「白石麻衣」超えも!? 写真集好調の「生田絵梨花」、卒業後は“川栄化”といわれるワケ

「白石麻衣」超えも!? 写真集好調の「生田絵梨花」、卒業後は“川栄化”といわれるワケ

乃木坂46の生田絵梨花

 前田敦子がママになったとは、時の流れの速さを感じさせるニュースである……。そんなAKB48ファンの間で“卒業後にこんなに売れるとは思わなかった”といわれる筆頭が、川栄李奈なんだとか。現役時代の人気メンバーを差し置いてCMやドラマで川栄が活躍中なのは知られた話だが、そんな“まさかの川栄化”が、乃木坂46の生田絵梨花にも囁かれている。

 ***

 もっとも、総選挙の最高順位16位とパッとしなかった川栄と違って、生田は現役の今の時点で人気者。なにせ今年1月22日に発売した写真集『インターミッション』(講談社)が、累計24万部超えの好調な売り上げを見せているのだ。生田のおよそ1カ月前に発売された同じく乃木坂の北野日奈子の写真集『空気の色』(幻冬舎)は累計およそ6万部、生田とほぼ同じ時期に出た日向坂46(けやき坂46より改称)の渡邉美穂の写真集『陽だまり』(同)はおよそ2・5万部と聞けば、“界隈”と比べても、生田の写真集がいかに売れているかが分かるだろう。

 さらに3月2日付オリコンニュースは、17年2月の発売以来ロングヒットを続ける白石麻衣の『パスポート』(講談社)の累計を〈32・1万部〉とし、生田とこう比較している。

〈発売5週目までの各週の売上部数を比較すると、1〜2週目は生田のほうが部数が多いのだが、3〜4週目は白石が上回り、5週目で生田が再び逆転する推移となっている(中略)単純に比較はできない。しかし、いまなおランキング上位を席巻している白石写真集を上回るペースで売り上げを伸ばしている生田写真集には、この先のさらなるロングセールスへの期待が高まる〉

 と“白石超え”も視野に入っているというのだ。

「2年前と今年とではグループの知名度も違うでしょうから、単純比較はしにくいのですが、白石の写真集は初版10万部だったのに対し、生田は22万部スタートでした。これも白石を超える可能性があってのことです。とはいえ、乃木坂ファンではない普通の人は、あまり生田のことを知らないのでは。グループの“顔”の白石、バラエティやCMで見かける齊藤飛鳥などと違って、いわゆるお茶の間への露出は少ないですから」(芸能記者)

 それは生田の“強み”に関わってくる話でもあるのだが……。


■“早く卒業して欲しい”


 基本的なプロフィールを紹介すると、生田は2011年の乃木坂発足時から参加している1期生。ドイツ・デュッセルドルフ生まれのお嬢様だそうで、14年には進学準備のために一時グループ活動を休業してもいる。「一説によれば、進学先は東京音楽大学とのことです」(先の記者)。そんな生田に、業界からは早くも“将来安泰”の声が上がる。

「ゆくゆくは生田もグループを卒業するでしょうが、AKBの川栄のように、いまの乃木坂の中で卒業後も安泰と目されるのが彼女です。とにかく歌がうまく、ミュージカル女優としてのポテンシャルが高いんです。舞台関係者にしてみれば『早く卒業してほしい』くらいですよ。アイドル活動に時間を割かれるのは、正直惜しいですから」

 と証言するのは、さるテレビ局関係者だ。実は生田は、乃木坂加入前の10歳のときにすでに初舞台に立っている“舞台女優”。17年には「ロミオ&ジュリエット」のジュリエット役、「レ・ミゼラブル」のコゼット役につづけて抜擢され、岩谷時子賞奨励賞を受賞してもいる。同賞の過去の受賞者には、平原綾香や別所哲也、中村勘九郎らがいると聞けば、“アイドル”とはちょっと違う道を行くことがうかがえるものだ。

「舞台上での存在感がまったく違います。芝居が上手くても歌がいまいち、という女優はいますが、彼女は両方いける。おなじミュージカル畑では、高畑充希あたりがライバルになるんじゃないですか。ただ生田の魅力を伝えるにあたって難しいのは、『画面』を通しちゃうとなんだかイマイチなんですよ。“乃木坂映画”だった『あさひなぐ』とか観ましたけれど、まあ、普通……。力を発揮できるのは舞台みたいですね。ですから、卒業したら舞台を軸に、たまに宣伝のためにバラエティに出るとか、そういう形になるのでは」

 そこで余計なことながら気になるのが“舞台役者は食えない”という業界の定説である。そのあたりはどうなるのか、代わって演劇関係者に尋ねてみると、

「そうですね……。いまの女優の事情では、大竹しのぶさんや宮沢りえさんがトップクラス。いまの生田さんレベルだと、帝国劇場やシアターコクーンなどの大きい舞台で、年40ステージこなせば“食える”んじゃないですかね」

 その点、写真集の売り上げが好調なのは、“先立つもの”として安心か――もっとも、実家がお金持ちのお嬢様なら、心配ないかもしれないけれど。

週刊新潮WEB取材班

2019年3月8日 掲載

関連記事(外部サイト)