鈴木新彩、中原みなみ、松﨑涼佳…民放“期待の女子アナ”3人の知られざる実像

鈴木新彩、中原みなみ、松﨑涼佳…民放“期待の女子アナ”3人の知られざる実像

松﨑涼佳アナ

 民放キー局に今年入社した女子アナウンサーたちが、この秋の番組改編から本格的にレギュラー番組を担当し始めた。今回は特に注目してほしい3人の“期待の星”をご紹介しよう。

 1人目はテレビ朝日の看板音楽番組『ミュージックステーション』(毎週金曜・21:00~)の新サブMCに抜擢された鈴木新彩アナだ。東京都出身で22歳。名前の“新彩”は“さらさ”と読むが、珍しい名の由来は両親が“新世紀を彩る”という意味を込めたのだとか。慶應義塾大学文学部人文社会学科を今年3月に卒業した。

 彗星のごとく現れた感があるが、実は8月29日から『お願い! ランキング presentsそだてれび-テレビ朝日』(毎週月~木・24:45~25:20)の司会進行を務めている。もっともこちらは深夜番組で、しかも関東地区のみの放送 ということもあってひっそりとしたデビューだった。

『Mステ』のサブMCは、中学1年のときから大学4年まで吹奏楽部に所属し、ホルンを担当していた彼女に適役といえるだろう。毎年開かれる演奏会では、高校の3年間、ずっとMCを務めていたという。『Mステ』でもアーティストの立場も理解できるということは重要なこと。すでにその進行の端々に出演者への“リスペクト”が感じられる。


■即戦力の新人


 2人目はテレビ東京の中原みなみアナだ。99年9月10日生まれの現在23歳。神奈川県藤沢市出身で、今年3月に慶應義塾大学法学部政治学科を卒業した。5月19日には同期入社の藤井由依アナとともに早くもテレビ初お披露目があった。人気バラエティー『タクシー運転手さん一番うまい店に連れてって!』のPR活動を行ったのだ。

 本格的なテレビデビューは6月22日に放送された『テレ東音楽祭2022夏』。7月1日からは『7スタライブ』(毎週金曜・9:28~)で女性メインキャスターを担当することに。同じ新人の藤井由依アナと隔週交代出演ながら、今年の民放キー局の新人女子アナの中で最も早くレギュラー番組をゲットした。同月25日からは、藤井アナと週替わり交代で子供向けニュース番組『秒でNEWS180』(毎週月~金・7:30~)のキャスターを、この秋の改編で朝の経済報道番組『モーニングサテライト』(平日・5:45~)の木・金サブキャスターに抜擢された。

 他にも8月22日放送の『隅田川花火大会 特別編』で中継リポーターを担当したり、休演の先輩女子アナの代わりに『よじごじDays』や『ワールドビジネスサテライト』に代打出演も果たしている。5分間ニュースや特番のサブMCもたびたび務めるなど、とても1年目とは思えない活躍ぶりだ。

 本人は「報道もバラエティーもスポーツも配信も、任せていただいたお仕事は三刀流でも四刀流でもやっていきたいです」とのことだが、ニュース原稿を読んでいるときの真剣なまなざしや、ソツなくこなす姿を見るに、報道番組向けではないだろうか。落ち着いた声も明瞭で説得力がある。

 これには大学時代から学生キャスターとして活躍していた経験が活きているようだ。フジテレビのアナウンススクール・アナトレでアナウンス技術を学んでいたことがきっかけで、大学3年時の20年9月から約10ヶ月間、38期BSフジ学生キャスターとして木曜日の『BSフジNEWS』を担当していたのである。ゆくゆくは報道のエースになりそうだが、小学1年生から高校までバスケットボール部に所属し、スキューバダイビングのライセンスを取得しているスポーツウーマンでもある。それほど遠くない将来、スポーツ番組を担当しているかもしれない。いずれにせよ、即戦力の新人だといえよう。


■次世代のスポーツキャスター


 最後はフジテレビの松﨑涼佳アナだ。99年7月4日神奈川県生まれの現在23歳。早稲田大学スポーツ科学部を今年3月に卒業した。6月18日に同期の岸本理沙アナと『週刊フジテレビ批評』で地上波デビューを飾ると、7月3日の『S-PARK』(毎週土曜・24:35~/毎週日曜・23:15~)で日曜フィールドキャスターに就任した。中・高と陸上部所属で短距離選手として活躍した彼女には適役だろう。なんと高3時だった17年には、神奈川県高校総体(インターハイ県予選)で200mと400mで準決勝まで進出、神奈川陸上競技選手権大会では200mで決勝を走り25秒46で7位という記録を残している。

 運動生理学などに興味を持ったこともあって、大学ではスポーツ科学部に入学し、体育会競走部(箱根駅伝などで有名)に所属。サポート役の学生トレーナーとして4年間活動するなど、常にスポーツと携わってきた。その経験はしっかりと活かされており『S-PARK』のメインキャスターである佐久間みなみアナや黒瀬翔生アナが海外出張などの際には代行を任されている。

 秋の改編で『FNN Live News α』(毎週月~木・23:40~/毎週金曜・24:10~)の金曜スポーツキャスターにも起用され、第34回出雲全日本大学選抜駅伝競走の中継ではインタビュアーも務めている。次世代のスポーツキャスターという期待が局としてもかなり大きいのだろう。

“死ぬこと以外は、かすり傷”がモットーで、やらぬ後悔よりやって後悔!と考える彼女は、迷ったら挑戦することを選択しているという。この元気さは今後、情報番組でも重宝されそうだ。学生トレーナー経験者という“異色の経歴”を持つ松﨑アナは今後、ますます飛躍していくことだろう。

上杉純也

デイリー新潮編集部

関連記事(外部サイト)