「ちむどんどん」は朝ドラ史上最も物議を醸した作品 観ていない方のために3分でストーリーを解説

「ちむどんどん」は朝ドラ史上最も物議を醸した作品 観ていない方のために3分でストーリーを解説

黒島結菜

 NHK連続テレビ小説は1961年に放送が始まり、前作までで105作が放送されたが、現在の「ちむどんどん」ほど物議を醸した作品はなかったはずだ。最終回が9月30日に迫った。そもそも、どんな作品だったのか? 駆け足で振り返りたい。

■第1週(4月11日~15日)「シークワサーの少女」

 時代は1964年で舞台は沖縄県北部にある山原村。ヒロインの暢子(稲垣来泉)は1954年生まれの小5。筋金入りの食いしん坊だった。

 両親は比嘉賢三(大森南朋)と優子(仲間由紀恵)。2人でサトウキビ農業を営んでいた。

 暢子は次女。長男は賢秀(浅川大治)で1949年生まれの中3。飼っているブタの世話はするが、あとは遊んでばかりの少年だった。

 長女・良子(土屋希乃)は1950年生まれで中2。成績優秀で先生になるのが夢だった。3女の歌子(布施愛織)は1955年生まれで小3。歌がうまい。一方で体が弱く、内気だった。

 大学教授の青柳史彦(戸次重幸)と中3の息子・和彦(田中奏生)が、3カ月限定で山原村にやって来た。史彦の沖縄文化の研究が目的だった。

 比嘉家の近所には沖縄豆腐店「とうふ砂川」があり、賢秀の同級生で働き者の砂川智(宮下柚百)が住んでいた。歌子は智を慕っていた。

 賢三が農作業中に心臓発作で倒れる。

■第2週(4月18日~22日)「別れの沖縄そば」

 賢三が逝く。比嘉家には借金があったことから、その返済のため、優子は工事現場で働き始める。家事は4兄妹が分担してやることに。暢子は料理担当になる。

 東京に住む賢三の叔母から優子のところへ「子供を1人、面倒見てもいい」という手紙が届いた。

 賢三の叔母とは、暢子が第6週(5月16日~20日)の第29話から働く東京・銀座のイタリアン・レストラン「アッラ・フォンターナ」のオーナー・大城房子(原田美枝子)だった。だが、それを暢子が知ったのは第9週(6月6日~6月10日)の第42話になってから。

 暢子は房子に預けられるはずだったものの、上京のためのバスを途中で降り、家族の元に帰る。

■第3週(4月25日~29日)「悩めるサーターアンダギー」

 子役の登場が終わり、ここからの出演者は現在と同じ。時代は1971年9月。暢子(黒島結菜)は山原高の3年になっていた。良子(川口春奈)は短大を卒業し、地元小学校で教師に。歌子(上白石萌歌)は山原高の1年。音楽教師・下地響子(片桐はいり)に歌の才能を買われていた。賢秀(竜星涼)は高校を中退後、ぶらぶらしていた。

■第4週(5月2日~6日)「青春ナポリタン」

 暢子が山原高調理部の助っ人として参加した「北部産業まつり ヤング大会」が行われた。北部地域の高校の調理部が料理を競うものだった。

 同高調理部は暢子のアイディアによる「やんばるナポリタン」で優勝。気を良くした暢子は来場者の前で「東京で料理人になりたい!」と宣言する。

 賢秀が我那覇良昭(田久保宗稔)による通貨交換サギに引っ掛かる。

■第5週(5月9日~13日)「フーチャンプルーの涙」

 賢秀が騙されたので比嘉家にはカネがなくなり、暢子が東京で料理人になる夢は消滅。賢秀は家出した。

 暢子は地元企業への就職を決めた。その矢先、賢秀から60万円が届く。賢秀はプロボクサーになっていた。比嘉家の借金問題は解決。暢子は上京できることになった(沖縄編終了)。


■好きだけど、きれいさっぱり諦める


■第6週(5月16日~20日)「はじまりのゴーヤーチャンプルー」

時代は1972年5月。暢子は賢秀が所属するボクシングジムを訪ねる。だが賢秀は逃げ出していた。送られてきた60万円はジム関係者から借りたものだった。

 暢子は賢秀を探すため、ジム関係者の話を基に横浜市鶴見区へ。しかし賢秀は見つからない。途方に暮れてしまい、三線の音色がしている家を訪ねる。鶴見の沖縄県人会会長・平良三郎(片岡鶴太郎)の家だった。

