移住キャラは大失敗? しゃべるたび好感度ダダ下がりの竹内由恵の勘違いぶりを象徴する“ある口癖”とは

移住キャラは大失敗? しゃべるたび好感度ダダ下がりの竹内由恵の勘違いぶりを象徴する“ある口癖”とは

竹内由恵

 ミスコン優勝を足掛かりにキー局のアナとして華々しく活躍、高収入の男性と結婚してフリーに。定番化した女子アナたちの「勝ち組」ライフだが、転身後の意外な素顔にガッカリ、というパターンも少なくない。

 最近だと、元テレビ朝日の竹内由恵さんだろう。イケメンドクターと結婚し退社後、静岡移住を決めた人気アナの決断は話題になった。現在は大手芸能事務所に所属し、バラエティーにも積極的に出演。といっても、しゃベればしゃべるほど損をするタイプではないだろうか。

「静岡での慣れない生活のせいかヘルペスが月に2、3回できるようになった」「静岡でママ友ができない」など、東京恋しさをやたらと匂わせる発言にイラっとする視聴者が続出。最近は気にしてか、「静岡は暮らしやすくていいところ」という前置きを入れ、「都落ちと言われると腹が立つ」とまで言うようになった。けれども続く言葉は「都内の伊勢丹で買い物をしたとき、配送先を静岡と書くのを一瞬ためらう」「鎌倉に住みたいと夫に言っている」。これでは静岡県民はいい気はしないだろう。最近は静岡ローカルでも出演が増えているが、好感度を上げるのはなかなか難しそうだ。

 といっても、今は移住キャラ売りを貫く他ないのかもしれない。キラキラママとして活動する元女子アナは飽和状態だ。慶應卒の帰国子女だが、「ネプリーグ」ではトンチンカンな回答を連発。得意という絵も「プレバト!!」での評価は伸びず、彼女の良さが発揮されるところが見つからない。コロナ禍で注目され始めた地方移住ブームに乗って、静岡でのセカンドキャリアを語る女子アナという売り方に光明を見出すのも当然である。

 ただ、竹内さん的にはセカンドキャリアどころか、まだファーストキャリアも完全燃焼していなかったようだ。静岡をどれほど連呼しても、にじみ出るのは人気アナや全国区タレントたちと張り合う競争意識ばかり。港区でまだまだやれます!という鼻息の荒さが目立つ。


■後輩フリーアナの活躍に嫉妬……竹内アナの「東京主義」と口癖に見る我の強さ


 フリーになった元テレ朝の女子アナといえば、竹内さんの1期下に宇賀なつみさんがいる。彼女は今も古巣でレギュラーを持っているが、竹内さんはそのことに嫉妬してインスタのフォローを外したそうだ。また他局の同期にはカトパンこと加藤綾子さんがいるが、「ホンマでっか!?TV」での言い合いは話題になった。「サイゼリヤに誘っても来ない」と高飛車ぶりをバラされた竹内さんは、「綾子ちゃんは華やかだけど私は地味に一人でいるのが好き」と、相手をパリピと言わんばかりに応酬。ただ、地味とはどの口が言うかと、「ミス慶應です」と斬り返されていた。

 竹内アナは結婚を機に静岡に引っ越した経緯について、常に周りと比較する・されることに疲れていた、自信を失っていたと明かしている。移住後はそうした悩みから解放されたと言っていたのに、テレビでは進んで競争させられる場所、つまりキー局での椅子や見え方にこだわっていることがありありとわかる。静岡愛を語る時よりも、競争意識をむき出しにしている時の方が正直に見えてしまうのは皮肉なことである。

 竹内さんの競争心は、無意識の口癖にも表れている。バラエティーで目立つのは「でも」という返しだ。漢字の間違いを笑われた時、「でもなんか、ふと出てこなかったんですよ。分かってるんですけど」。心理学者から「いろいろなことに興味を示す人は、何がやりたいか伝わりづらく使われない」との指摘には、「でも、新たな才能や魅力が発掘されるかも」と反論する。作った俳句の情景がわかりにくいと共演者に言われた「プレバト!!」では、「でもそこは察してほしい」と食い下がっていた。なお査定の結果は「凡人」。夏井いつき先生からは「工夫が自分一人の心の中でしか成立していない」と手厳しく言われていた。


■本人は悪役気取りでも……静岡移住でもバラエティーでも浮き彫りになる「お客様体質」


 夏井先生のコメントは、竹内さんの本質を突いているのではないか。周りがどう思うかに気を配らず、根拠なき思い込みで突っ走る自己評価の高さが見受けられる。

 最近のインタビューでは、「批判をされることも増えたが、番組を盛り上げるためなら悪役になってもいい」と発言していた竹内さん。しかし彼女の「でも」という口癖は、流れを台無しにする場面が多い気がするのだ。イジられた時、その通りと開き直れば笑いも起きるし、ツッコんだ相手も生きる。まさに彼女が主張するように、新たな自分のキャラや魅力が見つかることもあるだろう。でもムキになって否定されては、共演者も視聴者も微妙な空気に戸惑ってしまう。「プライドが高くて扱いにくい東京至上タレント」という印象が強まるばかりだ。

 平気で「でも」と突っ返せるのは、彼女に力量があるからではない。むしろ「お客さん体質」だからだ。「お客さんだから多少のワガママにも目をつぶってあげましょうよ」、という、その場に根を張る人々の気遣いに気付いていない。地元民ではなく観光客、レギュラーではなくゲスト。悪役どころかエキストラ。静岡県民や共演者からしたら、彼女の的外れな発言はびっくりすることも多いだろう。

 それでも前に出たがる竹内さんの最終的な夢は、カフェを開くことだという。根っからのお客様体質が変わらない限り、やめておいた方がいいとだけ伝えたい。また「でも」と反論されるのはわかっているのだけれど。

冨士海ネコ

デイリー新潮編集部

関連記事(外部サイト)