これから観ても遅くはない「秋ドラマ」三選

これから観ても遅くはない「秋ドラマ」三選

長澤まさみ

 秋ドラマが中盤を迎えた。プライムタイム(午後7時~同11時)には連続ドラマが15本並んでいる。見応えのある作品が多い。その中から、特にお薦めしたい3作品をご紹介する。これから観ても遅くはない。


■フジテレビ「エルピス-希望、あるいは災い-」(月曜午後10時)


 大洋テレビのアナウンサー・浅川恵那(長澤まさみ[35])と若手ディレクター・岸本拓朗(眞栄田郷敦[22])が連続殺人事件の真相を追う物語。

 もっとも、それは目立つA面だ。同時進行で描かれているB面では恵那と拓朗が本当の自分に辿り着くまでが描かれている。

 A面で恵那と拓朗が追っている事件は2004年から2006年まで10代の女性3人が殺されたもので、元板金工の松本良夫(片岡正二郎[60])が犯人ということになった。死刑が確定している。だが、2018年になった現在、恵那と拓朗は冤罪だと信じている。

 松本が拘置中の現時点で同一犯と見られる第4の事件が起きたことから、捜査を担当する神奈川県警も冤罪だと思い始めたようだ。このため、第4の事件をまともに調べようとしない。松本が犯人でないと困るのだ。

 松本が冤罪だったら、捜査幹部らが厳しい処分を受ける。それより深刻な問題がある。誤認逮捕せず、真犯人を捕まえていたら第4の犯行は防げていたわけで、同県警は世間から袋叩きに遭う。

 警察は身内意識が極めて強い組織だ。だから、元警察庁長官で副総理の大門雄二(山路和弘[68])は恵那の元恋人で政治記者の斎藤正一(鈴木亮平[39])を通じ、真相追求の動きを封じようとしている。

 B面は恵那と拓朗の再生。恵那は12年前の入社時、信頼されるキャスターを目指したが、空気に流され、ステレオタイプの凡庸な女性アナになってしまった。

 恵那は間違っていたことに気づき、過去の自分と決別しようと思い、断捨離までしたが、道半ば。気持ちが揺らぎ、自分から別れた斎藤との肉体関係まで復活させてしまった。恵那の真相追求を潰そうとしている斎藤の企みにも気づいているのに。

 一方、拓朗は名門大附属中2年の時、級友が酷いイジメに遭いながら、自分までイジメられることを恐れ、見て見ぬ振りをした。やはり空気に支配されていた。

 その結果、級友は自死。連続殺人事件と同時期だった。それでも拓朗は加害者側の級友に媚びを売った。名門校内で本流に入り、「勝ち組」と呼ばれる立場を得るためだった。

 けれど、連続殺人事件を追ううち、自分の過去の罪にも向き合うようになり、強い背徳感に襲われている。恵那と同じく、自分の全てを捨てようとしているらしい。

 この作品は冤罪の恐ろしさや権力の危うさ、マスコミの悪しき体質、空気に支配される人々など数々のことを描いているが、テーマを一言で書くと、人の業なのではないか。人間である限り逃れられない愚かさだ。

 恵那、拓朗、斎藤。現時点では主要登場人物に立派な人はいない。こんな作品も珍しい。もっとも、だからリアル。業はみんな背負っているし、間違いを犯さない人間はいない。問題は間違いに気づいた時、どうするか。恵那と拓朗は変わるはずだ。不誠実な野心家に映る斎藤は分からない。

 ストーリーの終着点は見えない。これまでの冤罪ドラマならラストを大別すると2通りしかなかった。1つ目は正義の弁護士かジャーナリストが冤罪を晴らす。もう1つは弁護士と家族らは冤罪と信じるが、獄中の人は無実を証明できずに死んでいくという筋書きである。

 この作品はどちらにも当てはまりそうにない。まず真犯人は路地裏商店街でアンティークショップを営む男(永山瑛太[39])であることがほぼ分かっている。目撃証言などと矛盾がない。

 この作品は真犯人を当てる謎解きドラマとは異なる。見せ場は警察や検察、裁判所が、男が真犯人であることを認めるかどうかだろう。恵那と拓朗が間違いを犯した人たちを追い詰められるかどうかである。

 渡辺あやさん(52)による脚本は軽妙で、笑える場面も随所にあるものの、全体的にはズッシリと重い。また、やや難解でもある。例えば頻繁に描かれる恵那と拓朗が「吐く」場面は強い自己嫌悪の表れに違いないが、説明は一切ない。

 重くて分かりにくいところがある作品は高視聴率を得にくいというのが通り相場だが、そんなことは渡辺さんと「大豆田とわ子と三人の元夫」(同)などで知られる佐野亜裕美プロデューサー(40)は百も承知だろう。関係者が連ドラの常識を変えようとしている意欲がヒシヒシと伝わってくる。なお制作しているのはフジ系列の関西テレビである。

 脚本以外のクオリティも高い。長澤、眞栄田、鈴木の演技は出色の一語。特に眞栄田は僅か計4話で拓朗を薄っぺらな若者から悩み多き青年へ変身させることに成功した。第4話でイジメ事件における自分の罪を痛感し、子供のように泣いた演技は絶妙だった。

