拳銃も車も無い時代、人間はゾンビとどう戦うのか? 実は「韓国時代劇」が1番面白い

拳銃も車も無い時代、人間はゾンビとどう戦うのか? 実は「韓国時代劇」が1番面白い

ゾンビものの時代劇「キングダム」(NetflixのHPより)

 ネットフリックスの再生回数ランキングの上位を韓国ドラマが独占し、「地上波ドラマの視聴率が軒並み伸び悩んでいる」なんて話もちょいちょい耳にする昨今。韓国ドラマを20年来見続けている私には「ついに韓国ドラマが日本における『定番』になったんだなあ」と感慨深いのだが、そこに至ってもイマイチ普及していないのが「韓国時代劇」である。「韓国ドラマしか見ない」というガチなファンですら「時代劇はハードルが高い」なんて言うのを聞くにつけ、「なんてもったいないことを」と思わずにいられない。なぜなら時代劇は韓国ドラマで最も面白いジャンルだからだ。【ライター・渥美志保】


■日本の時代劇のイメージとは違う


 多くの日本人が思い描く時代劇は、「水戸黄門」とか「暴れん坊将軍」といった「ご年配の方が見るもの」というイメージだと思う。それに加えて、韓国の歴史や文化をよく知らないので、「韓国時代劇=あんまり興味が持てないご年配系の渋ドラマ」というバイアスが掛かってしまうのである。

 だが、いわゆる韓国の連続ドラマ枠で作られているのは「フュージョン時代劇」という飛躍した設定の時代劇なのだ。時代設定こそ李氏朝鮮や高麗など百年単位の過去だが、主演は連続ドラマ常連のスターやアイドル出身の人気俳優だし、内容はラブコメあり、復讐ものあり、サスペンスあり、スリラーあり、ファンタジーありと、バラエティ豊かだ。そして現代劇以上に面白いのは、「時代劇ならでは」の要素があるからである。


■ただの「ゾンビもの」とは違う点


 2019年に放送開始し、Kゾンビ作品(韓国で制作されるゾンビもの)の先鞭を切った「キングダム」(ネットフリックスで配信中)を例にとってみよう。同作は日本のドラマにはない発想の「時代劇ゾンビもの」で、ニューヨーク・タイムズが選ぶ「2019年のインターナショナルTVショーのトップ10」に選ばれた作品である。

 物語は、病に倒れた王が、人知れずゾンビになっているところから始まる。朝廷の権力者・領議政(よんいじょん=首相)に接見を禁じられた世子(後継指名された王子)は、病状を知ろうと寝所に忍び込み、王が怪物になっていることを知る。その真相を探るべく、職を辞した侍医の故郷を訪ねると、そこでは王と同じ感染症が大流行し「人を食う生ける屍」がウジャウジャいるのである。

 最大の見どころは、人間とゾンビの戦いである。普通の「ゾンビもの」と何が違うんだよとつっこまれそうだが、時代劇には現代のゾンビものにおいて人間側の最大の武器になる「飛び道具」が圧倒的に少ないのだ。拳銃やライフルはもちろんなく、誰もが手に取れる武器は、ある程度の距離があれば「石」で、近距離なら「竹やり」。自動車はもちろんないから、逃げるにはひたすら走るのみ。

 そんな中で世子は、首都・漢陽への感染拡大を防ぐための城砦戦を戦うハメになる。とはいえ塀はちょっと頑張ればゾンビもよじ登れる高さだし、門は大群が来ればひとたまりもない木製である。城壁の周囲に巡らした「落とし穴」も急ごしらえの手堀りなので、押し寄せるゾンビの大群ですぐに埋まってしまう。闘いはおのずとギリギリの肉弾戦となり、そのスリルはアメリカドラマ「ウォーキング・デッド」の比ではない。

 時代劇では科学や技術がないがゆえに、現代であれば大した問題にならないことがひどく困難になり、現代でも困難なことは決死の“ミッション・インポッシブル”になっていくのだ。


■DNA鑑定が出来ないからこそ


 こうした要素は、物語の設定を作るうえで非常に便利なことでもある。

 例えば「王になった男」(ネットフリックスで配信中)は、王とそっくりな旅芸人ハソンが王の影武者になる話だ。暗殺の恐怖と猜疑心、さらに薬物によって暴君と化した王と、陽気で気のいい誰にでも好かれる旅芸人は、顔は同じでも到底同じ人間には見えない。当然ながら王の政敵は、その正体に疑念を持つ。現代なら密かに髪の毛を1本抜き取ってDNA鑑定すればいいのだが、時代劇ではそれができない。

 同じことは、昨年大ヒットした「恋慕」(ネットフリックスで配信中)にも言える。主人公タミは、生まれてすぐに王宮から密かに出された王子の双子の妹なのだが、兄妹は子ども時代に偶然再会し、ある事情から役割を入れ替わることにした。ところがその時に本物の王子が死んでしまい、タミは自分が女性であることを隠して、王子として生きることになる。こちらもDNA鑑定があれば、一発で正体がバレてしまう案件である。

