「ちむどん」失敗の研究 視聴者を釣り上げ、結末は薄い展開は理解不能

「ちむどん」失敗の研究 視聴者を釣り上げ、結末は薄い展開は理解不能

黒島結菜

 NHK連続テレビ小説「ちむどんどん」も残すところ僅か。どうして賛否両論が渦巻く作品になってしまったのか。批判の声がここまで力と熱を持った朝ドラは過去になかったはずだ。物語を振りかえりつつ、不評を買った理由を考えてみたい。


■批判の声は子役編が終わった第3週から


 批判の声が上がり始めたのはヒロインの比嘉暢子の演じ手が子役の稲垣来泉(11)から黒島結菜(25)に交代した第3週「悩めるサーターアンダギー」以降である。

 それまでは沖縄県北部の山原村で暮らす清貧の一家の物語だったから、「つまらない」と思う人はいても「不快になる」という人はいなかったはずだ。

 第3週からは長男・賢秀役も浅川大治(14)から竜星涼(29)にバトンタッチ。長女・良子役は土屋希乃(14)から川口春奈(27)になった。3女・歌子役も布施愛織(9)から上白石萌歌(22)に交代した。ここから批判の連鎖が始まった。

 批判を招いた一番の理由は暢子のキャラクターにある。およそ万人受けしない。ヒロインが視聴者に広く共感されれば、ストーリーに多少の矛盾点があろうが、まず問題視されないが、暢子はそうではない。

 例えば前作「カムカムエヴリバディ」にもストーリー上に不自然な点がいくつかあった。2代目ヒロイン・雉真るい(深津絵里)が岡山から大阪に出て、「竹村クリーニング店」の住み込み店員になった際、店側の竹村平助(村田雄浩)、和子(濱田マリ)は保証人を求めず、身元照会もしなかった。

 商家の方なら熟知されている通り、身元を確かめずに住み込み店員を採用することはまずない。寝食をともにするのだから。夜逃げの恐れもある。

 終盤で叔父の勇(目黒祐樹)と劇的な再会をさせる予定だったためだろう。それでも批判の声が上がらなかったのは、るいと初代ヒロインの橘安子(上白石萌音)が圧倒的な共感を得ていたからだ。


■忖度しないキャラ設定が災いした暢子


 一方、暢子の場合は忖度しないキャラに設定したことが災いした。官僚が乱用したため、その意味を誤解する向きもあるが、忖度とは「他人の気持ちを推し量る」ことであり、子供でない限り、誰もが求められている。

 ところが暢子は忖度しない。そんなキャラが初めて鮮明になったのは第4週「青春ナポリタン」である。県北部にある5高校の料理部が腕を競った「北部産業まつり ヤング大会」で、暢子のいた山原高は優勝した。

 その前の選考中、暢子はライバルの南山原高が出品した「さんぴん茶の葉の蒸しケーキ」を食べた。「おいしい!」と一度は誉めたものの、すぐに「甘いばかりで勿体ない」とダメ出し。さらに「塩を足したらより美味しくなる」と助言した。南山原高の料理部員は目を丸くした。忖度できないのだ。

 これに留まらない。暢子は高3なのに就職が決まっていなかったため、親しい共同売店店主・前田善一(山路和弘)が食品会社に渡りを付けてくれた。その会社の総務課員が前田と一緒に「北部産業まつり」に来ていた。

 にもかかわらず、優勝に気を良くした暢子は来場者に向かって、「東京に行って料理人になりたい!」と宣言してしまう。前田は立場がない。食品会社も顔色を失っただろう。やはり忖度できない。

 暢子は小5だった第1話で父親の賢三(大森南朋)から「暢子は暢子のままで上等。自分の信じた道を行け」と言われたこともあってか、ほとんど変わらない。朝ドラはヒロインの成長記という側面もあるが、暢子は違う。

 アンチ暢子派からの反感が決定的になってしまったのは、やはり大野愛(飯豊まりえ)への背信に違いない。第8週「再会のマルゲリータ」で暢子は沖縄に一時滞在していた青柳和彦(宮沢氷魚)と10年ぶりに再会。和彦の恋人の愛とも知り合う。


■略奪より愛との友情を踏みにじったことが問題


 2人とも東洋新聞記者だった。一方、暢子は同社のボーヤ(編集補助職員)。勤務先「アッラ・フォンターナ」のオーナーで大叔母の大城房子(原田美枝子)に命じられ、一時的にボーヤをしていた。

 愛は暢子にやさしくしてくれた。暢子にとって愛は上京後に出来た唯一の友人だった。ところが暢子は裏切る。

「泣いた赤鬼」や「こころ」などを読んで育つ日本人は創作物の友情に高貴性を求める。それなのに暢子は和彦を奪うことで友情を踏みにじった。おまけに悪びれもしなかった。忖度ができないから愛の失意も酌み取れないままだった。

