今年の日テレ大晦日は「ダウンタウン vs Z世代」で決まり それでも1つだけ不安が

今年の日テレ大晦日は「ダウンタウン vs Z世代」で決まり それでも1つだけ不安が

ダウンタウン

 8月13日、日本テレビでは6年ぶりとなるダウンタウンの単発特番「ダウンタウン vs Z世代」が放送された。お盆休み期間中にもかかわらず、視聴率は12・5%(ビデオリサーチ調べ、関東地区・世帯:以下同)を獲得し、日テレ上層部は胸をなで下ろしているそうだ。大晦日の特番はコレでイケる、と……。

 ***

「ダウンタウン vs Z世代」は、番組タイトルからの想像できるとおり、ダウンタウン率いる昭和世代とZ世代(1990年代半ば~2010年代生まれ)を代表するタレントたちとのジェネレーションギャップを楽しむトークバトルだ。

 昭和世代は、浜田雅功(59)と松本人志(58)に加え、伊集院光(54)、川島明(43)、島崎和歌子(49)、清水ミチコ(62)、古田新太(56)、南野陽子(55)が参戦。

 Z世代は、池田美優(23)、谷まりあ(27)、四千頭身の都築拓紀(25)、本田望結(18)、SixTONESの森本慎太郎(25)、HKT48の矢吹奈子(21)ら30人で、お笑い芸人のみならずジャンルを超えた様々なタレントが集められた。

 このメンバーで、昭和にあった当たり前の暮らしぶり(ネズミ捕り、ハエ取り紙、脱水用ローラー付き洗濯機、水銀の体温計、赤チン……)などを紹介し、Z世代から見てアリかナシかを判定するといった内容だった。確かに面白かったが、これで3時間のトーク番組とは思い切ったものだ。日テレ関係者に聞いた。


■お盆休みに放送したわけ


「ジェネレーションギャップを楽しむトーク番組は、これまでにも数多く存在しました。この番組が他と明らかに異なるのは、MCがダウンタウンであることです。彼らがトークを笑いに昇華し、家族揃って見やすい番組にしたことが高視聴率につながったと言っていいでしょう」

 しかも、お盆休みという数字が取れない期間に、敢えて放送した。

「お盆休みは、多くの人が帰省したり、旅行に行ったりするので、視聴率を獲得するのが難しいと言われています。1ケタ視聴率が当たり前という状況の中、同時間帯トップの高視聴率を記録しました」

 8月8日(月)~8月14日(日)の1週間で見ても、バラエティ番組でトップの視聴率となった。数字が取れたから良かったようなものの、せっかくダウンタウンを起用した新たな特番が低視聴率に終わったら目も当てられなかったのではないか。

「お盆休み期間に放送したのは、意味がありました。帰省している視聴者が、家族揃って楽しむことができるコンテンツを目指したからです。年末の大晦日も状況が似ており、同じような視聴環境だからです」

 デイリー新潮は「今年も『笑ってはいけない』放送ナシ、その一方で日テレが8月にダウンタウン『3時間特番』を放送する思惑」(7月30日配信)で、「ダウンタウン vs Z世代」が高視聴率を取ることができれば、「ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!絶対に笑ってはいけない」の代わりに放送されると報じた。


■今年も「笑ってはいけない」はない


「昨年、『笑ってはいけない』シリーズは、コロナ禍でロケが困難だったため、放送を断念しました。代わりに放送されたのが『笑って年越したい!笑う大晦日』でしたが、残念ながら視聴率は惨敗でした。やはり年末は『笑ってはいけない』シリーズでなければ!という視聴者も少なくないと思いますが、今年も断念せざるを得なくなりました」

「笑ってはいけない」シリーズは毎年秋には撮影を終了するため、夏前から撮影準備に入るという。

「今年も夏前からコロナ感染が拡大したため、撮影は不可能でした。加えて、もともと松本人志さんはじめ『笑ってはいけない』シリーズの出演者から、“初老なので体力的にキツい”という声が出始めており、毎年“今年を最後にしたい”という申し出もあったのです。そこで、『笑ってはいけない』シリーズや『行列のできる法律相談所』『有吉反省会』の総合演出を務める高橋利之さんが新企画を提案し、今回の放送に至ったのが『ダウンタウン vs Z世代』でした」

 とはいえ、「ダウンタウン vs Z世代」は「笑ってはいけない」シリーズに対抗できるコンテンツとなり得るだろうか。


■唯一の不安


「『笑ってはいけない』シリーズは放送後も、毎年、グループ会社のバップからDVDボックスが発売され、Huluでも再生回数を稼ぐお化けソフトです。日テレは、グループ会社にも莫大な収益を生み出すキラーコンテンツは手放したくはありません。それはダウンタウンが所属する吉本興業にとっても同様ですから、なんとか出演者を説得して放送を続けてきました。2年連続で放送できないとなると、今後の説得も難しくなってきます。さすがに『ダウンタウン vs Z世代』は、そこまで莫大な収益は期待できないでしょう」

 それでも「ダウンタウン vs Z世代」に舵を切った。

「13日の放送は面白かったですし、大晦日に家族が見るコンテンツとしては最適と言っていいでしょう」

 それでも不安が一つだけあるという。

「今回の放送では、これでもかというほど面白ネタを詰め込んでいました。ネタ切れにならないといいのですが」

デイリー新潮編集部

関連記事(外部サイト)