綾瀬はるかはバッキバキに体を鍛えて映画撮影中 事務所がライバル視する人気女優といえば

映画「THE LEGEND & BUTTERFLY」公式サイトより

 綾瀬はるか(37)に映画の仕事が相次いでいる。今年6月に公開された「はい、泳げません」に続き、来年1月には東映70周年記念作品「THE LEGEND & BUTTERFLY」(主演・木村拓哉)の公開が控えている。さらに、来年もしくは再来年の公開とされるハードボイルド大作「リボルバー・リリー」も撮影に入ったという。一説によると、所属事務所がライバルの長澤まさみ(35)に対抗意識を燃やしているのだとか。

 ***

 9月1日、CMを務めるユニクロの記者発表会に、綾瀬は18年ぶりというショートカットで登場した。会見の様子を伝えた「めざましテレビ」(フジテレビ)が、今年はどんな秋にしたいかと尋ねると、

綾瀬:食欲と運動。秋のおいしいものをたくさん食べて、たくさん動く。

“たくさん動く”というのがヒントと、民放プロデューサーは言う。

「現在、映画『リボルバー・リリー』の撮影中です。彼女が演じる主人公は凄腕の元諜報員ですから、現在、体をバッキバキに鍛えているそうです」

 昨年公開された「劇場版 奥様は、取り扱い注意」でも、彼女は元特殊工作員としてキレッキレのアクションを演じていた。アクション女優としても定評のある綾瀬、公開からそれほど時間は経っていないから、そこまでしなくてもいいのでは?

「『奥様』はもともと2020年公開予定でしたが、コロナ禍の影響で公開が1年延期されました。しかも、『リボルバー・リリー』はアクション大作なので、鍛え方も半端でないようです」


■ハードボイルドのアクション大作


 原作はハードボイルド作家・長浦京氏の同名小説(講談社刊)で、大藪春彦賞受賞作だ。

「時代は大正末期、16歳からスパイ任務に従事し、東アジアを中心に3年間で57人の殺害に関与した元敏腕スパイ・百合が、関東大震災直下の東京で、陸軍資金の鍵を握る少年を守るために陸軍と市街戦を繰り広げるという大作です。彼女が扱うリボルバー、S&W M1917は重量が1キロもある大型拳銃ですから、それを手に走り回るのは相当な体力が必要でしょう。『孤狼の血』や『犬鳴村』、『シン・仮面ライダー』などで知られる東映の名物プロデューサー・紀伊宗之さんが企画し、監督には行定勲さんが指名されました」

 行定監督がアクションとは意外だ。当人も「アクション映画を俺に?面白い、やりたい!(中略)でも、どうやって撮るんだ?!の連続」とコメントしているほどだ。

「行定監督の作品で最もヒットしたのは、04年5月公開の『世界の中心で、愛をさけぶ』ですからね。演出が細かく、出演したいという役者は多いんですよ。綾瀬だって行定監督の下、映画版セカチューに出たかっただろうと思います」

 映画版セカチューのヒロインは長澤まさみだった。綾瀬もセカチューのヒロインを演じているが、ドラマ版(TBS・04年7月期)だった。

長澤まさみ

■意外な接点


「この2人、年齢こそ2つ違いですが、何かと比較されやすいんです。まず、デビューが同じ2000年で、綾瀬はホリプロタレントスカウトキャラバンで審査員特別賞、長澤は東宝シンデレラオーディションのグランプリを受賞したのがきっかけでした。そしてセカチューで、綾瀬はドラマ、長澤は映画で同じヒロインを演じ、共演こそないもののニアミスしています。彼女たちが実際に共演したのは、15年公開の『海街diary』でした。4姉妹の長女を綾瀬、次女を長澤、三女を夏帆、四女を広瀬すずが演じています」

「海街diary」はカンヌ国際映画祭のコンペティション部門に正式出品され、是枝裕和監督と4姉妹がレッドカーペットを歩いた。

「カンヌでの受賞はありませんでしたが、国内の映画賞で最も評価されたのは広瀬だったように思います。日本アカデミー賞やヨコハマ映画祭などで新人賞を総なめしました。次に評価されたのが綾瀬でした。彼女も日本アカデミー賞やヨコハマ映画祭などで主演女優賞を受賞しました。そしてTAMA映画賞で初めて最優秀女優賞を受賞しました。実は彼女、映画の“最優秀”賞はこれだけなんです」


■受賞歴の差


 綾瀬はジャパンアクションアワードで2年連続、ベストアクション女優賞最優秀賞を獲得しているが、対象となった出演作品はテレビドラマ「精霊の守り人」(NHK)だった。映画の最優秀賞がないとは、少々意外だ。

「一方、長澤も『海街diary』で、日本アカデミー賞の優秀助演女優賞などを受賞しましたが、綾瀬よりも評価は低かったと言わざるを得ません。その辺りから、長澤は映画賞を続々と取っていくのです」

 17年、長澤は「散歩する侵略者」で、TAMA映画賞の最優秀女優賞、エルシネマ大賞のベストアクトレス賞、毎日映画コンクールの女優主演賞、東京スポーツ映画大賞の主演女優賞、日本アカデミー賞の優秀主演女優賞を受賞した。

 19年には「コンフィデンスマンJP ロマンス編」と「マスカレード・ホテル」で、報知映画賞の主演女優賞、ブルーリボン賞の主演女優賞。「キングダム」では、日本アカデミー賞の最優秀助演女優賞を取った。

 そして20年には「MOTHER マザー」で、ついに日本アカデミー賞最優秀主演女優賞に輝いた。

「面白くないのは綾瀬側です。そこで制作費20億円以上と言われる東映70周年記念作品『THE LEGEND & BUTTERFLY』で織田信長(キムタク)の妻・帰蝶を演じ、さらには、アクション大作『リボルバー・リリー』というわけです」

 共演には誰が?

「豊川悦司や長谷川博己など有名どころが出るようです」

 綾瀬本人も燃えているのだろうか。

「仕事には真面目ですから、体作りもアクションも一所懸命やっていると思います。もっとも、長澤に対する対抗意識は、あくまでも事務所です。綾瀬自身は、そういうことには無頓着だと思いますね」

デイリー新潮編集部

関連記事(外部サイト)