黒島結菜、竜星涼、川口春奈…「ちむどんどん」4兄妹の今後 TBSは1番得した説

黒島結菜、竜星涼、川口春奈…「ちむどんどん」4兄妹の今後 TBSは1番得した説

黒島結菜、川口春奈

 賛否が渦巻いたNHK連続テレビ小説「ちむどんどん」が間もなく終わる。ヒロイン・比嘉暢子を演じた黒島結菜(25)は10月以降、どうなるのか。兄・賢秀役の竜星涼(29)、姉・良子役の川口春奈(27)、妹・歌子役の上白石萌歌(22)の今後も気になる。それぞれの行方を追う。


■黒島結菜の次回作は注目作だが


 黒島結菜はTBSが10月21日から放送する平野紫耀(25)の主演連続ドラマ「クロサギ」(金曜夜10時)でヒロインを務める。

 平野が演じる黒崎高志郎は詐欺師のみ騙す特殊な詐欺師。黒島は検事を目指す正義感の強い大学生・吉川氷柱を演じる。父親が詐欺に遭ったところを黒崎に助けられる。

 黒島は「ちむどんどん」から休まずに登場する。珍しい。不文律があるわけではないが、朝ドラのヒロインは大半が1クール(3カ月)以上の間を空けてから次の連ドラに出演するからだ。

 例えば4月上旬に終了した前作「カムカムエヴリバディ」のヒロインの1人・川栄李奈(27)の場合、NHKで5月末から8回放送された「義経のスマホ」に主演したが、これは深夜の5分間のミニドラマ。通常の連ドラはフジテレビで10月から始まる「親愛なる僕へ殺意をこめて」(水曜夜10時)が第1作となる。主演の山田涼介(29)が2重人格の主人公に扮し、川栄は準主人公のデートクラブ嬢を演じる。

 やはり同作のヒロインだった上白石萌音(24)も10月からテレビ東京の連ドラ「記憶捜査3~新宿東署事件ファイル~」に出演し、刑事課員に扮する。同じくヒロインだった深津絵里(49)はもとから仕事を厳選する人ということもあって、連ドラ出演の予定はない。

 なぜ、朝ドラヒロインの大半が次の作品まで1クール以上空けるのか。朝ドラヒロインを擁する芸能事務所のスタッフは決まって「休んでもらいたいから」と言う。

 朝ドラのヒロインは「毎日の収録終了後はスタジオを這うようにしか歩けなくなる」とも言われるほどハードワーク。おまけに若くても座長だから、気も遣う。だから十分休んでから次の仕事に臨む。

 黒島の場合、本人も所属事務所も覚悟の上で休まずに「クロサギ」に出演するのだろう。確かに依頼を受けたら断りたくないのは分かる。魅力的な作品だ。10月期で屈指の注目作である。

 2006年に山下智久(37)主演で連ドラ化され、ヒットした作品のリメイク版なのは知られている通り。原作漫画のストーリーの考案者は6月に終了した「正直不動産」(NHK)の夏原武氏である。人情の機微に触れる物語を書く人だ。

 2006年版で名優・山崎努(85)が演じた詐欺師界のフィクサー・桂木敏夫は、今回は三浦友和(70)が演じる。この人もまた名優で人格者として知られる。黒島は初顔合わせ。共演してみたいだろう。

 ほかに坂東彌十郎(66)、山本耕史(45)、井之脇海(26)ら演技巧者が出演。黒島はその演技を間近で見たいはず。財産になるためだ。

「ちむどんどん」は黒島にとってプラスにはなっただろうが、マイナスにはなっていないと考える。まず知名度が飛躍的にアップした。これは大きなプラスだ。黒島の名前と顔を知らぬ人はもはやいない。

 朝ドラのお陰で新CMも得られた。JTのイメージCMと医食同源ドットコムのマスクのCMである。どちらも流れ始めたのはこの朝ドラの放送開始後だ。

 そもそもドラマが不評を買った責任は黒島にあるわけではない。ドラマや映画は古くから「1に脚本、2に役者、3に演出」がセオリーなのだから。これを否定する制作者はいない。

 半面、もしも「ちむどんどん」によって黒島が嫌いになった視聴者がいたら、これは仕方がない。批評する立場の人間は好き嫌いを出してはならないが、視聴者は誰だって役者の好みがあるし、それを咎められる筋合いはない。

 だが、そう心配はいらないはず。暢子のキャラは黒島の演技の一部分に過ぎない。例えば昨年3月からWOWOWプライムで放送された全5話のオムニバスドラマ「世にも奇妙な君物語」の第1話「シェアハウさない」に黒島は主演し、仕事に前向きなフリーライターの女性を熱演した。フェミニンな雰囲気の女性で、暢子とはまるで違った。

 若い黒島の評価が固まるのは「クロサギ」ともう2、3作を演じてからではないか。一番得をしたのはTBSである。黒島という女優の真価を確かめたくて、このドラマを観る人は少なくないだろう。