「恋慕」でもうひとつ注目したいのは、タミが王宮から密かに出された理由である。朝鮮王朝では「双子」は不吉とされ、もし王子が双子であれば王の後継者としての正当性を揺るがしかねない。迷信、伝統、しきたりに囚われているのも「時代」ゆえで、それは「科学技術がない」と同様の「枷」、それも人間の心を理屈抜きに縛るものであり、あらゆる葛藤の種である。「双子? めっちゃかわいいじゃ〜ん!」てな現代のようにフリーダムな世界では、「双子とバレたら一大事、でも片方殺すなんてできない」なんて葛藤は生まれず、ドラマ「恋慕」はそこで終了である。


■告白は「好きです」ではない


 こうした時代劇だからこその「枷」は、ラブロマンスをめちゃめちゃ盛り上げてもくれる。

 前出の「王になった男」では、旅芸人ハソンの善良さは王妃をも魅了し、ふたりは互いを思いあうようになる。だが2人には「財閥のお嬢様と貧乏なプータロー」じゃ済まない、恋どころか直接顔見るのも許されないほどの身分差がある。しかも王妃はそれを知らないまま恋に落ちてしまっているのだ。「ガルルガルル」言いながら醜い権力闘争を繰り広げるティラノサウルスの群れの中で、2人の恋は唯一ほっこりとした幸せを味わわせてくれるものだ。なのにその愛情が深まれば深まるほど、恋の行方が陰謀以上にハラハラしてくるってどういうことよ! てな具合である。

「恋慕」でもそれは同じ。世子として生きる覚悟を決めたタミの前に、幼いころに出会った初恋相手ジウンが現われてしまう。当然ながらドラマの大きなポイントは、ジウンが世子の秘密にいつ気づくのか、どうして「世子=タミ」だと分かるのか、なのだが、そこでものをいうのが、ジウンがタミに渡した「手書きしたあるもの」である。

 手書き文字から離れて久しい昨今、久々に書いた字があまりにド下手で、手紙そのものを破り捨てしまったりする人も多いに違いないが、そんな現代人のハートをジウンが毛筆で書いた「あるもの」のロマンチックさでわしづかみにする。「好きです」でなく「恋慕しております」なんて告白も、SNSで荒んだ心には染み入るようなクラシックさである。つまり何が言いたいかといえば、「あるもの」がプリントアウトされたものだったら、ジウンは「世子=タミ」に一生気づけなかったってことである。科学技術はロマンチックの敵でもあるのだ。


■話数が短く見やすい


 これらのドラマは「ジャンルもの」としての見どころはもちろんだが、韓国ドラマに共通するレベルの高さ、あの手この手のストーリーテリングも超一級である。

「時代劇」で描かれる王宮を舞台に繰り広げられる激しい権力争いは、韓国芸能界を代表する名優たち演じる悪役が、それこそ「梨泰院クラス」の「長家(チャンガ)の会長」よろしくの強烈キャラで登場し、あの手この手で主人公を窮地に追い込んでゆく。

 キャストも豪華である。「キングダム」の主演はアイドル俳優から人気スターになったチュ・ジフン(ドラマ「ハイエナ 弁護士たちの生存ゲーム」)&ペ・ドゥナ(映画「ベイビー・ブローカー」)、「恋慕」は現在ネットフリックスで大ヒット中のドラマ「ウ・ヨンウ弁護士は天才肌」のパク・ウンビン&アイドルグループ「SF9」のメンバー、ロウンで、「王になった男」は、天才子役出身のヨ・ジング(ドラマ「ホテル・デルーナ」)&名優キム・サンギョン(映画「殺人の追憶」)という顔合わせだ。

 もちろん「時代劇独特の」という形容がふさわしい韓国時代劇もある。時代劇の作家と監督のタッグで作られる、いわゆる「大河もの」である。この辺りの作品は、作品全体で60話〜80話、時には100話を越える。だがそうした作品であっても、ラブラインといわれる恋愛要素や、まったくもって時代劇的でないドタバタな笑いも仕込まれている。史実ベースながら大胆な想像力で物語を飛躍させ、それこそ見始めたら面白くて止まらないのだ――とはいうものの、さすがにここまで長いとお勧めするのもハードルが高い。ということでまずは16話〜20話で完結するフュージョン時代劇をご覧いただけたらと思う。韓国ドラマのさらなる面白さを、必ず実感できるはずだ。

渥美志保(あつみ・しほ)
TVドラマ脚本家を経てライターへ。女性誌、男性誌、週刊誌、カルチャー誌など一般誌、企業広報誌などで、映画を中心にカルチャー全般のインタビュー、ライティングを手がける。yahoo! オーサー、mimolle、ELLEデジタル、Gingerなど連載多数。釜山映画祭を20年にわたり現地取材するなど韓国映画、韓国ドラマなどについての寄稿、インタビュー取材なども多数。著書『大人もハマる韓国ドラマ 推しの50本』が発売中。

デイリー新潮編集部

関連記事(外部サイト)