「ファミマのしじみ味噌汁をたぶん日本一飲んでる」 ガリチュウ福島がコンビニで発見したモノマネネタとは

「ファミマのしじみ味噌汁をたぶん日本一飲んでる」 ガリチュウ福島がコンビニで発見したモノマネネタとは

コンビニのヘビーユーザーだという

■『あなたとコンビニとニッポン』ガリットチュウ福島善成×渡辺広明


 全国5万8000店舗、年間155億人が買い物する“コンビニ超大国ニッポン”。老若男女、昼夜を問わずさまざまな人が訪れるコンビニは、その目的や利用方法も人によってさまざまだ。「コンビニとの付き合い方」を覗いた先に見えてくるものとは? コンビニジャーナリスト・渡辺広明氏が、ゲストを招きコンビニについて大いに語り合う──。

 今回のゲストは、お笑いコンビ・ガリットチュウの福島善成氏(44)。豊富なモノマネレパートリーで活躍を続ける一方、近年はお笑い以外の活動として柔術にも挑戦していることも話題に。7月10日に行われた「第5回全日本マスター柔術オープントーナメント」では「青帯ライト級」で優勝し、各メディアで報じられたことは記憶に新しい。興味深い活動を続ける福島氏は、どうやらコンビニのヘビーユーザーとのこと。いったい、どのように利用しているのか?


■地元時代のコンビニは「ヤマザキ」一強!


渡辺広明(以下、渡辺):福島さんは熊本県の天草市出身ですよね。失礼な質問かもしれませんが、福島さんが子どもの頃、天草にコンビニってありました?

福島善成(以下、福島):なかったんですけど、僕が小学4年か5年くらいのときにできたんですよ。地元では大ニュースになり、行列ができた記憶があります。

渡辺:コンビニチェーンはどちらですか?

福島:デイリーストア(ヤマザキデイリーストア)です。

渡辺:デイリーヤマザキの前身ですね。

福島:僕の記憶ですけど、たしかこの店舗、当時の熊本県のコンビニで売上ナンバーワンだったんですよ。

渡辺:それはすごい! 立地でしょうか?

福島:そうだと思います。国道沿いにあって、旅行客も地元住民も利用していました。駐車場もサッカー場みたいな広さでしたから(笑)。この店舗が成功したおかげか、しばらくは天草中がデイリーストアだらけでした。

渡辺:天草市のコンビニはヤマザキ系からスタートしたんですね。最初に出店するチェーンは好立地を押さえられるので有利です。今もそのデイリーストアはありますか?

福島:もうないです。

渡辺:大手に負けちゃいましたか。

福島:気が付けば大手チェーンですね。今はファミマ(ファミリーマート)が多くて、次にローソン 、あとセブン(セブン-イレブン)もいくつか…という状態だと思います。でも、僕が地元を出る90年代半ばまではデイリーストア一強だったと思います。あとはマイナーかもしれませんけど、「リック(RICマート)」くらいじゃないですかね?

渡辺:リック? 初耳です。ちょっと待ってください、調べます…。

福島:やっぱマイナーでしたか(笑)。

渡辺:九州で展開しているコンビニなんですね。印象に残っている商品はありますか?

福島:その店舗はもともと大きな駄菓子屋みたいな店だったんですけど、夏になると大量に花火を売っていた記憶があります。

渡辺:2000年代に入ってから規制が厳しくなりましたが、90年代はあらゆる場所で手持ち花火OKでしたからね。僕がローソンのバイヤー時代も、花火はめちゃめちゃ売れました。ローソンだけで年間18億円くらいの取引があって、当時の手持ち花火のシェアは約6%。これはトップシェアだったんですよ。

福島:たしかに「夏はコンビニで花火」の印象が強いです。ロケット花火が好きだったけど、爆竹も中国の祭りレベルで遊んでました。

渡辺:春節ですか(笑)。当時のコンビニはやんちゃな若者のたまり場としても利用されていましたね。天草はいかがでしたか?

福島:ヤンキーがいましたよ。そう言えば、中学の時に好きだった女の子が、高校になってヤンキーになってて驚いたんですけど、それを見かけたのもコンビニの駐車場でした。

渡辺:好きだった子がヤンキーに…。

福島:男のヤンキーと一緒にいて、そいつの原付にノーヘルで2ケツする姿を見送りながら、「変わっちゃったなぁ…」って。

渡辺:甘酸っぱいですね。


■オリンピック前にコンビニから消えた成人誌


渡辺:ヤマザキ一強の天草から上京した福島さんですが、東京に来てからコンビニの印象は変わりましたか?

福島:最初に住んだのは千葉県の船橋市でしたが、ローソンだらけでした。

渡辺:ドミナント戦略を行っているので、地域によって偏りますよね。

福島:当時はコンビニ弁当にお世話になりましたが、立ち読みすることも多かったです。昔は普通に立ち読みできたじゃないですか。

渡辺:今も禁止されているわけではありませんが、コンビニで扱っている雑誌やコミック誌の数が激減しましたからね。当時のコンビニは「立ち読み客がいれば、強盗が入りにくい」という考え方があり、深夜の立ち読みを密かに推奨する店舗もありました。

福島:立ち読みと言えば、いまだに印象に残っていることがありまして、船橋のローソンで立ち読みしようと思って入店したら、ランドセルを背負った小学生が一心不乱にエロ本を読んでたんですよ。昔はコンビニで普通にエロ本読めましたもんね。語弊があるかもしれませんが、なんか良い時代だったなと。今だったら絶対に無理じゃないですか。

渡辺:無理ですね。そもそも3年ほど前にコンビニから成人誌が消えてしまいましたから。「女性が不快な思いをする」や「子どもに悪影響」などの理由も挙げられますが、そもそも成人誌がまったく売れなくなったんですよ。有り体に言えば、ネットで成人誌よりも過激なものが簡単に見られるわけですから。だから、最後の方はネットに疎い一部のシニア層しか買わなかったんです。でも、仮に今もコンビニで成人誌の立ち読みが可能だったとしても、福島さんは読まないでしょ? 周囲の目もありますし。

福島:さすがに今は無理かもしれません。昔は気にせず読んでましたけどね。そう言えば、成人誌はなくなりましたが、そっち系のお店の情報誌はまだありますよね?

