話題作が目白押し! 秋の新作アニメでも“ひとり勝ち”「ジャンプ」不動の強さの秘密

話題作が目白押し! 秋の新作アニメでも“ひとり勝ち”「ジャンプ」不動の強さの秘密

今年一番の注目作「チェンソーマン」(公式サイトより)

 ここ数年、「鬼滅の刃」や「呪術廻戦」といった相次ぐ大型ヒット作の登場で活況に沸くアニメシーン。2022年10月からスタートする新作アニメのラインナップが、近年でも「とりわけ充実している」と評判で、この盛り上がりはまだまだ続きそうである。【数土直志/ジャーナリスト】

 ***

 秋の新作タイトルは40作品以上にのぼる。昨今のアニメブームに牽引され、制作本数が高止まりしているだけでなく、「話題作」「注目作」も目白押し。一方で新作のラインナップから読み取れるのは、アニメビジネスの潮流の変化だ。

 10月シーズンの注目タイトルをいくつか挙げると、まずは「機動戦士ガンダム 水星の魔女」、「うる星やつら」、「チェンソーマン」といったところが大きな話題を集めている。「水星の魔女」はガンダムシリーズでは5年ぶりとなる新作TVシリーズで、10月2日からスタート(毎週日曜17時~)。本作のためにMBS・TBS系全国ネットが、週末の夕方帯にわざわざアニメ枠を復活させたほどの力の入れようだ。ガンプラなどの商品化もすでに始動している大型プロジェクトで、ガンダムTVシリーズ初の女性主人公といった“挑戦”にも期待が高まっている。

 80年代に一世を風靡した「うる星やつら」は36年ぶりの再アニメ化となる。当初から4クール分(12ヵ月分)の制作を決めるなど、こちらも大きな勝負に出てきた。前シリーズの印象がいまだ強く残るなか、令和の時代を反映させ、新しい世代にどうアピールするかが鍵になりそうだ。


■メガヒットを予感させる大注目作


 なかでも「チェンソーマン」の注目度は別格だ。親が遺した借金返済のため“チェンソーの悪魔”とともにデビルハンターとして暮らしてきた少年デンジが、裏切りで殺された際に契約を交わして悪魔の心臓を持つ。そして“チェンソーマン”として蘇ったことから始まる物語だ。

 原作は18年12月から20年12月まで「週刊少年ジャンプ」で第1部を連載、今年7月からネットメディア「少年ジャンプ+」で第2部が始まった。単行本は累計発行部数1500万部を超え、「鬼滅の刃」「呪術廻戦」と大型ヒットが次々と飛び出す「少年ジャンプ」連載作品のなかでも“次の4番打者”として期待がかかる。

 さらに「チェンソーマン」は変化の激しい現在のアニメ業界の動きをあらゆる面で体現した作品でもある。

 ひとつは「少年ジャンプ」連載作品が原作であること。もちろんジャンプからのアニメ化作品は「ONE PIECE」や「ドラゴンボール」など昔から大人気だが、鬼滅や呪術のほかにも「SPY×FAMILY」や「Dr.STONE」など新たなヒット作が続々と生まれており、勢いに乗ってアニメ化本数もうなぎ上りとなっている。

 他にも「BLEACH千年血戦篇」や「僕のヒーローアカデミア」(第6期)、「SPY×FAMILY」(第2クール)、「ジョジョの奇妙な冒険 ストーンオーシャン」が控え、放送継続中の「ONE PIECE」に「ドラゴンクエスト ダイの大冒険」なども加わる。さらにNetflixでは9月から「BASTARD!! ―暗黒の破壊神―」(第2期)の配信も始まるフィーバーぶりだ。


■「ジャンプ」最強伝説の理由


 ジャンプ原作モノがここまで増えるのは、アニメ化した際のヒット率の高さに尽きるといっても過言ではない。アニメ全体の本数が増えるなかで、知名度の高いジャンプ作品は圧倒的なアドバンテージを持ち、人気漫画のアニメ化を求めて製作者サイドがジャンプ編集部に殺到しているといわれるほどだ。

 ヒットを量産する背景に、近年のジャンプ編集部のアグレッシブな姿勢が指摘できる。なかでもアプリを中心とした「ジャンプ+」のネット戦略は、紙雑誌の販売部数が減少するなかで着実に読者を増やしている。

 編集部が読者に提供できる作品数は紙媒体では誌面の制約上限りがあるが、ネットの「ジャンプ+」なら掲載本数は飛躍的に伸びる。それはジャンプ編集部が得意とする新しい才能の発掘機会を増やし、他社をさらに突き放す“エンジン”にもなっている。今年4月に放送開始後、大ヒットした「SPY×FAMILY」は「ジャンプ+」発の大成功例といえる。

