ドキュメンタリー系番組のナレーターに“俳優”や“芸人”が大人気 そのワケは?

 近ごろ、なんとなく見ていたテレビ番組のエンディングで流れるクレジットを見て、「あー、あの声は○○○だったんだ!」と気づかされることが増えている。馴染みの顔の俳優やタレント、芸人たちを、ナレーターとして使うことが定着しつつあるという。一体、それはなぜなのか――。

 ***

 ナレーターと言えば、古くは「水戸黄門」や「大岡越前」「西遊記」などなど、無数のドラマで語っていた芥川隆行が思い浮かぶ。ナレーターの草分けであり、独特の渋い節回しが人気だった。民放初のフリーアナウンサーで、いわばしゃべりのプロであり、“顔のない名優”と言われたように、視聴者も声だけで彼を認識していた。

 それが今や、役者やタレント、芸人が、ナレーションを務めることが増えているのだ。民放関係者が言う。

「もちろん俳優のナレーションだって、今に始まったものではありません。95歳となった今でも『鶴瓶の家族に乾杯』(NHK総合)の本編でナレーションをつけているのが久米明さん。石坂浩二さんも『ウルトラマン』(TBS)や『渡鬼』(同前)はじめ、4月から『やすらぎの郷』(テレビ朝日)の第2シリーズ(『やすらぎの刻〜道』)でも主演とナレーションを務めていますからね。ただ、これまで役者さんのナレーションは、やはりドラマが圧倒的に多かった。最近増えているのは、ドキュメンタリー番組のナレーションです。中でもフジの『ザ・ノンフィクション』は、意外な人物をナレーターとして起用することが多いので、業界でもかなり注目されているんですよ」

 正式には「ザ・ノンフィクション」(フジテレビ)では、ナレーターを“語り”と表記する。ともあれ、3月3日には有村藍里の整形を放送した「あなたの顔、治します。」が話題となったが、この時の語りは俳優で映画監督も務める宅間孝行が務めていた。同様に、“ビッグマミィ”こと美奈子が再婚した夫に焦点を当て、2月3日と10日の2週にわたって放送した「新・漂流家族」では野村宏伸が起用された。

「あの番組が『攻めてるなあ』と感じるのは、番組の内容はもちろんですが、ナレーターに上島竜兵や武田真治といった人選をするところですね。昨年5月にはHKT48の指原莉乃もこの番組で初めてのナレーションに挑戦していました。あの番組は、俳優、タレント、芸人など、他ではお目に、いや、お耳にかかれないような、意外な人物をナレーターに起用するのですが、見事にハマっています。参考にしているテレビマンもいるそうです」(同・民放関係者)

 これまで「ザ・ノンフィクション」では、宇梶剛士や柴田理恵、トータス松本、壇蜜なども語りに登場させてきた。

 同番組では単発での起用が多いが、近年はドキュメンタリー系や教養系、まさにノンフィクション系の番組で、いわばナレーションでは素人であるはずの俳優、タレント、芸人をレギュラーとして起用する例が増えているのだ。

 ザッと見渡しただけもこんなに――。

■マンネリからの脱却が目的


「ドキュメント72時間」(NHK総合)は当初、石田ひかり、吹石一恵、鈴木杏の3人のローテーションだったが、現在は上記以外にも様々な俳優やミュージシャンアドがナレーションを務める。

「SONGS」(NHK総合)は番組の顔として昨年より大泉洋が就任しているが、ナレーションには同じTEAM NACSの戸次重幸というコンビ芸が楽しめる。

「ブラタモリ」(NHK総合)では、SMAP解散前から草なぎがナレーターを担当。

「サラメシ」(NHK総合)では中井貴一の明るい声が聞こえるが、更にハッチャケているのが「もふもふモフモフ」(NHK総合)で犬や猫を代弁している堤真一で、これはもはや声優の域。

 渡辺徹は、NHK Eテレでの活躍が目立つ。この他にも幼児向け同局の自然ドキュメント「しぜんとあそぼ」のナレーターでもある。

「世界遺産 THE WORLD HERITAGE」(TBS)は前々番組の「世界遺産」の頃より、緒形直人や寺尾聰、鈴木京香、藤原竜也(特別編として高倉健も務めたことがある)など俳優中心の起陣容だ。

「人生の楽園」(テレ朝)はいかりや長介のナレーションでスタートしたが、現在は西やんの他に菊池桃子も担当する。

 すでに放送1万回も突破した「世界の車窓から」(テレ朝)は87年の第1回から一貫して石丸謙二郎がナレーションを担当。

「世界の街道をゆく」(テレ朝)はスタート時より坂東三津五郎が担当していたが、死去により一時はナレーターの広中雅志に移るが、現在は息子である巳之助が引き継いでいる。

 小林薫が提供スポンサーまで読み上げる「美の巨人たち」(テレ東)には蒼井優が加わり、その後、神田沙也加に交代し、現在は2人体制となっている。

「ガイアの夜明け」(テレ東)では番組の要所要所で案内人として江口洋介(先代は役所広司)が登場するが、初代ナレーターは蟹江敬三。彼の闘病と死去により、高橋克実、寺脇康文、古谷一行など様々な俳優が代役を務めたが、正式に2代目として杉本哲太が就任している。

 バラエティまで含めると、「鶴瓶の家族に乾杯」(NHK総合)の本編は久米明だが、コーナーナレーションは常盤貴子が務めている。「もしもツアーズ」(フジ)の柳原可奈子だっている。

「最近はお笑い芸人も多く起用されています。草分けは、NHKのドキュメンタリー番組『沸騰都市』での、雨上がり決死隊の宮迫博之かもしれません。元々役者としての評価も高い人ですが、NHKのスタッフが彼の映画を観て惚れ込んで起用したと言います。『マツコ&有吉の怒り新党』(テレ朝)の1コーナーだった“新・3大○○調査会”でナレーターだったのはナイツの塙宣之でした」(同・民放関係者)

 それにしても、なぜこんなに役者や芸人がナレーターに起用されるのだろうか。

「俳優や女優は声がいいことが多いし、声だけでも感情の演技ができます。もちろん、普段からの演技力が物を言うわけですから、誰でもいいというわけではない。それがハマれば、役者にとっても番組にとっても、話題となり箔が付くわけです。それが芸人にも広がっていったのでしょう。番組側も話題作りとして、芸人をナレーターに使うことがあります。『○○が初のナレーション』というだけで、番組がメディアで紹介されますから。それと、かつての本職のナレーターのほうがマンネリ化したこともあるでしょう。“ドキュメントと言えば誰々”という固定観念から脱却したいという考えもあったと思います。プロのナレーターの方だと、番組のイメージがつきすぎて、別の番組を作っても『○○の番組みたい』と言われることがよくありましたから」(同・民放関係者)

 ご存知「チコちゃんに叱られる」(NHK総合)での、チコちゃんの声は芸人の木村祐一だが、ボイスチェンジャーで声質を変えている。マンネリ化の脱却には、そんな手法もアリか?

週刊新潮WEB取材班

2019年3月25日 掲載

関連記事(外部サイト)