何回目のセカンドキャリア? 上原多香子の美容家転身が最も向いていない理由

何回目のセカンドキャリア? 上原多香子の美容家転身が最も向いていない理由

上原多香子 美容家に不向き?

何回目のセカンドキャリア? 上原多香子の美容家転身が最も向いていない理由

上原多香子

 元SPEED上原多香子さんが、美容家としての再スタートを宣言。広告キャラクターを務める化粧品のハッシュタグをつけて、バスタイムを優雅に楽しむ写真をインスタに投稿していた。といっても反応は鈍く、いいね!は700弱。SPEEDで同期の今井絵理子議員や島袋寛子さんの投稿には千以上のいいね!がつくことと比べれば、スロースタートといったところだ。

 反応が芳しくないのは、2014年に自死した前夫遺族からの不倫告発報道が尾を引いているからだろう。一時は芸能活動の無期限休止と報じられたが、一周忌を機に舞台で復帰。報道について触れることがないまま、2017年に演出家とのお泊まりデートがスクープされる。お相手が翌年に「授かり婚」を発表すると、SNSは大炎上。夫は劇団を追われるように退団し、演出の仕事も失ったようだ。

 美容家がセカンドキャリアと言いたげな上原さんだが、何度もリセットを図ったがうまくいかなかったというところではないか。舞台女優になるにしても、ママタレになるにしても、例のスキャンダルを世間が忘れるには時間が足りなさすぎる。おととしは著名な庭園デザイナーに弟子入りしたと、わざわざインスタのアカウントを新たに開設して投稿するもそれっきり。一部報道によると、師匠が開催したイベントに彼女を招待したが「ドタキャン」されたという。現在のインスタには、園芸のえの字も無い。

 上原さんは、「忘れる力」が強いのだろう。前夫との報道に対する、世間の反応も。無期限活動休止と言った経緯も。庭園デザイナーに弟子入りしたことをウキウキと投稿していた過去も。全部すぐに忘れてしまい、次々と目の前の人やものに飛びついているように見える。上原さんにも生活があるし、仕事を失った夫と子どものために彼女が稼がなくてはならないのかもしれない。報道がすべて真実とも言い切れない。でもイメージ商売の彼女に一番必要なのは、新しい活動の宣伝ではない。「反省しています」という姿勢であり、表舞台に出ないよう我慢する時間だということを、本人もわかっていないのではないだろうか。

 炎上などものともしない鈍感力は、確かに芸能人としての強みになる。彼女をスターに押し上げたのも、その力が大きいだろう。でも美容家となると話は違う。上原さんが最も選んではいけない職業だったのではないかと思う。


■元がいいほど損をする? 同性から人気を集める美容家に必要な条件とは


 そもそも美容家とは、自分で名乗って始める職業ではない気がする。神崎恵さんや石井美保さんなど、同性人気の高い美容家たちはもともと別の職業だった。彼女たちの高い美意識や美しい肌を見た周りが教えを乞うようになり、さまざまなメディアで美容知識を発信するようになったという。

 人気の美容家には、苦労人の努力家というイメージが共通している。神崎さんはタレントとしては売れず、子どもを抱えて離婚。石井さんも離婚直後に起業、君島十和子さんもお家騒動が有名だ。若手の美容番長として有名な田中みな実さんや指原莉乃さんも、もとは嫌われキャラ。そしてみな今でこそ透き通るような色白肌だが、日焼けによるダメージや地黒だったコンプレックスを抱えていたそうだ。でもそれをバネに垢抜けていく姿を見ているからこそ、同性からの共感や支持を集めることに成功した。

 要は、「この美貌は生まれつきではなく、血のにじむような努力で手に入れたもの」というイメージ戦略が美容家には必要なのだ。その点、上原さんには疑問符がつく。

 SPEED時代から完成された美貌は評判だったし、死別といっても同情できない報道が出た。そもそも、美容に関する発信が多かったわけでもない。「忘れる力」の強い上原さんが、コツコツと独自の美容法を編み出すというのも考えにくいだろう。いわば、彼女に最も向かないセカンドキャリアを選んだようなものである。


■昔の音楽番組に見る「美容家としての致命的欠陥」 それでも彼女が表舞台にこだわる理由


 美容家に必要な要素として、トーク力も欠かせない。雑誌では特集記事が載ることもあるし、インスタライブなどで商品の説明をしながらファンとやり取りする人も多い。翻って上原さんは、トーク力も不安定なキャラである。

 SPEEDが全盛期の頃は、とにかくトークバラエティーが多かった。MCは大体男性で、ゲストの登場に観客は沸いていたものだ。ただ当時から、上原さんはあまりトークが得意そうではなかった。「HEY!HEY!HEY!」で松ちゃんに、「一番やる気ないように見えるよ」と言われていたほど。「ゴルフをやりたいけど何もわからない、点の入れ方さえわからない」「部屋が片付けられない」など、周囲が返答に困るような発言も多かった。

 当時は「かわいい」で済まされていたものの、美容家を名乗るならターゲットは同世代の女性が中心になる。部屋が片付けられないなど、不潔さを感じさせるエピソードはご法度だ。

 全くもって、どうして美容家になろうと思ったのかわからない。でもひとつ言えることは、例えまた炎上しても、彼女は忘れていくのだろう。そして笑顔で新たなセカンドキャリアを宣言するに違いない。

 ヒット曲「my graduation」で「ずっと忘れない」、と歌っていた時代は過ぎた。都合の悪いことや不安要素はフルスピードで忘れましょう、歌って踊って忘れましょう。それが弁明も苦手な上原さんの生き方であり、自分の守り方なのだろう。美容家よりも、「ストレス時代を生き抜く鈍感力」講師として身を立てる方がうまくいくのではないだろうか。

冨士海ネコ

デイリー新潮編集部

関連記事(外部サイト)