「よしお兄さん」は早くもSASUKE出演確定? 「おかあさんといっしょ」卒業生その後

よしおお兄さんの「SASUKE」出演に期待? 「おかあさんといっしょ」卒業生のその後

記事まとめ

  • 小林よしひさと上原りさが「おかあさんといっしょ」(NHK・Eテレ)を卒業することが発表
  • "よしお兄さん"は、歴代最長の14年もの間、11代目の「たいそうのおにいさん」を務めた
  • 同番組出身者には、田中星児、佐藤弘道、はいだしょうこ、茂森あゆみ、天野勝弘など

「よしお兄さん」は早くもSASUKE出演確定? 「おかあさんといっしょ」卒業生その後

 3月29日を以て、“よしお兄さん”(小林よしひさ[37])こと11代目「体操のお兄さん」(註:本来は全部ひらがな)と“パント!のお姉さん”(上原りさ[27])こと5代目「身体表現のお姉さん」が、「おかあさんといっしょ」(NHK・Eテレ)を卒業することが発表された。特によしお兄さんは、歴代最長となる14年にわたり、子供や母親たちに親しまれてきたのだ。

 ネット上では“よしお兄さんロス”なるファンからの悲痛な声が溢れているが、すでに民放はよしお兄さん獲得に動いているという……。

 ***

 実はよしお兄さんの卒業説は、2月に入ったとたんに、子育てママたちの間では流れていたそうだ。

「番組で2月の“こんげつのうた”として『ぴかぴかすまいる』が発表されたのですが、その歌詞が友情を歌った贈る言葉のような内容でした。それで、もしかすると卒業してしまうのではないかとザワついていましたね。そして、とうとう正式に発表されてしまったんです。ショックですね……」(2歳児の母)

 ママタレも動揺している。1児を抱える眞鍋かをり(38)のTwitterには、

〈うあああああああとうとうこの時が来てしまったああああああああ/よしロスやあああああああ〉(2月18日付)

 これほどの逸材、民放が放っておくはずがない。某局のプロデューサーが太鼓判を押す。

「よしお兄さんはすでにアラフォーですが、童顔の癒やし系、爽やかなキャラクターで、子供のみならずお母さんにも人気でした。前任の10代目ひろみちお兄さん(佐藤弘道[50])は、当時最長の12年間も体操のお兄さんを務めていましたからね。よしお兄さんもプレッシャーもあったでしょうが、それを超える14年間も続けたのですから、実績も人気もお墨付きです」

 なによりここ数年は、「おかあさんといっしょ」を卒業した、お兄さん・お姉さんたちには、民放が即オファーしているそうだから、何の心配もない。

「ひろみちお兄さんは言うまでもありませんが、先代の“体操(身体表現)のお姉さん”だった、いとうまゆさん(38)は、ダンスインストラクターやタレントとして活動していて、ふなっしーのデビューシングルの振り付けも担当していました。“歌のお姉さん”になる前に宝塚女優だった、はいだしょうこさん(39)は、お姉さん卒業後も女優としては大河『真田丸』にも出演し、歌手としても活動を続けています。“歌のお兄さん”出身の横山だいすけさん(35)は、タレントとして『news every.』(日テレ系)のマンスリーキャスター、役者として『刑事ゼロ』(テレ朝系)にレギュラー出演するなど活躍していますよ」(同・民放プロデューサー)

 なにやら「おかあさんといっしょ」はタレントへの登竜門のようだが……。

「やはりパパママ世代には圧倒的な人気と知名度、それに孫を持つ爺ちゃん婆ちゃん世代にも好感度大です。にもかかわらず、お兄さん・お姉さん時代は『おかあさんといっしょ』以外で目にすることがありませんから、話題性と数字を持っているタレントとして、民放のテレビマンはこぞって出演を熱望するわけです」(同・民放プロデューサー)


■放送60年の超長寿番組


 1959年10月5日に放送が始まった「おかあさんといっしょ」は、今年、放送60周年を迎える。これまでどんな人を輩出してきたのか振り返ってみよう。

「子供たちよりも母親が夢中になっていることを不思議がる方もいるでしょうが、そもそも『おかあさんといっしょ』は昼下がりの婦人向け番組として制作されていたんです。スタート当初は、NHK総合で月曜午後1時40分から週1回の放送で、他の曜日が『午後のおしゃべり』であるとか『みんなで歌を』という番組だったことからも、それはわかると思います。翌60年になって月曜〜土曜まで午前10時からの帯番組となり、人形劇『ブーフーウー』なども番組内の1コーナーとして放送されたんです」(古参関係者)

 童話「3匹の子ぶた」のその後を描いた着ぐるみの人形劇は、長兄ブーの声を「ドラえもん」の大山のぶ代(85)、フーを「パーマン」や「カリメロ」の声優・三輪勝恵(75)、ウーは黒柳徹子(85)が演じていたことで知られる。

「狼の着ぐるみの中に入っていたのは、後に重厚な役者として知られた高橋悦史さん(故人)でした。のちに大山のぶ代さんと結婚するのが、初代“体操のお兄さん”である砂川啓介さん(故人)です。そもそも“体操のお兄さん”と“歌のお姉さん”は、61年にスタートした10分番組『うたのえほん』という番組で人気が出たんです。この番組が66年に『おかあさんといっしょ』に吸収されたことで、現在のように歌あり、体操ありの形になりました」(同・古参関係者)

