「エルピス」「ファーストペンギン!」「アトムの童」 「秋ドラマ」注目の3作品に意外な共通点

「エルピス」「ファーストペンギン!」「アトムの童」 「秋ドラマ」注目の3作品に意外な共通点

フジ「エルピス-希望、あるいは災い-」主演の長澤まさみ

 10月期ドラマが始まる。プライムタイム(午後7時~同11時)には連続ドラマが15本並ぶ。その中から特に注目の3作を紹介したい。偶然だが、3作とも脚本は女性が書く。


■フジテレビ「エルピス-希望、あるいは災い-」(月曜午後10時、24日~)


 長澤まさみ(35)の4年半ぶりの連ドラ主演作。出演依頼が多数あり、仕事を選べる立場にある長澤が、この作品に惹かれたのは分かる。脚本家もスタッフも強力だ。

 脚本は渡辺あやさん(52)。NHK連続テレビ小説「カーネーション」(2011年度下期)を手掛けた。この作品の脚本は同業の坂元裕二氏(55)や映画評論家の町山智浩氏(60)ら目利きたちから激賞され、朝ドラとしては珍しくドラマ各賞を受賞した。

 昨年は松坂桃李(33)が主演し、やはり高い評価を得たNHK「今ここにある危機とぼくの好感度について」を手掛けた。過去、NHKと映画でしか書いたことがなく、民放連ドラは初めて。視聴率第一主義のプロデューサーが多い民放は肌が合わないと考えたからではないか。

 ストーリーはこうだ。長澤が演じる主人公・浅川恵那は大洋テレビのアナウンサー。かつては「10年に1人の逸材」ともてはやされ、ニュース番組のサブキャスターなどを務めていた。

 だが、激務に追われる日々を送るうち、徐々にくたびれてきた。人気にも陰りが見え始める。そんな中、魔が差す。路上キス写真を雑誌で報じられてしまった。

 たちまちニュース番組を降板させられる。行き着いた先はどうでもいいような深夜の情報番組「フライデーボンボン」。そのコーナーMCを務めるようになった。社内外で「落ちぶれた」と嘲笑される。

「フライデーボンボン」には上司に叱られてばかりの若手ディレクター・岸本拓朗(眞栄田郷敦、22)がいた。自分の価値を見失っているという点では恵那と同じだった。

 そんな拓朗が、ある連続殺人事件の死刑囚が冤罪ではないかと思い始める。約10年前に起きた事件だ。真実を調べようと決意し、ニュース番組出身者の恵那に協力を求めた。2人は真実を探し始める。

 2人のアドバイザーになる報道記者・斎藤正一役で鈴木亮平(39)が共演する。連続殺人事件の背後には巨大な権力が見え隠れするため、政界中枢の事情に通じている斎藤の存在は欠かせなかった。

 このストーリーは実際にあった事件に着想を得て紡がれた。冤罪に立ち向かう記者は実際にいる。一定のリアリティーが担保された作品になるだろう。

 ちなみにタイトルの「エルピス」はギリシア神話に登場するパンドラの箱(原典では壺)に最後まで残っていたもの。この箱には人類にとって、さまざまな災厄が詰められていたが、エルピスは「希望」だったと一般的には解釈されている。

 しかし、違う学説もある。災厄は辛いものだが、それに襲われることを事前に知ってしまうのはもっと苦しい。エルピスとは災いの訪れがあらかじめ分かってしまうことで、「予兆、予見」であるとも解釈されている。渡辺さんが深遠なストーリーを紡いでくれそう。

 制作は関西テレビ。もっとも、演出するのは同社スタッフではなく、外部の大根仁氏(53)が担当する。これまでにテレビ東京「まほろ駅前番外地」(2013年)やNHK大河ドラマ「いだてん~東京オリムピック噺~」(2019年)などを撮ってきた気鋭の人だ。

 大根氏の所属先はオフィスクレッシェンド。クリエーター集団である同社にはTBS「池袋ウエストゲートパーク」(2000年)などを演出した堤幸彦氏(66)たちがいる。

 関テレは綾野剛(40)が主演した快作「アバランチ」(2021年)でも外部の人材を起用した。チーフ演出を映画「新聞記者」などを撮った藤井道人監督(36)に任せた。

 視聴者側は面白い作品を観たいだけなので、外部人材の積極的な起用は歓迎すべきだ。


■日本テレビ「ファーストペンギン!」(水曜午後10時、5日~)


 脚本は森下佳子さん(51)。これまでにNHK連続テレビ小説「ごちそうさん」(2013年度下期)やTBS「義母と娘のブルース」(2018年)などを書いてきた。当代屈指のストーリーテラーだ。

