ピエール瀧事件、コカインの年間押収量は覚せい剤の約16分の1 日本の特殊事情を解説

■基本は“似た者同士”


 社会的影響は遥かに、新井浩文被告(40)を超えるかもしれない――。3月12日、厚生労働省の「関東信越厚生局麻薬取締部」は、俳優でミュージシャンのピエール瀧(本名・瀧正則)容疑者(51)をコカインの使用容疑で緊急逮捕した。本人も認めているという。

 ***

 改めて「マトリ(麻薬取締官)」の存在感を世に示したわけだが、ピエール瀧容疑者を逮捕した「関東信越厚生局麻薬取締部」で、過去に部長を務めた瀬戸晴海氏が言う。

「ピエール瀧容疑者が、ワイドショーなどで晒し者にされていることは、とても残念ですが、今回の逮捕は、コカインが蔓延している現状を踏まえると意義深い事件だと思います。さすが後輩たち、狙い通りの結果を出していますね」

 実は、代謝が早いのがコカインの特徴の1つだという。つまり薬が体から“抜けて”しまうのが早いわけだ。

「覚せい剤なら10日が経過しても尿から反応が出ます。ところがコカインは3日が限界です。ピエール瀧容疑者の自宅からは、ブツは発見されておらず、尿からの反応で緊急逮捕しました。踏み込むのが2、3日遅れていたら、施用容疑での逮捕は難しかったでしょう。(編集部註:コカインは「使用」ではなく「施用」が正式)しかし、そこは麻薬取締官、それを見越しての捜索であることは、間違いないと思っています」(同・瀬戸氏)

 コカインとは「コカの木」に含まれる有機化合物を指す。1855年、コカの葉からコカインの抽出に成功したのが原点。当初はモルヒネ依存の治療薬や麻酔薬として使われていたが、現在は非合法薬物としての側面が極めて強いのはご承知の通りだ。

「コカインの使用方法は、基本的に“スニッフィング”です。テーブルの上に粉末を一直線上に集め、ストローや丸めた紙幣で鼻から一気に吸引する。コーク、スノー、チャーリー、Cといったスラングで呼ばれていますが、売人と使用者の間ではコカインを『鼻』とか『ズルズル』と呼ぶこともあります。ピエール瀧容疑者も、韓国のウォン札を吸引に使っていたと報道されています」(同・瀬戸氏)

 コカインも覚せい剤も、「脳の中枢神経を興奮させる薬物」という意味では、極めて類似している。とはいえ、異なる薬物なのだから違いもある。

「コカインは覚せい剤と同等の興奮作用を有しています。ところが、覚醒剤の作用時間が数時間あるのに対して、コカインの場合、20分から30分で効き目が消失します。そのために反復して使い耐性がつきやすく、依存に陥りやすいのです。依存性は、動物実験によれば覚醒剤より強いとされています。鼻孔から吸引を続けると炎症を起こすこともあるので、常習者は歯茎にすり込むこともあります」(同・瀬戸氏)

 分かりやすい相違点は、「覚せい剤で逮捕された芸能人」と「コカインで逮捕された芸能人」の差だろう。

 覚せい剤で逮捕された芸能・有名人を列挙してみれば、1999年の槇原敬之(49)、2009年の酒井法子(48)、14年のASKA(61)、16年の清原和博(51)と高知東生(54)――と枚挙に暇がない。

 一方のコカインは、逮捕者が少ない。スポーツ新聞のデータベースを詳細に調べても、芸能人や著名人は6人しか検索されなかった。


■ピエール瀧の入手ルート


 それではコカインで逮捕された6人全員を列挙してみる。

 15年の高部あい(30)、10年の田代まさし(62)と「JAYWALK」のボーカル・中村耕一(68)、01年のカルーセル麻紀(76)、93年の角川春樹(77)、90年の勝新太郎(1931〜1997)――という具合だ。このうち高部あいとカルーセル麻紀は、起訴されていない。

コカインと覚せい剤による逮捕者数、この違いは何が原因なのだろうか?

「コカインは世界的には高価な薬物として知られています。アメリカで高純度なものになると1グラムで9万円近くまで跳ね上がります。ハリウッド映画で吸引のシーンが出てくる影響などもあり、コカインは富裕層が好むドラッグとして知られています。一方のわが国は覚せい剤の需用が高いため、コカインはそれほど人気がありません。末端価格は1グラムで概ね3万円、高くても5万円というところでしょう」(同・瀬戸氏)

 マーケティング上、価格が安いことはセールスポイントになる。実際、アメリカでは“低価格で低品質”なコカインが開発され、貧困層に依存者が蔓延した。

「80年代、アメリカのスラム街を中心に、不純物が多い代わりに安価な“クラック・コカイン”(フリーベースコカイン)が大流行しました。常習した女性が出産し、赤ちゃんが低体重や精神遅滞、脳性マヒ、心臓などに先天的欠損を持つといったケースが確認され、大きな社会問題と化しました。世にいうコカインベイビー問題です(同・瀬戸氏)

 だが、アメリカのように旺盛な需要があるために低価格の“商品”が開発されるのと、日本のように需用がないために価格が抑えられているのとでは、意味が真逆だ。

しかも違法薬物は密輸が大前提。リスクを負う運び屋は、人気の覚せい剤を日本に持ち込み、大金を手に入れようとする。安いコカインを扱っても利益に乏しい。

 日本の税関では、覚せい剤の取り締まりが主流であり、コカインは“傍流”とさえ言える。財務省の広報資料を基に、覚せい剤とコカインの密輸摘発件数と、押収した薬物の量をグラフで比較してみよう。その差は驚くほど違う。

 5年間の押収量を合計してみると、覚せい剤は4787キログラム。一方のコカインは301キログラムに過ぎず、その差は約16倍になる。

「日本では覚せい剤が浸透していますから、知人に誘われて使用するケースも覚せい剤と大麻が大半を占めます。しかし、コカインの使用が増えていることを示すデータもあります。コカインの所持や使用による摘発者は13年に50人を下回りましたが、17年には150人と3倍を超えました。日本でもコカインの人気が出つつある理由として、2点が考えられます」(同・瀬戸氏)

 第1点目として、瀬戸氏は“多剤乱用”を挙げる。昔は、大麻だけ、覚せい剤だけ、という常用者が多かったのだが、近年は手当たり次第に乱用する輩が増えているのだ。

「第2点は、インターネットを用いた売買のボーダレス化です。日本では90年代にイラン人グループがコカインを売りさばくようになり、摘発が一気に増えました。最近はナイジェリア系など海外の密売組織が、“シノギ”として東京の新宿や六本木、大阪のミナミなどで密売しています。ネットを悪用すれば、日本語が話せない外国人でもコカインを売りさばけます。今のところ日本の暴力団はコカインに関わってはいませんが、覚せい剤に代わる薬物として躍り出る危険性は、決して低くはありません」(同・瀬戸氏)

 ピエール瀧容疑者がコカインを誰から手に入れたのか、いわゆる入手ルートの解明も期待されるのは、こういう背景があるからなのだ。

週刊新潮WEB取材班

2019年3月15日 掲載

関連記事(外部サイト)