 歴代の歌のお姉さんを見てみると、初代の真理ヨシコ(現・眞理ヨシコ[80])は「うたのえほん」の中で歌われた「おもちゃのチャチャチャ」(野坂昭如:作詞)がヒット。声優としてもNHKの人形劇「プリンプリン物語」で怪女ヘドロを演じるなど活躍した。

 同じく初代の中野慶子(81)は「いぬのおまわりさん」をヒットさせ、広島カープの応援歌やコカ・コーラのCMソングで知られる作曲家・宮崎尚志(故人)と結婚し、出産を機に芸能界を引退。2人の息子も音楽家となり、俳優の志尊淳(23)は孫にあたる。

 8代目の斉藤昌子(72)はソプラノ歌手として活躍した。同じく8代目の森晴美(生年不明)は、はいだしょうこよりも前に、宝塚女優からお姉さんとなり、結婚後は引退したが、娘2人を宝塚女優に育てた。

 10代目の小鳩くるみ(現・鷲津名都江[71])は4歳から童謡歌手として活躍し、小学生になると天才子役と呼ばれた。お姉さん就任前からレギュラー番組を抱える売れっ子であり、卒業後もワイドショー番組「アフタヌーンショー」(テレ朝系)の司会として活躍した。アニメ「アタックNo.1」(フジ系)では主役の鮎原こずえ、ディズニー映画「白雪姫」では白雪姫の声優も務めた。大学で講師をしつつ、イギリス古来の童謡・マザーグースの研究のため英国へ留学。「NHK人間講座」でマザーグース研究の講義を受け持つなどした才女である。

 17代目の茂森あゆみ(47)は、99年に8代目の歌のお兄さん・速水けんたろう(57)、10代目の体操のお兄さん・佐藤弘道とともに番組内で歌った「だんご3兄弟」が大ヒット。“お姉さん”をこの年4月に卒業するも、年末の紅白歌合戦に出場した。その後も歌手として活動するが、民放のプロデューサーと結婚後は活動が減っている。


■アニソンの帝王も卒業生


“歌のお兄さん”はといえば、初代は「ビューティフル・サンデー」の田中星児(71)であるが、“歌のお姉さん”と違ってこちらは70年代からとなる。

「ロックやフォークソングの流行りもあって、若い男性が歌うのもおかしくなくなったから、“歌のお兄さん”も生まれたんです。初代の田中さんは『ビューティフル・サンデー』のヒットで紅白(76年)にも出場しました。もっともこの曲は、民放の番組から生まれた曲ですけどね。そして2代目がアニメソングの帝王・水木一郎さん(71)です。すでに『マジンガーZ』(72年・フジ系)や『バビル2世』(73年・テレ朝系)といったヒットもあり活躍されていましたが、2代目に就任してもらいました。ホントかどうか知りませんが、“お兄さん”だったから“アニキ”と呼ばれるようになったとか……」(同・古参関係者)

“歌のお兄さん”は卒業後もミュージカル俳優やシンガーソングライターなどで活躍するパターンが多いが、一方、交通事故で人を轢き殺してしまった速水けんたろうや、覚せい剤取締法違反で現行犯逮捕された杉田あきひろ(53)などもいる。

「速水さんは遺族の望みもあって復帰されています。杉田さんは薬物依存症と戦う姿が民放で放送されたりしましたね。頑張ってもらいたいですね」(同・古参関係者)

“体操のお姉さん”とばかり思っていたのが、“身体表現のお姉さん”である。

「今年4月より正式に“体操のお姉さん”に改称されますが、いままでは“身体表現のお姉さん”です。体操とは違って、ヨガをベースにした“静”を子供番組に持ち込んだもの。80年代に入ると、4歳とかのお子さんは、みな幼稚園に通うようになって、番組が放送される時間には、2〜3歳の幼児しか家庭にいなくなったんですよ。小さい子には速い動きはできないので取り入れたわけです。本当に動きがなかったので“不気味”と言う声もあったそうです。初代の馮智英さん(62)は横浜中華街生まれで、“歌のお姉さん”に何度か応募したそうですが、“ハイ・ポーズのお姉さん”として13年も務めてくれました」(同・古参関係者)


■よしお兄さんの今後


“体操のお兄さん”の初代は前述した砂川啓介。2代目の佐久間俊直(故人)はNHKに出演しつつ民放の幼児番組「ママとあそうぼう!ピンポンパン」(フジテレビ系)の初代お兄さんも務めていた。大らかな時代である。

 6代目の輪島直幸(69)はその後も体操指導者として活動を続け、武蔵野学院大学教授に就任している。

 9代目の天野勝弘(54)は俳優として活動しており、「下町ロケット」(TBS系)や「相棒」(テレ朝系)などにも出演している。

 10代目の佐藤弘道の活躍は先に説明した通りで、日体大の後輩でもある11代目よしお兄さん(小林よしひさ)が、いよいよ大海へと乗り出すわけである。

「なにせ日体大ですからね、まずはスポーツ系番組が飛びつくと思います。『SASUKE』(TBS系)なんて当確でしょうね。そうしたバラエティ系のお試し出演を経て、そこでの頑張りを認められれば、ひろみちお兄さん(佐藤弘道)や、しょうこお姉さん(はいだしょうこ)のような道が開けてくるでしょう」(前出・民放プロデューサー)

 頑張ってもらいたい。

週刊新潮WEB取材班

2019年3月3日 掲載

関連記事(外部サイト)