 暢子は愛にこう約束していた。「(ウチも和彦君が)好きだけど、きれいさっぱり諦める」。結果的にウソまで吐いたことになる。そもそも友情を軽く考えていたから、愛との約束も重く思わなかったのではないか。こんな人物に共感するのは難しい。自分と家族さえ良ければ他人はどうでもいい。暢子はそんな人間にすら見えてしまう。

 このキャラを主人公以外にやらせるのなら分かる。だが主人公は無理だ。民放やNHKのほかのドラマでも主人公にはなれない。主人公はワルであっても共感されなくてはならない。


■視聴者を釣るような展開


 第21週「君と僕のイナムドゥチ」の第103話で歌子に気があるような砂川智(前田公輝)がトラックにはねられたという話になった。ヒヤリとさせられた。万一、若くして亡くなったら、ドラマとはいえ悲しい。

 ところが、次の第104話で智はトラックをよけ、そのはずみで頭を打っただけと分かる。その後、この騒動を心配した歌子と智の仲が急接近するのなら分かるが、それもなかった。一体、この騒動にはどんな意味があったのか。

 この一件のように「視聴者を釣り上げ」、「結末は薄い」というような展開をこの朝ドラはたびたび採用する。理解できない。暢子のキャラにはたびたびイラッとさせられるものの、視聴者を釣らなくたって、愉快なドラマであるのに。

 例えば第18週「しあわせのアンダンスー」で賢秀と良子が青柳重子(鈴木保奈美)を訪ねるエピソードは面白かった。和彦と暢子の結婚を反対していた重子に対し、許してくれるよう懇願した。

 ところが、賢秀が勝手に重子のオルゴールをいじってブッ壊したり、2人でケンカを始めてしまったり。暢子の足を引っ張っているようで笑えた。喜劇の教科書通り。王道だった。


■リアリティの放棄


 一方、途中からリアリティを放棄した。正しかったのだろうか。4兄妹を子役が演じた第1週、第2週には確実にリアリティがあった。かつて那覇支局員だった知人の元新聞記者は返還前の沖縄県北部の貧しさの再現を見て、号泣したという。

 その後、どんどんリアリティがなくなっていった。第21週「君と僕のイナムドゥチ」で賢秀は勤務先・猪野養豚場の猪野清恵(佐津川愛美)と一緒に「フォンターナ」にいた。すると、チンピラ風の涌井(田邊和也)が唐突に現れた。後に清恵の元夫と分かった。

 涌井が現れたのは、賢秀と清恵がしばらく話し込んだ後だった。涌井は店内に入り込み、「清恵、久しぶりだな」と声を上げた。街中で見掛けたのなら、路上で声を掛けるだろうし、跡を付けて来たのなら、もっと早く店内に入るはず。不自然な場面だった。

 不自然な偶然も多い。「ドラマは偶然の連続」と若手記者時代に制作者から教えられたが、いくらなんでも目に付きすぎる。

 例えば第8週「再会のマルゲリータ」で和彦は横浜市鶴見区の沖縄料理居酒屋「あまゆ」の2階に住み始めた。暢子と一緒だ。「鶴見の沖縄タウンはそんなに狭くない」と言いたくなった。偶然にも程がある。

 第一、和彦との東洋新聞社での再会だって出来すぎなのだ。偶然は多用するほどリアリティが削り取られる。小説などと同じだ。

 人によって好みはあるだろうが、もっと見たかったのは鶴見の沖縄県人会長・平良三郎(片岡鶴太郎)と「権田興業」代表の権田正造(利重剛)のシベリア抑留時代の話。権田は「フォンターナ」からカネをゆすり取ろうとしていたが、三郎が出て来た途端、ピタリとやめた。

 シベリア抑留生活は想像を絶するほど過酷なものだったというから、三郎にシベリアで世話になった権田がゆすりをやめたのは分かる。ただ、それを視聴者の想像力に委ねてしまうのは勿体なかった。

 現時点までの描き方では「沖縄に失礼」と憤る視聴者がいるのも無理はない。多くの人は1972年まで日本に取り戻せなかったこと、在日米軍基地の約70%を負担させていることを心苦しく思っていることが背景にある。

 だから沖縄を扱う朝ドラを見る目は普段以上に厳しくなる。それを想定していたのだろうか。

高堀冬彦(たかほり・ふゆひこ)
放送コラムニスト、ジャーナリスト。大学時代は放送局の学生AD。1990年のスポーツニッポン新聞社入社後は放送記者クラブに所属し、文化社会部記者と同専門委員として放送界のニュース全般やドラマレビュー、各局関係者や出演者のインタビューを書く。2010年の退社後は毎日新聞出版社「サンデー毎日」の編集次長などを務め、2019年に独立。

デイリー新潮編集部

関連記事(外部サイト)