「ジャンプ+」発のアニメ化は、今後も大型タイトル「怪獣8号」などが続き、当分、躍進はおさまりそうにない。

 実はジャンプ作品への人気集中は、アニメ業界の保守化の裏返しでもある。すでにアニメは一般層へと浸透し、大衆化したといわれる。つまりアニメへの抵抗がなくなったことが相次ぐ大型ヒットの理由にもなっている。それは同時にプロジェクトの大型化を促し、大ヒットを狙うがゆえにアニメの製作費も急上昇。“失敗できない”とのプレッシャーはかつてないほど強まっている。


■Netflixら“黒船”の思惑


 Netflixなどの外資系配信プラットフォームも事情は同じだ。日本上陸当初は、これまでにない野心的な企画やロングテールのビジネスも「配信なら実現できるかもしれない」といわれたものだ。しかし世界規模の膨大な視聴者を満足させ、ユーザーを獲得しなければならない配信会社こそ、より大衆的な作品を必要とする宿命にあった。

 昨秋、日本アニメ進出を宣言したディズニープラスの第1弾独占タイトルのひとつが、「少年ジャンプ+」作品をアニメ化した「サマータイムレンダ」であるのは、それを表わしている。

 ヒット作の続編や昔の人気作品のリブートも保守化の流れのひとつといえる。新作ではあるものの、この秋シーズンには「僕のヒーローアカデミア」(第6期)、「SPY×FAMILY」(第2クール)のほか、「モブサイコ100 III」、「ゴールデンカムイ」(第4期)、「弱虫ペダル LIMIT BREAK」、「不滅のあなたへ」(シーズン2)、「ポプテピピック」(第2シリーズ)などが続く。

 リブート作品では「うる星やつら」のほか「令和のデ・ジ・キャラット」などもある。「BLEACH 千年血戦篇」は前シリーズから10年ぶりの続編となるが、復活の大きな要因は「海外」にあると考えられる。00年代、「BLEACH」は日本以上に北米やアジアで人気が高かった。海外マーケットを当てにすることで、大きな企画が成立するようになったのも20年代の特徴だ。「チェンソーマン」も海外での原作漫画の売れ行きが絶好調で“海外牽引”の面が強い。


■アニメ制作会社がブランド化


 最後にもうひとつ、「チェンソーマン」で指摘しておかなければならないのは、本作が複数企業の共同出資による製作委員会方式でなく、アニメーション制作会社MAPPAが全額出資している点だ。MAPPAは設立からわずか10年の新興スタジオだが、直近で大ヒット作「呪術廻戦」を制作するなど、ハイクオリティの映像でアニメファンから圧倒的支持を集める。

 大ヒットが見込める原作だけでなく、ハイレベルな映像をつくりだすスタジオも強力なブランドと化しつつあり、いまや製作委員会を組織しなくても制作会社が自ら出資して大型アニメをつくれる時代になったのだ。魅力的な原作をもとにした有力スタジオが生み出すアニメなら、配信会社も競って買い手となり、制作開始前からある程度の成功が見込めるというわけだ。

 それは毎シーズン、安定して制作される“異世界系”も同様である。異世界を舞台とした作品は世界的に人気で、配信権の購入金額は高騰。秋シーズンでも「勇者パーティーを追放されたビーストテイマー、最強種の猫耳少女と出会う」、「転生したら剣でした」、「聖剣伝説 Legend of Mana -The Teardrop Crystal-」、「新米錬金術師の店舗経営」、「陰の実力者になりたくて!」、「悪役令嬢なのでラスボスを飼ってみました」などとかなりの本数が登場する。これらも当初から成功が見込める点で、アニメビジネスが保守化していることを裏付ける。

 いまのシーンの特徴として、漫画を原作としないオリジナルアニメの企画や、異世界系以外で初めてアニメ化される作品はジャンプ勢の影などに埋もれがちだ。それでも今シーズンの新作アニメは、そんな“辺境”からもヒット作が飛び出すことを期待させるほど、充実したラインナップとなっている。

数土直志(すど・ただし)
ジャーナリスト。メキシコ生まれ、横浜育ち。アニメーションを中心に国内外のエンターテインメント産業に関する取材・報道・執筆を行う。大手証券会社を経て、2002年にアニメーションの最新情報を届けるウェブサイト「アニメ!アニメ!」を設立。また2009年にはアニメーションビジネス情報の「アニメ!アニメ!ビズ」を立ち上げ、編集長を務める。2012年、運営サイトを(株)イードに譲渡。2016年7月に「アニメ!アニメ!」を離れ、独立。

デイリー新潮編集部

関連記事(外部サイト)