波紋を呼んだ「矢沢永吉」ツアーが終了 ファンが本当に心配するのは来月から始まる“次のライブ”

波紋を呼んだ「矢沢永吉」ツアーが終了 ファンが本当に心配するのは来月から始まる“次のライブ”

矢沢の公演強行 引退憶測も

波紋を呼んだ「矢沢永吉」ツアーが終了 ファンが本当に心配するのは来月から始まる“次のライブ”

矢沢永吉

■「避難所に矢沢ファンが押しかけた」という怪情報


 9月25日に開催された京セラドーム大阪公演をもって、矢沢永吉(73)のツアー「MY WAY」が終了した。本ツアーをめぐっては、福岡公演が台風接近中に“強行”されたことで、多くの批判を集めたのはご存じのとおり。だが、この件で永ちゃんファンが本当に恐れているのは世間からのバッシングなどではなく、11月から始まる次のツアーなのだという。

 ***

 あらためて振り返っておくと、福岡PayPayドーム公演が開催された18日は、台風14号が九州に接近しているタイミングだった。最終的な開催判断は当日の朝まで未定という、まさにギリギリの状況。矢沢サイドはそれでも開催した理由を〈福岡に本格的に上陸するのは18日の夜と確認しております(中略)福岡ドームは屋根があり、頑丈に作られた会場である〉としたうえで、

〈『矢沢さん!中止しないでください!』『開催して下さい!』というお声がものすごい数のメールが届いております〉(公式HPより)

 と説明していた。なお、参加を断念したチケット購入者には全額返金する旨も併せてアナウンスされていた。

 ファンを思って開催に踏み切ったようだが、一方で小田和正(75)や西川貴教(52)など、18日前後の九州公演を断念したアーティストも少なくなかった。それだけに、矢沢の開催判断が際立つ形となったようだ。

「来場者に対しては“必ず安全を確保できる方、帰路につける方のみ来てください”とも呼びかけていました。しかし実際、公演が終わった20時過ぎには公共交通機関が運休しており、事故は報告されていないものの、少なくない帰宅困難者が出たようです。また『地元民のための避難所に帰れなくなった矢沢ファンが押しかけ、非常食のおにぎりを食べていた』『ホテルのロビーを占拠し泊まっていた』といった、真偽不確かな情報も流れていました。いずれにせよ、賛より否のほうが大きい開催だったといえるでしょうね」(芸能記者)


■ファンが憤るファンの行動


 ライブ強行はロックかロックじゃないのか――なんて議論にまで発展した今回の騒動。矢沢ファンはどう見ているのだろうか。矢沢を追いかけて40年になる男性はこう語る。

「まず、ライブに行ったけれど帰れなくなって、周囲に迷惑をかけることになった連中については“本当にファンなのか?”って思いますね。だって、永ちゃんは常々『自分のケツは自分で拭け』ということを言っている。大企業の経営者や国家が、自分のケツを拭かないから日本はおかしくなった、なんてことまでインタビューで喋っていますよ。ファンこそそこを守らなきゃ、筋とおらないでしょう」

 もっとも、矢沢ファンといってもピンきりだそうで、

「酔っ払ったファン同士の喧嘩が過去に絶えなかったから、永ちゃんのライブって酒飲んで入っちゃダメなんです。入口で抜き打ちの飲酒チェックがあったりするんです。でも、この間の新国立競技場(※『MY WAY』ツアー初日・2日目の会場)でも、最寄駅のコンビニの前でビール飲んで、ライブが始まるのを待っている奴らがいましたよ。永ちゃんのタオルぶらさげて、よくそんな恥ずかしい真似できるな、って思って見てました。だから福岡でも迷惑かけたファンがいるというのも、あながち嘘ではないでしょう」

 ライブ強行そのものについては「まあ永ちゃんが決めたことだし、いいんじゃないですか」と語る。だが、一方で、

「もしかすると12月に永ちゃんは引退しちゃうんじゃないか。強行は、引退を見すえてのことなんじゃないかな…」

 とも漏らす。どういうことなのか。


■重なる「節目」


 今回行われた「MY WAY」ツアーは、1972年にジョニー大倉(故人)らとバンド「キャロル」を結成した矢沢のデビュー50周年記念と謳われていた。つまり今年は大きな節目の年なのだ。

「前々から仲間内で『永ちゃんの引退コンサートってどうなるんだろうね』なんて雑談をするんです。もちろん、そんな日が来ることをみんな恐れているから、冗談でね。最後の会場は、やっぱり永ちゃんに縁のある場所だろうと。広島からこっちに来た時に暮らした街で、50歳の記念公演もやった横浜(国際総合競技場、日産スタジアム)かなとか、キャロル解散ライブでステージが炎上した伝説がある(日比谷)野音かなとか……。でもやっぱり、数々の名場面を生んだ武道館かな、と。今年が50周年だってことはみんな分かっていたけど、『MY WAY』のスケジュールにはそれっぽい会場がなかったから、今年は引退しないねと安心していたんですよ」

 ところが、である。「MY WAY」ツアーの終了を待つことなく、矢沢は9月14日に、次なるツアーの開催をサプライズで発表したのだ。11月11日に長野県から始まる全17公演の「ONE FIFTY」ツアーである。12月20日の最終日は日本武道館で公演予定だが、それはちょうど矢沢の150回目の武道館公演にあたるという。ツアー名もこれにちなんだものだ。

 1977年に日本人のソロロック歌手として、初めて武道館で公演をおこなったのが矢沢だった。先の証言にもあるとおりの「縁のある場所」であり、150回目の節目で、デビュー50周年。引退のタイミングとしての条件はそろっており、ファン氏の懸念はずばりここにあるようだ。


吉田拓郎は年内に引退するし…


 振り返れば今年8月、矢沢は自身の638曲のサブスクリプションをとつぜん解禁し話題を呼んだ。引退説を聞いてしまえば、今後の収入源の確保のための動きととれなくもない。このたびのツアーでMISIA、そしてB'zをゲストに呼んだのも、最後の思い出作りのような感も……。

「秋からのツアーには福岡公演の日程があるから、台風だった日のライブが福岡で最後というわけじゃない。だけど年内で引退するとなると、九州のファンが永ちゃんを見られる機会は、もうほとんど残されていないということになる。そういうファンの事も思って、ライブを強行したんじゃないか。そんなふうに考えちゃうんですよ」

 吉田拓郎(76)は年内での引退を明かしているし、高橋真梨子(73)も今年のツアーが最後になると明言している。さらには井上陽水(74)も引退の準備を進めていると報じられ、矢沢と同世代の歌手たちの“店じまい”に向けた動きを鑑みれば、ファンの懸念も頷けなくはない。

 もっとも懸念を払しょくできそうな報道もある。今年のNHK紅白歌合戦に矢沢が出演するという見立てだ。

「紅白に出るとなると、その手前の12月20日の武道館公演で完全に引退する可能性はなくなりますね。じゃあ紅白で歌ってサヨウナラ、っていうのも永ちゃんっぽくないし。引退はわれわれの考えすぎだといいんですが……」

デイリー新潮編集部

関連記事(外部サイト)