯一の救いといえよう。


■朝ドラ史上最大の毒父


 第3位は記憶にも新しい前作『カムカムエブリバディ』から、初代ヒロイン・橘安子(上白石萌音)の兄・算太(濱田岳)である。そもそもトラブルメーカーで、戦前から周囲との諍いが絶えなかった。14歳で家業の和菓子屋“たちばな”で修行を始めていたものの、サボりや悪事を繰り返し、挙句借金まみれになったこともある。

 戦後、戦地から復員して安子と再会したあとのこと。安子の亡き夫の実家である雉真家に居候し、兄妹で力を合わせ“たちばな”を再興させようと奮闘していたものの、その再建資金を持ち逃げし、突然失踪してしまう。理由は、ほのかな想いを寄せていた雉真家の女中・雪衣(岡田結実)に失恋してしまったため。つまり自暴自棄になり二人が稼いだ貯金を持ち逃げして蒸発してしまったのである。

 この裏切りは安子と娘・るい(深津絵里)が長きに渡って断絶する遠因になった。42年後にるいと再会を果たした際、自身の死期を悟っていたこともあり、持ち逃げした通帳と10年前に開設して毎月入金していた口座の通帳をるいに手渡し詫びていたが、失踪の真相を語ることなくこの世を去った点もマイナスだろう。

 第2位は“朝ドラ史上最大の毒父”と誉れ高いキャラクターだ。『おちょやん』(20年下半期作)のヒロイン・竹井千代(杉咲花)の父・テルヲ(トータス松本)である。そのクズエピソードを挙げていけばキリがない。小さな養鶏場を営んでいたものの、酒浸りで幼い千代に仕事を任せきり。貧乏暮らしが続いていた。そして千代が9歳のとき、後妻ができると邪魔者扱いし、大阪道頓堀の芝居小屋に奉公に出してしまう。

 千代が去ったあとも酒と博打で借金を作り続けた。計3度、千代の前に現れている。最初は借金のカタに彼女を身売りしようと画策。トラブルに巻き込まれた千代は道頓堀にいられなくなり、京都へ逃れた。京都で女優として成功すると再び現れ、今度は千代の通帳を盗もうとするのだ。このとき呆れ果てた千代に所持金すべてを投げつけられて絶縁されている。

 そして3度目、このときは長年の自堕落な生活のツケで肝臓を患い明日をも知れぬ命となっていた。さらに借金取りから千代を助けるため乱闘騒ぎを起こしてしまい投獄されてしまう。この直後、留置場に接見しに来た千代から今まで受けてきた仕打ちの恨みをぶつけられ、涙ながらに詫びるのだが、結局彼女は許すことはなく、その日の夜に静かに息を引き取った。唯一の救いは最後に千代がテルヲに対し、親子としての関係だけは回復させる言葉を投げかけたことだろう。最後の最後まで娘に迷惑をかけっぱなしの“トンデモ親父”であった。


■ワースト1位は…


 ワースト第1位は『ちむどんどん』と同じく沖縄が舞台の『純と愛』(12年下半期作)から。ヒロイン・狩野純(夏菜)の父・善行(武田鉄矢)だ。本作は純の祖父が生前、沖縄の宮古島で経営していた魔法の国のようなホテル“サザンアイランド”の再生を夢見た純が孤軍奮闘する……というストーリー。純とことごとく衝突したのが善行だった。もともと大阪育ちの商社マンだったが、仕事に失敗し、宮古島にある妻の実家に一家で転居。不本意ながら義父が経営するサザンアイランドで働いていた。義父亡きあと、社長に就任するも、島とホテルを毛嫌いしていたこともあり、経営は右肩下がりになって負債を抱えるように。困った善行はホテルを売却しようとするが、これに抵抗したのが純だった。

 純が手を尽くし、ホテル存続の希望が見え始めた矢先、台風で大打撃を受けてしまう。結局、猛反対する家族を欺いて善行はホテルと自宅を売却。純はショックで一時期自暴自棄な日々を送り、狩野家も一家離散状態になった。

 『おちょやん』のテルヲは陽気で朗らかな一面もあったが、善行は性格的にかなり屈折している。客と取引先に対しては腰が低いが、頑固でプライドが高く、卑劣・非情。常に後ろ向きな発言をし、何かにつけて四字熟語やことわざを用いて説教するため、家族から煙たがられていた。最期はあっけなく海で溺れて急死するのだが、その死で一家がまとまりを取り戻したことはなんとも皮肉であった。

 本作では他にも性格に難ありのキャラクターが多々登場しているが、そのなかでも善行が発する“負のオーラ”は圧倒的なものがある。“金八先生”で理想の教師像を演じた武田鉄矢がここまでの悪役を演じたことも強烈なインパクトを残しているという点でも忘れがたい。

上杉純也

デイリー新潮編集部

関連記事(外部サイト)