オレ様「野村周平」が“華の93年組”対決で完敗、大スポンサーからも最後通牒の危機

野村周平"商品価値"は下落か 『華の93年組』福士蒼汰、神木隆之介、菅田将暉と格差

記事まとめ

  • 野村周平出演のテレビドラマ「僕の初恋をキミに捧ぐ」が平均視聴率3.1%で終了した
  • 『華の93年組』では福士蒼汰、神木隆之介、菅田将暉、竹内涼真、間宮祥太朗らが活躍
  • 野村と共に資生堂『UNO』のCMに出演している窪田正孝は、来年春のNHK朝ドラ主演が決定

オレ様「野村周平」が“華の93年組”対決で完敗、大スポンサーからも最後通牒の危機

オレ様「野村周平」が“華の93年組”対決で完敗、大スポンサーからも最後通牒の危機

野村周平

菅田将暉との“格差”


 3月2日、テレビドラマ「僕の初恋をキミに捧ぐ」(テレビ朝日系列:土曜・午後11時15分〜午前0時5分)が、ひっそりと終了した。

 ***

 ツイッターで「僕の初恋をキミに捧ぐ 視聴率」と入力すると、低視聴率が話題になっていたことが分かる。テレ朝の関係者が明かす。

「最終回の視聴率は3.7%(編集部註:以下、ビデオリサーチ調べ、関東地区)でした。これで平均視聴率は3.1%と、辛くも最悪の3%割れは免れました。とは言え、最終回の視聴率が2.7%を切っていたら、全話平均も3%を割ったほどの低空飛行。胸を撫で下ろしているスタッフもいますが、惨敗だったことは論を俟ちません」

 ちなみに、同じ枠で人気作となった「おっさんずラブ」(18年4月〜6月)も、実のところ平均視聴率は4.0%。テレ朝の早河洋・会長兼CEOが「失敗作と言われる数字」と発言して話題になった。海外を含めた反響の大きさを高く評価する文脈だったとはいえ、視聴率の“ノルマ”は厳しいことが分かる。

 とにもかくにも、成功とは言い難い結果だったことは確かである。この結果は、テレビドラマの制作担当者たちにとって、「華の93年組」の勢力分布図が変わる事件として受け止められているそうだ。

「ネット上でも、美男美女ばかりの『華の93年組』は話題ですが、ドラマを担当する人間にとって重要な男優となると、例えば、福士蒼汰、神木隆之介、菅田将暉といった方々になります。同じく93年組で、『僕の初恋を〜』で主演を務めた野村周平さんのライバルというわけですが、テレビ局の社員や関係者なら、『3年A組〜』が絶好調な菅田将暉さんと比較してしまいますね』(同・テレ朝関係者)

 テレビドラマ「3年A組―今から皆さんは、人質です―」(日本テレビ系列:日曜・午後10時半〜午後11時25分)の主演は菅田だ。3月3日放送分の視聴率は12.9%で、尻上がりに数字を伸ばしている状況に、多くの芸能メディアも注目している。

「菅田さんは、日本アカデミー賞、キネマ旬報ベスト・テン、毎日映画コンクールで、男優賞を受賞しています。比べること自体が野村さんにはアンフェアかもしれませんが、菅田さんはプライムで2ケタ、野村さんは深夜番組で5%割れ、『ここまで視聴率に差がついてしまったか』というのが正直なところです。また調査では、『3年A組〜』は若年層が見ていることも分かっています。今のテレビ局にとって若者は、喉から手が出るほど欲しいターゲットであることは言うまでもありません」(同・テレ朝関係者)


■先輩・後輩から挟み撃ち


 野村の評価ダウンは、単にテレビ業界にとどまらなくなっているという。広告業界の関係者が言う。

「野村さんの公式サイトを見ると、CMとして17本が紹介されており、そのうち13本にリンクが貼られています。実は広告業界でも売れっ子だったのですが、これからは野村さんの“商品価値”を見直していくと言われています」

 例えば野村のツイッターだが、サッカーW杯や歩きタバコの騒動など、もともと炎上することで有名だった。また渋谷のクラブのSNSに、下着姿の女性3人を侍らせた写真が公開されたことも物議を醸した。とてもではないが、俳優として“品行方正”な立ち位置ではない。

「野村は資生堂『UNO』のイメージキャラクターを務めています。先日は千葉県勝浦市の勝浦スパホテル三日月とコラボレーションしたウェブCMが話題になりましたが、撮影現場では傍若無人な振る舞いでスタッフは手を焼いたそうです。これまでは、たとえ問題が少なくなかったとしても、人気を証明する“数字”を持っていたため、スポンサー各社は何も言わなかったわけです」(同・広告業界関係者)

 だが、「僕の初恋を〜」は低視聴率で終わり、野村自身の人気も下降傾向にあるとなると、CM起用を再考する会社も増えてくる。

「既に一部の会社では、役員会で『野村をこのまま起用し続けると商品のイメージダウンになりかねない』などと、CMに起用することを『中止すべき』との意見も出ているそうです」(同・広告業界関係者)

 野村の“商品価値”は下落しているというのに、「華の93年組」は更にブレイクする俳優が続出している。

「『華の93年組』では、竹内涼真さん、間宮祥太朗さんの成長が著しく、福士・神木・菅田という先頭集団に追いつきつつあります。また、野村さんと共に資生堂『UNO』のCMに出演している窪田正孝さんは先輩にあたり、88年生まれの30歳ですが、来年春のNHK朝ドラで主演が決定しました。同期と先輩に水を空けられたわけで、今後は後輩にも抜かれることは確実ですね」(前出のテレビ朝日関係者)

 例えば、野村周平が主演を務めた「結婚相手は抽選で」(東海テレビ/フジテレビ系列:18年10月〜11月)の演技などは、評価する声があるのは事実だ。天賦の才を持ちながら、スキャンダルばかりが注目されるのは、本人も望むところではないと思うのだが……。

週刊新潮WEB取材班

2019年3月12日 掲載

関連記事(外部サイト)