渡辺:ありますが、最近は置いてない店舗が増えてますよ。

福島:マジすか! それもネットで検索できちゃうからですか?

渡辺:そうでしょうね。ただ、すすきのや中洲などの歓楽街では、まだまだ需要があります。どうやらスマホに検索履歴が残ってしまうと、都合が悪い男性がいるみたいなんですよ。

福島:なるほど。そう言えば、僕もすすきののコンビニで買った記憶あります。まぁ、買っただけで行ってないですけど。

渡辺:なんですか、それ(笑)。

福島:行ってません。とりあえず買ってみただけです。

渡辺:とりあえず、ですか。へぇ…。


■コンビニでネタが見つかることも!


渡辺:素朴な疑問というか、バカみたいなこと聞きますけど、お笑い芸人ってコンビニ使うんですか?

福島:それは人によるんじゃないですか?

渡辺:ネタ集めや人間観察の場として、コンビニに行く芸人さんとかいるかなと思いまして。

福島:あ〜、それはあるかもしれませんね。以前、僕のInstagramにもアップしましたが、「めちゃくちゃ愛想いいけどめちゃくちゃ制服が汚いコンビニ店員」のモノマネは、実際にコンビニで遭遇した店員です。全体的に汚れてるんですけど、とくに胸ポケットのところがボールペンで真っ黒なんですよ(笑)。コンビニの制服って、いつ洗うとか決まってないんですか?

渡辺:店舗ごとにルールが違うんです。制服をレンタルしている店舗は、毎回クリーニングで回収されるので安定して清潔です。一方、制服を店舗が買い取るケースもありまして、こちらはオーナーが管理して洗濯する店舗と、個人に洗濯を任せる店舗の2種類があります。福島さんがネタにした店員は、間違いなく個人が制服を管理する店舗でしょうね。 それにしても、福島さんが件のモノマネで着ているコンビニ制服の汚れ方、さすがに誇張し過ぎじゃないですか?

福島:本当に汚かったんですよ(笑)。

渡辺:これはオーナーや店長の管理責任が問われますね。ネタ集め以外…と言いますか、通常の買い物目的ではいかがでしょう。現在はどの程度の頻度でコンビニを利用しますか?

福島:ほぼ毎日利用しています。

渡辺:何を買うんですか?

福島:ファミマの「しじみ」の味噌汁は毎日飲んでます。ほかのチェーンで買うこともありますが、ファミマの「しじみ」が一番好きです。かれこれ5年ほど飲んでいるので、たぶん日本で一番飲んでるんじゃないですかね。

渡辺:ファミマを利用されることが多いですか?

福島:そうですね。家の最寄りも、道場の最寄りもファミマですし、あと吉本興業の東京本部にもファミマが入ってますから。

渡辺:あ、そうか! たしか吉本さんってファミマと提携してましたよね。

福島:決して忖度で推してるわけじゃないんですけどね。ほかのチェーンならば、ローソンの「アイスコーヒー」もよく買います。僕はコーヒーをすごく飲むんですけど、ローソンは夏場に「メガアイスコーヒー」が出るじゃないですか。あれ、本当に助かるんですよ。

渡辺:そのほかのお気に入り商品は、「ココアパウダーで仕上げたご褒美濃厚ティラミスチョコ」と「しっとり食感ガトーショコラ風チョコ」。どちらもファミマです。

福島:チョコレート大好きなんです。ただ、今は減量期間(※取材日は「全日本マスター柔術オープントーナメント」前)に入っているので、今日はこの対談用に購入してきた感じですけど。

渡辺:そう言えば、直近の大会だけでなく、9月にはラスベガスで世界大会にも出場されますよね。実は最初から気になってたんですが、今日福島さんが着てるTシャツは「ガリットチュウ福島応援Tシャツ」じゃないですか?

福島:そうです(笑)。

渡辺:さくっと検索していただければ販売サイトに辿り着けると思いますので、興味がある方はぜひ。

福島:すみません、ありがとうございます(笑)。

(取材・構成/松本晋平)

福島善成(ふくしま・よしなり)
お笑い芸人。1977年熊本県出身。東京吉本所属。ガリットチュウのボケ担当。相方は熊谷茶。東京NSC2期生。1998年コンビ結成。自身のInstagramでアップされるモノマネ画像が人気で、船越英一郎やダレノガレ明美、せんとくんなど幅広いレパートリーを誇る。また、近年は柔術の大会で優勝するなど芸人以外の活動でも注目を集めており、9月にはラスベガスで開催される「ワールドマスター柔術選手権」にも参加予定。

渡辺広明(わたなべ・ひろあき)
流通アナリスト。コンビニジャーナリスト。1967年静岡県浜松市生まれ。株式会社ローソンに22年間勤務し、店長、スーパーバイザー、バイヤーなどを経験。現在は商品開発・営業・マーケティング・顧問・コンサル業務など幅広く活動中。フジテレビ『FNN Live News α』レギュラーコメンテーター、TOKYO FM『馬渕・渡辺の#ビジトピ』パーソナリティ。

デイリー新潮編集部

関連記事(外部サイト)