香川照之 銀座での下品な飲み方は高校・大学時代に原因 大蔵省スキャンダルを思い出したという指摘

香川照之 銀座での下品な飲み方は高校・大学時代に原因 大蔵省スキャンダルを思い出したという指摘

香川照之

 酒が好きな人なら誰でも経験があるだろうが、酒癖は必ずしも一定しない。つまり、飲むと荒れることの多い人でも、日によっては楽しい酒だったりする。今、“酒癖の悪い俳優”といえば香川照之(56)をおいて他にないが、彼も例外ではなかったようだ。

 ***

 改めて振り返っておくと、週刊新潮が報じた香川の乱行は“酒癖が悪い”というレベルをはるかに超えている。

 暴行行為など刑法に抵触する可能性も高く、週刊新潮だけでなく他のメディアも“性加害”と表現するところが多い。

 とはいえ、酔っ払った香川が常に乱暴狼藉を働くかといえば、そうではないようだ。テレビ番組の制作に携わるスタッフは、「私が知っている限り、とても楽しいお酒でした」と振り返る。

「現場でも明るい人ですが、お酒が入ると更に明るくなりました。体育会系ノリなところがあって、年上の俳優には意外にも『先輩!』と擦り寄っていくんです。後輩の俳優には『よし、飲むぞ!』と、男気と言いますか、酒席を率先して盛り上げていました」

 明るい酒の席に限るという条件付きではあるが、女性が同席していても、普通に楽しく飲んでいたという。

 しかしながら、やはりと言うべきか、誰もが認める“綺麗な酒”というわけではなかったようだ。

「素面の時でも、CMの契約本数が多い若手俳優と共演したりすると、『(CMが多くて)お前はいいよなあ』としょっちゅう言っていたそうです。ですから酒の席ともなると、余計に『お前はいいよなあ』が始まるわけです。アルコールが入ると香川さんの口調は嫌味っぽくなると、ある役者さんに教えてもらいました」(同・スタッフ)

 その《ある役者》氏によると、酒席での嫌味な口調は、ドラマ『半沢直樹』(TBS)の当たり役である大和田暁の口調と全く同じだったという。


■“非モテ東大生”


 日刊スポーツ(電子版)は9月3日、「止まらない“香川切り” 香川照之CM撤退は計6社に サントリーも10月以降起用しない方針」と報じた。

 門外漢から見れば、CMの世界でも充分に売れていたように思える。だが、香川はもっとCMの契約を増やしたかったのかもしれない。CMに対する並々ならぬこだわりが、酒席でも垣間見えていた。

 香川は小学校から高校まで“お坊ちゃん学校”として知られる名門の暁星学園に通い、東京大学文学部を卒業している。

 俳優として売れる前から、芸能界きっての知性派として知られていた。それほどのインテリなら、酒の怖さを知っていそうなものだ。なぜ、刑事罰に抵触する可能性があるほどの暴行に及んでしまったのか。

 同じく東大を卒業した50代の民放プロデューサーは、「いや、あれこそ“非モテ東大生”の典型でしょう」と言う。

「最近の男子東大生は、女性に優しくスマートなタイプも珍しくありません。しかし香川さんの世代だと、キャンパスは男だらけ。女子学生なんて1割を切っていたと思います。出身高校も大半が男子校。おまけに中高一貫の進学校に通っていた学生が多いので、『中高6年間、母親以外の女性と喋ったことがない』という男子学生はザラでした」


■“はまり役”という幸運


 一応、東大に入ると合コンに出ることもある。相手はお茶の水女子大や日本女子大などに通う女子大生だが、何を話していいか分からず、ずっと黙っている男子東大生も少なくなかったという。

「大学4年間で、女性と深く付きあったことがない。恋人はもちろん、親友のような女友達もいない。そんな学生生活が、1998年に起きた大蔵省接待汚職事件の背景にあったのは間違いありません。エリート官僚が破廉恥な酒席で銀行側の接待を受けて喜んでいた。他にも財務次官のセクハラ発言というのもありました」(同・プロデューサー)

 週刊新潮は2018年4月12日号に、「『森友危機』の折も折! ろくでもない『財務事務次官』のセクハラ音源」の特集記事を掲載した。

 当時の財務省・事務次官が酒席に女性を呼びつけ、「キスしたい」「不倫しよう」などのセクハラ発言を繰り返していた。もちろん、この次官も東大法学部の卒業生だ。

 東大を卒業した香川は俳優の道に進んだが、最初は売れずに苦しんだ。徐々に脇役として頭角を現していくが、プロデューサー氏は「ずっと地道に“脇役人生”を歩んでいれば、あんなことは起きなかったでしょう」と言う。


■しっぺ返し


「香川さんは『石の上にも三年』という言葉通り、苦労を重ねて俳優として認められました。決してスター性のあるタイプではありません。2013年に『半沢直樹』で大ブレイクしましたが、あれはハマり役という幸運に恵まれた結果だったと思います」(同・プロデューサー)

 決して本人の実力だけで売れっ子になったわけではない。そのため、絵に描いたような“天狗”になってしまったのではないか、というのだ。

「実力不足の証拠に、他の出演作でも全て『半沢直樹』に似た演技ばかりです。叩き上げの個性派俳優である内藤剛志さん(67)や遠藤憲一さん(61)の演技と比べてみれば誰にでも分かります。今回の騒動は、本来は“非モテ東大生”である香川さんが、思わぬ形で売れたしっぺ返し、と見るべきかもしれません」(同・プロデューサー)

デイリー新潮編集部

関連記事(外部サイト)