 暢子は三郎とその妻・多江(長野里美)に身の上話をした。三郎は賢三のことを知っているらしい。

 三郎は就職先を紹介してくれた。「フォンターナ」だった。三郎が書いた紹介状には暢子が賢三の娘であることが書かれていたものの、房子は何も口にしなかった。

 暢子の下宿先が鶴見の沖縄料理居酒屋「あまゆ」の2階に決まる。

■第7週(5月23日~27日)「ソーミンチャンプルーVSペペロンチーノ」

 智(前田公輝)が上京。独立を前提に食品卸の会社で働き始める。

 煮え切らない態度を続けていた良子の恋人・石川博夫(山田裕貴)が、やっとプロポーズ。2人は結婚する。

■第8週(5月30日~6月3日)「再会のマルゲリータ」

 時代は1973年10月。暢子は房子から東洋新聞社でボーヤ(編集補助員)として働くように命じられた。一般教養を身に付けるためだった。

 暢子は同社の学芸部記者になっていた和彦(宮沢氷魚)と再会する。その恋人・大野愛(飯豊まりえ)とも知り合う。なぜか和彦の下宿先も「あまゆ」の2階になる。

 一方、賢秀は猪野寛大(中原丈雄)、清恵(佐津川愛美)父娘のいる千葉の猪野養豚場で働いていた。歌子は運送会社に就職する。

■第9週(6月6日~10日)「てびち!てびち!てびち!!」

 時代は1974年冬。賢秀は再会した我那覇に誘われ、「紅茶豆腐」を売り始めた。さらに我那覇からCM費用を用立てて欲しいと頼まれると、優子から15万円借り、渡す。だが、また騙し取られた。

■第10週(6月13日~17日)「あの日、イカスミジューシー」

 時代は1976年秋。歌子は体調不良が続き、会社を辞める。優子は歌子に大病院で検査させようと思い、2人で上京。だが、悪いところは見つからなかった。

■第11週(6月20日~24日)「ポークとたまごと男と女」

 時代は1977年6月。出産を機に教師を辞めていた良子は復職を考えるが、石川家は反対する。

■第12週(6月27日~7月1日)「古酒交差点」

 時代は1978年春。和彦と愛が、愛の両親と一緒に「フォンターナ」を訪れる。結婚に向けての打ち合わせだった。暢子は動揺した。

 一方、智は独立し、自分の会社を持った。それが自信となり、暢子に対し2人の将来の話をした。今度はそれを耳にした和彦が狼狽した。

■第13週(7月4日~8日)「黒砂糖のキッス」

 暢子は自分が和彦を好きだと自覚。愛に対し、こう告げる。「(ウチも和彦君が)好きだけど、きれいさっぱり諦める」(暢子)

 歌子は民謡歌手になることを決意した。


■暢子が「独立宣言」


■第14週(7月11日~15日)「渚の、魚てんぷら」

 時代は1978年8月。鶴見で沖縄角力大会が行われた。智は「優勝したら暢子にプロポーズします」と、三郎らに宣言。それが和彦と愛に伝わる。智と対戦した和彦は懸命に戦う。

 それを見た愛は和彦の気持ちがもう自分にないことを悟り、別離の手紙を書く。

 智は大会で優勝。暢子にプロポーズするが、フラれた。和彦も暢子にプロポーズしたものの、返事は保留。暢子はそのまま沖縄に帰郷する。

■第15週(7月18日~22日)「ウークイの夜」

 和彦も取材で沖縄へ。遺骨収集活動を続けている嘉手刈源次(津嘉山正種)の話を聞く。優子も活動に協力していた。

 帰宅した優子は4兄妹に初めて自分と賢三の過去を明かす。戦前の優子は那覇の「与那城食堂」の娘だった。民謡歌手を目指していた賢三は食堂に客として訪れていた。

 その後、賢三は房子のいる鶴見に出稼ぎに行き、三郎と親しくなる。やがて賢三は沖縄に戻り、与那城食堂で働く。そのうち戦争が始まり、賢三は兵として中国へ。優子は那覇の空襲によって1人きりになった。