 ちなみに、やはり賛否のあった2012年度下期の朝ドラ「純と愛」のヒロイン・夏菜(33)は現在放送中のフジテレビ系の連ドラ「個人差あります」に主演中。男性から女性への異性化を繰り返すサラリーマンに扮している。難役だが、好評を博している。

 朝ドラでヒロインを務めた後に引退したり、人気が下降したりした人はいるが、1作の朝ドラで女優生命が窮地に立たされた女優はいないのだ。すべて朝ドラ後の本人次第である。


■良子役の川口春奈も連ドラに登場、竜星涼は1月期に主演


 良子役の川口春奈(27)も休まない。10月からはフジテレビの連ドラ「silent」(木曜夜10時)に主演する。共演は目黒蓮(25)。2人が演じる男女はかつて交際していたが、別れた。8年ぶりに再会すると、男性は聴覚のほとんどを失っていた、という設定だ。

 川口はデビュー15年。ずっと演技巧者の評価を受け続けて来たので、次の作品も演技面での心配はいらないはず。それより、この連ドラは視聴者の支持を得られるかどうかだけでなく、実際にハンデのある人や家族にどこまで共鳴されるかが問われる。

 米英ドラマ界では障がいのある人の役は実際に障がいのある人を起用する流れが進んでいる。障がいを健常者の目線でしか描かないドラマは批判の的にしかならない。日本もそうなっていくのは間違いない。

 賢秀役の竜星涼(29)は来年1月から同じくフジテレビの「スタンドUPスタート」(水曜夜10時)に主演する。原作は大人気漫画だ。人生をあきらめかけた人たちを再生させるプロを演じる。

 原作は「起業の仕方」や「株式会社の仕組み」などが分かりやすく説明されている一方、笑いと涙の人間ドラマが展開する。作り方次第でドラマも大ヒット作に成り得る。

 竜星は賢秀のような明るくおバカなキャラを演じるのが得意。犬飼貴丈(28)とダブル主演した映画「ぐらんぶる」(2020年)でもダイビング・サークルに所属するハチャメチャな大学生役を好演した。半面、演じられる役の幅が狭いわけではなく、シリアスな演技もうまい。そんな場面も想定される「スタンドUPスタート」が注目される。

 上白石萌歌(22)は連ドラの予定はないが、先月下旬から公開中の映画「アキラとあきら」にメガバンク行員役で出演中。上白石は出欠に厳しい大学の現役学生なので、卒業までは芸能活動が制限されるが、女優業は前途洋々だ。

 名優の条件は古くから「1声、2顔、3姿」と言われる。Adieuの名前で歌手活動も行い、「ちむどんどん」でも沖縄民謡を歌う上白石は声が抜群にいい。小さな仕草で心情を表せてしまう演技への評価も極めて高い。


■視聴率は「通常並み」ではない


 最後に「ちむどんどん」の視聴率をあらためて確認しておきたい。よく「通常並み」などと言われているが、それは「どれくらいの家が観ていたか」を表す世帯視聴率に基づく分析が大半。だが、世帯視聴率はNHKも含めた各局がもう実務には使っていない。

 局側の都合で使わなくなったわけではない。近年の世帯数急増と人口の漸減によって視聴実態を表していないからである。

 現在の標準値である個人全体視聴率と性別と世代別の個人視聴率を見てみたい。いずれも終盤に入った第99話である。

「おかえりモネ」2021年9月30日、第99話
【個人全体】9.1%
〈男性・20~34歳〉0.9%
〈同・35~49歳〉2.4%
〈同・50歳以上〉12.5%
〈女性・20~34歳〉1.8%
〈同・35~49歳〉6.7%
〈同・50歳以上〉19.0%
〈世帯〉16.7%

「カムカムエヴリバディ」2022年3月22日、第99話
【個人全体】9.9%
〈男性・20~34歳〉1.3%
〈同・35~49歳〉3.4%
〈同・50歳以上〉14.4%
〈女性・20~34歳〉1.8%
〈同・35~49歳〉6.1%
〈同・50歳以上〉20.7%
〈世帯〉17.6%

「ちむどんどん」8月25日、第99回
【個人全体】8.8%
〈男性・20~34歳〉0.5%
〈同・35~49歳〉2.0%
〈同・50歳以上〉12.5%
〈女性・20~34歳〉1.4%
〈同・35~49歳〉4.4%
〈同・50歳以上〉19.7%
〈世帯〉15.6%

 ほかの日もほぼ同傾向。個人視聴率をエビデンスに視聴傾向を考えると、「全体的にやや低調」「特に若い人の支持が薄め」という実態が浮かび上がる。「通常並み」とは言い難い。
(視聴率はビデオリサーチ調べ、関東地区)

高堀冬彦(たかほり・ふゆひこ)
放送コラムニスト、ジャーナリスト。大学時代は放送局の学生AD。1990年のスポーツニッポン新聞社入社後は放送記者クラブに所属し、文化社会部記者と同専門委員として放送界のニュース全般やドラマレビュー、各局関係者や出演者のインタビューを書く。2010年の退社後は毎日新聞出版社「サンデー毎日」の編集次長などを務め、2019年に独立。

デイリー新潮編集部

関連記事(外部サイト)