倉科カナが「刑事7人」を突然、卒業の怪 六角精児と同じパターンか

倉科カナが「刑事7人」を突然、卒業の怪 六角精児と同じパターンか

倉科カナ

 東山紀之(55)主演の「刑事7人」(テレビ朝日)シーズン8がスタートした。ところが初回に、シーズン1から出演してきた倉科カナが(34)がいきなり番組を卒業してしまったのだ。当日、「徹子の部屋」(同)に出演し、番組の宣伝をしていたのに……。

 ***

 7月13日の初回、倉科演じる専従捜査班の紅一点・水田環は、新人・坂下路敏(ジャニーズWESTの小瀧望[25])の教育係を買って出る。無事に事件が解決すると、彼女は安心したように、キャリアアップのため米FBIに研修に行くことを宣言し、去って行った。

 2015年のシーズン1から出演してきた倉科の卒業は、あまりに唐突だった。そのため、ジャニーズに押し出されたかのような印象も……。民放プロデューサーに聞いた。

「シリーズ卒業は、倉科と所属事務所が考えて踏み切った結論だったと思います。それだけに、彼女が当日昼に出演した『徹子の部屋』は、清々しさすら感じました」

 芸歴16年の倉科にとって、「徹子の部屋」は初出演だった。

徹子:初登場ですので自己紹介を。

倉科:倉科カナと申します。女優をやっております。出身地は熊本県で(血液型は)O型です。よろしくお願いします。

徹子:18歳の時にデビューなすって……。21歳の時に朝ドラの「ウェルかめ」でヒロインをなさって大ブレーク!

――ワイプに映っていた倉科がちょっと困ったような表情になるが、そんなことにはお構いなしで徹子の紹介は続く。


■「徹子の部屋」でアピール


徹子:で、現在、東山紀之さん主演の「刑事7人」に唯一の女性刑事役でご出演。もう8年目になるんですって?

倉科:8年目なんです。ファーストシーズンからいるメンバーって少なくて。3人ぐらいしかいないんです。ほぼキャストが男性ばっかりなので、逆ハーレム状態です!

「刑事7人」の宣伝に入り、最後に徹子が番組の見所を聞いた。

倉科:先ほど予告にあったとおり、1人入ってきたら、またどなたかが抜けるかもしれないので、是非注目していただきたいです。

 抜けたのが倉科自身だったわけだ。それにしても、そんなにメンバーが替わっていたとは意外だ。民放プロデューサーが言う。

「『刑事7人』は、同じ水曜9時枠の刑事ドラマ『相棒』や『特捜9』などとは異なり、シーズンによって所属部署まで変わる。そもそもタイトル通り、刑事が7人いたことはほとんどないという異色ドラマです。過去には、シーズン2で鈴木浩介が殉職し、シーズン3では片岡愛之助が逮捕、その責任を取って高嶋政宏が所轄に飛ばされたこともありました」

 いずれも、卒業後は大忙しである。


■朝ドラ女優で売れないことも


「倉科も『刑事7人』のレギュラーを長く務められたことは嬉しかったでしょうが、このドラマが長く続けば、他の仕事ができなくなってきます。『相棒』で鑑識の米沢守を長く演じた六角精児さんも、他の仕事ができないからと辞めました。彼女も最近は舞台の仕事が順調ですから、今後の成長を考えて卒業に踏み切ったのでしょう」

 彼女は今月19日、東京・銀座で行われたイベントに出席し、演技についてこう語っている。

倉科:同じような役柄が続くことから脱したい。まだまだやってみたい役柄がたくさんあるので、芸歴を重ねていって一つ一つ丁寧にこれからも作品に向き合っていきたい。

「彼女はもともと、演技力は評価されていましたが、役に恵まれなかった。ようやくブレイクしたと言っていいと思います」

 朝ドラのヒロインだったのに?

「女優の登竜門と言われる朝ドラでも、みんながみんな売れるわけではありませんから」

 朝ドラ女優は、3つのパターンに分かれるという。

1:朝ドラがヒットしてそのまま売れる。
2:朝ドラ抜擢でも、作品がダメ。
3:朝ドラがダメでも女優が魅力的で売れる。

「1は竹内結子や松嶋菜々子。2が倉科や夏菜、瀧本美織。3が多部未華子でしょう。中でも倉科が主演した『ウェルかめ』(2009年後期)の平均視聴率13・5%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)は歴代最低記録でした」

 それもあって「徹子の部屋」では一瞬、表情が強張ったのか。もっとも、今年2月、彼女は読売演劇大賞の優秀女優賞を受賞した。

「初の演技賞だそうです。5月には世田谷パブリックシアターなどで上演された主演舞台『お勢、断行』(作・演出=倉持裕)で悪女も演じました。すでにオファーもたくさんあるそうです」

デイリー新潮編集部

関連記事(外部サイト)