 復員した賢三は鶴見へ行き、房子の屋台を手伝うが、沖縄に一時帰郷の予定で戻る。そのまま鶴見には帰らなかった。1人きりになっていた優子のためだった。2人は結婚した。

 両親の過去を知った後、暢子は和彦にプロポーズ。和彦は快諾した。

■第16週(7月25日~29日)「御三味(うさんみ)に愛をこめて」

 和彦の母・重子(鈴木保奈美)が初登場。和彦と暢子は結婚の了承を求めるが、「許しません」の一点張り。暢子は屈せず、手作り弁当を届け、認めてもらおうとする。

■第17週(8月1日~5日)「あのとき食べたラフテーの」

「フォンターナ」を勝手に辞めた元料理人・矢作知洋(井之脇海)が権利証を持ち出し、それが悪徳企業に渡る。代表の権田正造(利重剛)は房子に金銭を要求した。房子が拒むと、嫌がらせを始めた。

 トラブルを解決したのは三郎。権田は戦後のシベリア抑留時代、三郎の世話になっていた。

 三郎と房子が戦前、恋人同士だったことが明らかに。周囲の反対により、房子が身を引いた。

■第18週(8月8日~12日)「しあわせのアンダンスー」

 重子に会いに行った賢秀と良子、そして房子の後押しもあって、重子が和彦と暢子の結婚を許す。

 披露宴会場は「フォンターナ」。暢子が「独立して沖縄料理店を開きます」と宣言する。

■第19週(8月15日~19日)「愛と旅立ちのモーウイ」

 賢秀が我那覇とまたも再会。今度はドリンク剤のマルチ商法に誘われ、これに乗る。

 だが、房子から問題点を指摘されたことなどから、賢秀は辞めることを決める。ところが違約金200万円を要求され、それを払うまで拉致されてしまう。

 和彦が付き添い、暢子が開店資金だった200万円を持って賢秀を救いに行くが、最後は暴力沙汰になってしまった。

 資金を失った暢子は店をあきらめようとしたものの、良子と石川が海外旅行用に貯めていた資金を提供してくれた。店名は「ちむどんどん」に決めた。

 一方、和彦が暴力沙汰に巻き込まれたことが東洋新聞社内で問題になってしまう。和彦は依願退職した。

■第20週(8月22日~26日)「青いパパイアを探しに」

 暢子が妊娠2カ月であることが分かる。房子は「店の味を任せられる料理人を雇うこと」と命じた。

 そんな時、暢子は鶴見で矢作と再会。矢作は食い逃げで捕まっていた。暢子は矢作に店を手伝ってもらうことにする。

■第21週(8月29日~9月2日)「君と僕のイナムドゥチ」

 時代は1979年。歌子が「ちむどんどん」を手伝うために上京。ところが、「あまゆ」の主人・順次(藤木勇人)が「智は暢子ちゃんにフラれたから歌子ちゃんに乗り換えた」と軽口を叩いているのを聞いてしまい、傷つき、拗ねた。

 直後に智がトラックに跳ねられ、重体という話が伝わる。事実は跳ねられそうになったが、よけて、頭を軽く打っただけだった。誤報の発信源も順次だった。

 猪野養豚場の豚肉の売り込みのため、東京に来た賢秀と清恵が「フォンターナ」へ。賢秀はプロポーズめいた言葉を口にしたところ、なぜか清恵の昔の男・涌井(田邊和也)が現れる。見るからにワル。清恵は逃げ出した。

 同9月。「ちむどんどん」開店。当初は友人・知人が来てくれて大繁盛だったが、2カ月が過ぎたころには閑古鳥が鳴く――。

 さて、どんな結末が待っているのか。

高堀冬彦(たかほり・ふゆひこ)
放送コラムニスト、ジャーナリスト。大学時代は放送局の学生AD。1990年のスポーツニッポン新聞社入社後は放送記者クラブに所属し、文化社会部記者と同専門委員として放送界のニュース全般やドラマレビュー、各局関係者や出演者のインタビューを書く。2010年の退社後は毎日新聞出版社「サンデー毎日」の編集次長などを務め、2019年に独立。

デイリー新潮編集部

関連記事(外部サイト)