競馬が生んだ良縁 「矢部美穂さん」が語った結婚までの2年の直線走路

矢部美穂、川崎競馬所属・山林堂信彦騎手と結婚 「若い頃は派手な恋愛をしてきた」

記事まとめ

  • 矢部美穂はインスタグラムで、川崎競馬所属・山林堂信彦騎手との結婚を発表した
  • 矢部は父親が騎手で、幼い頃は厩舎に住んでいたが馬には興味がなかったと話した
  • 2人の縁は、矢部が「ブースター」という馬を購入したばかりの頃に始まったという

競馬が生んだ良縁 「矢部美穂さん」が語った結婚までの2年の直線走路

競馬が生んだ良縁 「矢部美穂さん」が語った結婚までの2年の直線走路

挙式は9月の予定

 5月30日、インスタグラムで川崎競馬所属の騎手・山林堂信彦さん(43)との結婚を公表したのはタレント・矢部美穂さん(45)である。16歳で芸能界入りし、グラビアやバラエティ番組などで活躍してきた矢部さんは、父親が騎手という家庭に育った。


■恋愛対象としては


「幼い頃は厩舎に住んでいましたが馬に興味はなかったんです。でも、大人になってから改めて『ディープインパクト』の強さに惹かれるようになり、同じ頃、競馬番組に出るようになった。すると、すっかり馬にハマってしまいました。3年前の8月には地方競馬の馬主にもなったほどです」

 二人の縁は、矢部さんが「ブースター」という馬を購入したばかりの頃に始まる。ブースターは前の馬主の時から山林堂さんが乗っていたが、当初、矢部さんは騎手を変えようか迷っていたという。

「でも、エージェントから、気難しい馬なので騎手を変えない方がいいとアドバイスを受けたんです。それに山林堂騎手は、これからもっと伸びるとも教えてもらいました」

 その言葉通り、ブースターに乗った山林堂さんは20年正月のレースで堂々の優勝を飾った。

「恋愛対象としては正直、ピンときませんでしたが、騎手としては信頼できる。それで新年会で彼とLINEの交換をしたんです。彼は“癒やしは馬”というぐらいの馬好き。他に趣味もなくてLINEの話題も馬のことばかりでした」

 そう矢部さんは笑って振り返る。二人の関係を深めることになったのが、矢部さん所有の「ディーレクタ」に山林堂さんが乗ることになった時のことだ。ディーレクタは気性が激しく乗りこなすのが難しい。だが、山林堂さんは、むしろ楽しんでいるかのようだった。


■姫のためなら


「ケガの危険もあるのだけど、美穂さんの馬だから乗りこなしてみせるよ。姫のためならなんでもする」

 そんな山林堂さんの言葉に、矢部さんは思わず胸キュンとなってしまう。

「“美穂さんのウエディング姿がみたい”とも言ってくれたのですが、それってプロポーズなのかな?と思った瞬間、私も結婚してもいいと思いました」

 20年5月のことである。しかし、当時はコロナの真っ只中で、デートといっても軽い食事だったり、彼女の家などでまったりする程度。が、むしろ山林堂さんの気配りが矢部さんの心に沁みた。


■結婚式は9月に


「私は派手な恋愛をしてきたので若い頃だと退屈していたと思うんです。それは彼も同じで、互いに年を重ね、穏やかな時間を過ごせる相手がいいなと思ったタイミングの出会いでした。ドキドキ感はレースで存分に味わえますからね」

 競馬界のルールは厳しく騎手と結婚する馬主は資格を返上しなくてはいけない。それもあって、結婚まで2年を要した。入籍は今年の5月26日。その直前、山林堂さんがピンクのバラの花束を胸に「結婚してください」と改めて電撃プロポーズ。もちろん矢部さんは大感激だったが、さらなるサプライズも。6月7日、大井競馬場で山林堂さんが騎乗する「ミニョン」が5番手からぐいぐい追い上げると見事優勝したのだ。

「入籍後の初勝利でしたが“魂の騎乗”というのでしょうか。あの展開だと普通は諦めるんです。でも彼は違った。この日が、私の誕生日だったんです。ここぞという時にドラマを起こせる人なんだと思いました」

 通算208勝という戦歴でも格別の勝利である。9月に結婚式を予定している二人に馬も応えてくれたに違いない。

デイリー新潮編集部

関連記事(外部サイト)