 主演は奈緒(27)が務める。連ドラ主演はこれが初めてだが、亀梨和也(36)が主演したNHK「正義の天秤」(2021年)のヒロイン・佐伯芽衣役など重い役は何度も経験している。

 日本テレビ「あなたの番です」(2019年)でかなりヤバイ住民・尾野幹葉役を演じた一方、フジ「姉ちゃんの恋人」(2020年)では隣人のような等身大の女性・浜野みゆきに扮した。演技の幅も広い。

 奈緒が演じる主人公は岩崎和佳でシングルマザーだ。「家なし」「金なし」「仕事なし」の状態で、5歳になる息子・進(石塚陸翔、7)と一緒に寂れた港町・汐ヶ碕にやって来た。仲居として住み込みで働けるホテルの働き口が見つかったからである。

 和佳はかつてコンサルティングや企画などの仕事をしていたらしい。それを漁師の片岡洋(堤真一、58)が知る。汐ヶ碕漁協組合長・杉浦久光(梅沢富美男、71)の古希を祝う会でのことだった。

 片岡は和佳のコンサルティングの力で寂れた汐ヶ碕を立て直してくれるよう頼む。和佳は海のド素人だったが、意気に感じ、汐ヶ碕の再建に乗り出す。

 実話を下地にしたストーリーだ。汐ヶ碕の復興は和佳の人生の立て直しとも重なるのだろう。

 プライムタイムの連ドラはコア層(基本的に13~49歳)がメインターゲット。特に日本テレビはその傾向が強いが、このドラマは毛色が異なる。幅広い年代の視聴者を引き付けそう。

 日本テレビがかつて得意とした「ちょっとマイウェイ」(1979年)のような明るい人生賛歌になることを予感させる。


■TBS「日曜劇場 アトムの童」(日曜午後9時、放送開始日未公表)


 脚本は神森万里江さん。これまでに森七菜(21)が主演したTBS「この恋あたためますか」(2020年)などを手掛けた。

 主演は山﨑賢人(28)が務める。「日曜劇場」の主演はベテランが多いのは知られている通りで、山﨑は2020年以降では「テセウスの船」(同年1月期)に26歳で主演した竹内涼真(29)に次いで若い。

 もっとも、フジ「グッド・ドクター」(2018年)や映画「キングダム」(1が2019年、2が今年7月公開)などで主演を経験しており、演技も評判高い。

 山﨑が扮する主人公は若き天才ゲーム開発者・安積那由他。企業に属さず、個人でゲームを制作してきた。インディーと呼ばれる立場である。現実のゲーム業界にも個人、あるいは少人数で制作されるインディーゲームは存在する。

 那由他は「ジョン・ドゥ(名なし)」の名前でゲームをつくり、その素顔は誰一人知らない。このため「ゲーム業界のバンクシー(正体不明の世界的アーティスト)」と称されていた。もっとも、ある事件を理由にゲーム開発から離れた。

 一方、富永繁雄(風間杜夫、73)が経営する老舗玩具メーカー「アトム玩具」は廃業の危機に直面していた。ガチャポンことカプセルトイを製造していたものの、時代の流れに乗り遅れ、資金繰りの目途もつかなくなっていた。

 業を煮やした富永の1人娘・海(岸井ゆきの、30)は会社を建て直すため、ジョン・ドゥを探し、その力を借りて、ゲーム業界に参入しようと考える。

 やがて那由他と「アトム玩具」の面々が協力し合うようになり、巨大IT企業「SAGAS」に立ち向かう。アリと巨像の激闘が繰り広げられる。

 SAGASの社長・興津晃彦に扮するのはオダギリジョー(46)。性加害問題で降板した香川照之(56)の代役なのは知られている通りだが、そうでなくてもオダギリのほうが適役だったのではないか。

 香川の「日曜劇場」への出演は2010年の「新参者」から2021年「日本沈没-希望のひと-」まで計11本。いくらなんでも多いだろう。新鮮味に欠ける。

 観ると力が湧くドラマになりそう。家族で楽しめる「日曜劇場」の本流的な作品である。

高堀冬彦(たかほり・ふゆひこ)
放送コラムニスト、ジャーナリスト。大学時代は放送局の学生AD。1990年のスポーツニッポン新聞社入社後は放送記者クラブに所属し、文化社会部記者と同専門委員として放送界のニュース全般やドラマレビュー、各局関係者や出演者のインタビューを書く。2010年の退社後は毎日新聞出版社「サンデー毎日」の編集次長などを務め、2019年に独立。

デイリー新潮編集部

関連記事(外部サイト)