「恵那と拓朗が冤罪を晴らすのは現実的に考えると無理ではないか」と思われる人がいるかも知れない。だが、日本テレビ報道局の清水潔氏は「足利事件」(1990年)のDNA再鑑定の必要性を2007年から繰り返し訴え、それが実現すると、事件現場に残されていた体液のDNAと元無期懲役囚のDNAは異なることが明らかになった。これにより元無期囚は2010年に釈放された。

 恵那と拓朗が報われるとしたら、決め手はやはりDNA鑑定になるのではないか。


■日本テレビ「ファーストペンギン!」(水曜午後10時)


 瀬戸内海の港町に流れ着いたシングルマザー・岩崎和佳(奈緒[27])が、お先真っ暗の漁船団「さんし船団丸」を立て直すまでの物語。その過程は和佳と既得権や古い考えにしがみつく守旧派とのバトルの連続だ。

 漁船団立て直しのために和佳が思いついたのが宅配便を使って魚を消費者に直送する「お魚ボックス」。これなら漁協や小売店の仲介手数料がなくなるので、漁船団の利益は3倍以上に膨らむ。おまけに魚の鮮度もアップする。

 しかし、漁船団社長の片岡洋(堤真一[58])は取り合わない。利益と権限を奪われる地元の汐ヶ崎漁協が許さないと考えたからだ。

 それでも和佳は農林水産省の6次化(漁業など1次産業者が販売など3次産業にも取り組むこと)事業の認定を受ける。「お魚ボックス」は可能になった。日本初の取り組みだった。

 けれど片岡の不安は的中。漁協長の杉浦久光(梅沢富美男[72])は激高する。それに臆した片岡も手を引く。だが、和佳はあきらめなかった。長いものに巻かれたくなかったのだ。この点は「エルピス」の恵那と共通する。

 杉浦は6次化の認定取り消しを図るが、和佳のほうが一枚上手だった。農水官僚の溝口静(松本若菜[38])と連携し、政治家に和佳の取り組みを国会で答弁させ、「お魚ボックス」を既成事実化させた。

 守旧派たちは和佳ら弱者には強いものの、国会などの権威には平伏する。いたって日本的である。この国の悪しき部分が描かれている点も「エルピス」と似ている。

 片岡の継子で和佳の相談相手である医師・琴平祐介(渡辺大知[32])を同性愛者という設定にしたのも脚本を書いている森下佳子さん(51)による守旧派へのカウンターに違いない。祐介がカミングアウトする意向を示すと、片岡は偏見の言葉の限りを口にする。

 和佳は「今どき、そんなふうに思う人はいないんじゃない」と言い、片岡を諌めた。さらに和佳は偏見によって祐介が深く傷つくと片岡を諭す。それを片岡も理解した。和佳のセリフは森下さんによる世間に向けての言葉だったのではないか。

 森下さんは渡辺あやさんと同世代。脚本界のトップランナーであるところも一緒。問題意識を持っているところも共通している。

 その後、別の漁船団も「ウチも宅配をやりたい」と言い出す。杉浦は考えをあらため、許そうとした。

 だが、今度は杉浦がよその漁協に脅される。どの漁協も宅配が広まっては困るのだ。さらにはフィクサーのような男・辰海一郎太(泉谷しげる[74])まで登場し、「さんし船団丸」潰しに乗り出す。やっぱり、すこぶる日本的なのである。

 和佳は守旧派勢力をぶっ潰せるか。


■TBS「日曜劇場 アトムの童」(日曜午後9時)


 頭から尻尾まで分かりやすい作品。「エルピス」とは対象的だ。子供から大人まで家族揃ってテレビを観る人の比率が高い日曜夜の放送を意識したのだろう。「日曜劇場」はいつもそう。

 主人公の天才ゲーム開発者・安積那由他(山﨑賢人[28])は巨大IT企業「SAGAS」興津晃彦(オダギリジョー[46])と激戦を繰り広げている。那由他の親友・緒方公哉(栁俊太郎[31])は興津のせいで自死に追い込まれており、2人の間には因縁がある。

 那由他はやはり親友の菅生隼人(松下洸平[35])と一緒に借金まみれの老舗玩具メーカー「アトム玩具」でゲームをつくっている。しかし、那由他と隼人の才能が欲しい興津は同社を潰そうと、あの手この手で妨害する。なにやら秋ドラマは嫌がらせをする輩が目立つ。

 それでも「日曜劇場の法則」が発動され、最後は那由他が勝つに違いない。不適で自信満々な興津はどんな形で敗れるのか。泣きっ面が観たい。

高堀冬彦(たかほり・ふゆひこ)
放送コラムニスト、ジャーナリスト。大学時代は放送局の学生AD。1990年のスポーツニッポン新聞社入社後は放送記者クラブに所属し、文化社会部記者と同専門委員として放送界のニュース全般やドラマレビュー、各局関係者や出演者のインタビューを書く。2010年の退社後は毎日新聞出版社「サンデー毎日」の編集次長などを務め、2019年に独立。

デイリー新潮編集部

関連記事(外部サイト)